2019.05.30

鼻尖縮小(3D法)、鼻翼縮小(内側・flap法)、I型プロテーゼ 半年後施術症例 , , Ⅰ型プロテーゼ , 鼻尖縮小 , 小鼻縮小

(手術前)⇒(半年後)

正面 手術前 プロテ+鼻尖縮小(3D法)+鼻翼縮小(内側・flap法)正面 半年後 プロテ+鼻尖縮小(3D法)+鼻翼縮小(内側・flap法)

右側面 手術前 プロテ+鼻尖縮小(3D法)+鼻翼縮小(内側・flap法)右側面 半年後 プロテ+鼻尖縮小(3D法)+鼻翼縮小(内側・flap法)

下から 手術前 プロテ+鼻尖縮小(3D法)+鼻翼縮小(内側・flap法)下から 半年後 プロテ+鼻尖縮小(3D法)+鼻翼縮小(内側・flap法)

今回のお客様はお鼻を整えたい、小鼻が気になる、鼻筋を通したいとのことでご来院されました。

鼻先はアップノーズ気味で、やや団子鼻気味でした。

鼻先は軟骨が小さく変化しにくそうでしたので鼻尖縮小(3D法)を提案させていただきました。

軟骨移植も行ってアップノーズの改善も提案しましたが、お客様のご希望で行いませんでした。

小鼻は張り出しが強いわけではなかったので内側法のみを行って小鼻の横幅を狭くし、鼻根にはI型プロテーゼを入れて鼻筋を高くしました。

もともと土台が低かったのでやや幅のあるプロテーゼを選択しています。

 

術後は全体にお鼻の印象が小さくなってすっきりしましたね。

鼻先と小鼻のどちらかが改善するともう一方が目立ったしまうことが多いですが、

今回は両方おこない、鼻先が細くなり、小鼻の幅も狭くなったことで鼻全体が小さくなりました。

鼻根がプロテーゼで高くなったことで鼻筋が通ってお鼻全体のバランスが良くなり、お顔全体にも彫が出て大人っぽくなって印象が良くなりました。

鼻尖縮小の3D法では鼻先に少し高さを出すことができますので、側面から見ると、少し鼻先に高さが出て鼻尖上部の出っ張りも少し目立ちにくくなり、さらにラインが整いましたね。

 

お鼻の手術はわずかの変化ですので、いかにも整形しましたとい感じにはならずばれにくいものです。

ただ、何かお顔がすっきりとして全体の雰囲気が良くなりますのでお鼻にコンプレックスがある方では一度どんな方法があるのかご相談いただければと思います。

内容:内側(flap法)では内側を切開することで幅を狭くし、外側法では外側を切開することで丸みを減らします。

料金:168,300~378,000円

リスク:一時的な腫れや内出血、小鼻の外側に傷が残る、後戻り、鼻先が目立つリスク。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP