サイト内検索

院長ブログ西尾 謙三郎

自然な感じで目を大きく 目頭切開(Z形成)、二重埋没法(もとびアイプラチナム) 1週間後~6か月後

今回のお客様の術前の画像はこんな感じです。
目頭切開(Z形成)、二重埋没法(もとびアイプラチナム) 手術前 もともと一重で8年間アイプチをしていたそうです。
切らずに二重にしたいとのことで二重埋没法を希望されました。
アイプチでまぶたにたるみがあるため睫毛が隠されてしまっているので、睫毛の生え際が見える程度の二重にしたいということでした。
二重がまつ毛に近い方が(二重幅が狭い方が)睫毛のたるみをダイレクトに引き上げることができるのでまつ毛の生え際が見えやすくなります。
なので、二重はやや狭め自然な二重幅にすることになりました。
今回は3点連結の裏止め、もとびアイプラチナムでしっかり二重を作りました。
もとびアイプラチナム しっかり面で支えることで戻りにくく安定した二重になりやすい埋没法です。

また、目を大きくしたいのと、目頭側の二重幅を少しでも出したいとのことで目頭切開(z形成)も行うことになりました。
Z形成は後戻りも少なく広く行われている目頭切開です。


それでは、6か月後の画像を見てもらいます。
(手術前)
目頭切開(Z形成)、二重埋没法(もとびアイプラチナム) 手術前 (6か月後)
目頭切開(Z形成)、二重埋没法(もとびアイプラチナム) 6か月後 6か月後なので目頭切開も二重埋没法も完成です。
まず、一重が二重になったことで目が明るくなりましたね。
自然な二重幅で、まつ毛の生え際もしっかり見えており、黒目も大きく露出するようになりました。
あとは、蒙古ひだについても見ていただくと、水かき様の蒙古ひだが解除されて本来の三角の目頭が出てきました。
そのぶん目の横幅も広がって、目が大きく華やかになりましたね。
ちなみに、Z形成の1辺の幅は左右とも2.5㎜で、術前の目の間の幅は37㎜でしたが術後は34㎜になり、3㎜目の間の幅が狭くなりました。そのぶん目の横幅が広くなっています。
埋没法で縦方向に、目頭切開で横方向に目が大きくなったことで全体に目が大きくなって明るくなりましたね。
 
1週間後の抜糸直後から6か月後までの経過も見てもらいます。
(1週間後)
目頭切開(Z形成)、二重埋没法(もとびアイプラチナム) 1週間後 抜糸直後です。
傷は赤く、まだむくんで腫れていますが徐々に落ち着いていきます。
抜糸の翌日からメイクが可能なのでメイクでカバーしていただけます。
目頭切開のダウンタイムは1週間でみてもらっています。

(1ヶ月後)
目頭切開(Z形成)、二重埋没法(もとびアイプラチナム) 1ヶ月後 1ヶ月後は傷の赤みなどだいぶ落ち着いてきましたね。
ただ、1か月ピークで傷は硬くなりますので、まだ若干の赤みや傷の厚みが残っています。

(6か月後)
目頭切開(Z形成)、二重埋没法(もとびアイプラチナム) 6か月後 目頭の赤みやごつごつはほとんど落ち着いて完成しました。
傷はぱっと見よくわかりませんね。
二重もしっかりな陣で自然です。
ご希望に近い目元になったのではないかと思います。
内容:きらずに糸で二重を作ります。糸はまぶたの中に埋没されます。
料金:212,440~303,490円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血、ゴロゴロ感。後戻りのリスク
続きを読む

目頭切開でとりすぎた蒙古ひだを戻したい。蒙古ひだ形成(逆Z形成) 1ヶ月後

今回蒙古ひだ形成をされたお客様の術前の画像はこんな感じです。
(手術前)
1年前に他院で目頭切開のZ形成をされていました。
目が寄りすぎたので少し戻したいと希望され来院されました。
術前の状態は、このような感じで、すごく寄り目というわけではありませんが、ご本人は寄ってきつくなったと感じられていました。
目頭切開は結構雰囲気の変わる部分ですし、切開してしまったことを後悔して蒙古ひだ形成をしたいと相談に来られる方は意外といらっしゃいます。
目頭切開は切開する手術ですので、完全に戻したり、微調整して戻したりすることは難しいですが、ある程度は蒙古ひだ形成で戻すことができます。

眼間の距離は29㎜ありました。通常33㎜くらいと言われているので距離的には近めです。(距離だけではより目かどうかの判断は難しいのであくまで目安です)
今回の症例の方は、目頭切開で蒙古襞は少なくなっていますが、やや左右差があり、若干左に丸み・蒙古ひだが残っています。
もともと蒙古ひだは左の方が張っている方が多いので、前医で左のひだを少し取り残したのかもしれません。

今回は、逆Zの蒙古ひだ形成をおこなって蒙古ひだを戻すことになりました。
逆Z形成は下の図のように目頭切開のZ形成を逆に行うことで、蒙古ひだを作り直します。
蒙古ヒダ形成(逆Z形成) この図のように目頭上部に作った三角弁を折りたたんで蒙古ひだにして、下方向に入れ込みます。
ちょうどZ形成の真逆のことをするので逆Z形成と言います。
逆Zでは、前回の傷を切っていくわけでなく、新たに大きめの三角弁を起こして蒙古ひだを作っていきますので、傷は増えることにはなります。
ただ、目頭部分は傷は目立たないことが多く、それほど目立つ傷にならないことが多いです。

さて、それでは、今回の方の手術前と1か月後の変化の画像を見ていただきます。
(手術前)
(1ヶ月後)
術後は、蒙古ひだが形成されて眼間がやや離れて、自然な感じの蒙古ひだができましたね。
もともと左の蒙古ひだは若干残っていたので、Z幅は右は5㎜、左は4㎜の切開をおこなって左右差を調整しながら三角弁を作って蒙古ひだを形成しています。
術後の眼間は32㎜になりました。
3㎜なので、まあまあ蒙古ひだが形成されて目が離れましたね。
ちなみに、当院では通常の目頭切開の場合は平均2㎜前後寄せることが多い印象です。

前回のZ形成の傷は、蒙古ひだができたことで目頭の表側に出てきて少し見えてしまいます。
ちなみに、術後の画像は1ヶ月後の画像なので、傷にまだ赤みがあって目立って見えやすい時期です。
これが3か月、半年と経つともっと目立ちにくくなって完成していきますので、もっと傷は目立ちくくなります。
目立つ間はメイクでカバーしていただければと思います。
内容:目頭の蒙古ひだを切開して解除し、目の幅を広くします。
料金:248,000~294,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが傷が残る。目の印象が変わる。
続きを読む

眉下切開でまぶたの厚みを減らしつつ二重幅を広く(目の上たるみとり)

本日のお客様は20代の女性の方です。
二重を少し広くしたいとのご希望でした。
また、瞼の厚みも気になっているとのことでした。
他院のカウンセリングでまぶたのたるみを指摘されていたそうです。

術前のまぶたの状態はこんな感じです。
眉下切開 術前 もともと狭い奥二重で、かろうじて目尻側に二重の幅が若干出ているくらいの感じで、一重に近い感じの状態でした。
上まぶたの皮膚にも厚みがあり、特に二重の上のあたりが厚ぼったく見えてしまっています。
指で上瞼を引き上げるとある程度のたるみがありました。
眉を引き上げた感じは問題なく、ご本人もその状態をご希望されたため、眉下切開をおこなうことになりました。

手術は全体にたるみがあったため、眉頭の少し入ったところから眉尻まで眉下全体のたるみを切除します。
眉下切開は主に真ん中や外側中心にたるみを切除していき、あまり目頭側のたるみを切除することはできませんが、
外側のたるみばかり切除すると二重の末広が強くなり、引き連れが出てしまう可能性もあります。
眉下切開をしてつり目になったという方がいらっしゃいますが、この状態を指します。
なるべく外側に偏ったたるみ取りでなく、眉頭に近い部分も、可能な範囲でな切除するように心がけています。

違う方になりますが、参考に眉下切開の皮膚切除のデザインと術直後の状態はこんな感じになります。
眉下切開デザイン、手術直後画像 なるべく眉頭側も切開してたるみを切除しています。
青いラインを毛根を温存するように斜めに切開(毛包斜切開)して皮膚と皮下脂肪を切除します。
その後に眼輪筋を縫い上げて(タッキング)瞼全体を引き上げます。
最後に丁寧に中縫いして傷を寄せ仕上げます。
この時、外縫いしなくても傷がぴったり寄るくらいにしっかり中縫いで寄せます。
そうすることで傷が目立ちにくくなります。

さて、今回のお客様の手術直後~6か月後の画像を経時的に見ていきましょう。
(手術直後)
眉下切開 手術直後 麻酔でまぶたがむくんでいます。
眉下切開の場合は、腫れは割と早く引いてきます。
眉の下に切開線と、縫合した黒い糸が見えますね。
この糸は最短で5日後に抜糸可能です。

(5日後、抜糸直後)
眉下切開 5日後 抜糸直後は、傷はやや赤みがあります。
この赤みは薄くなりますが、3~6か月後まで薄く残ります。
うっすら黄色い内出血もありますね。
内出血は出ない方も多いですが、出る方は上瞼や目尻が黄色くなることがあります。
メイクは翌日から可能なので、傷の赤みやない取穴をカバーしたいただけます。

(1ヶ月後)
眉下切開 1ヶ月後 内出血も引いて赤みもだいぶ落ち着いてきましたがまだ傷に赤みは残っています。
1か月ピークで傷は硬くなりますので、眉下の傷は硬さでややごつごつしています。

(3か月後)
眉下切開 3か月後 眉下の傷の赤みはだいぶ引いてきましたね。
白っぽく抜けてきました。
傷も柔らかく細くなって目立ちにくくなってきました。

(6か月後)
眉下切開 6か月後 6か月後では傷は白く抜けていて、この辺切ったのかなぁ程度で、かなり目立ちにくくなりました。

それでは術前と6か月後の画像を比べてみましょう
(手術前)⇒(6か月後)
眉下切開 術前
眉下切開 6か月後
比べるとわかりやすいですね。
まずは、一重に近かった奥二重の幅が外側中心に広くなったのがわかります。
目元が優しく明るい印象になりましたね。
たるみが引きあがったことで、まつ毛の生え際が見えるようになり、黒目も大きく露出してデカ目効果も出ています。
厚ぼったく見えていた瞼が少しすっきりしたのもわかりますね。
術前のたるみがある状態で二重術で二重を広くしても、瞼の厚みはより厚ぼったくなり、二重幅も出にくく無理がかかってしまいます。
ただ、眉下切開では、この症例のように二重が自然な感じで広くなり二重術をせずに満足される方も多いかと思います。
もしもっと広くしたい場合は、まぶたのたるみが取れましたので、二重術で少し二重の位置を高くするだけで無理なく広い二重が出やすくなります。

このように、二重を広くした方では、たるみがある方は眉下切開が非常に自然に二重幅を出すことができますし、瞼の厚ぼったさも同時に減らしてくれるのでとてもお勧めです。

眉下切開については以下のページで詳しく解説していますのでご参考ください。
内容:眉毛の下の皮膚を切除することで目の上のたるみを除去します。
料金:234,000~284,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが眉下に傷が残る。
続きを読む

重いまぶたの方にまず眉下切開をしてから二重術をおこなった症例 眉下切開+二重埋没法(もとびアイライト) 半年後

今回の症例の方は、もともと二重を希望していましたが、瞼のたるみが強いため眉下切開を希望されていました。
術前はこんな感じの目元でした。
(手術前)
眉下切開+二重埋没法(もとびアイライト) 手術前 瞼が厚く、まつ毛や黒目がまぶたのたるみに隠されてしまっています。
眉毛も太く立派ですね。
この状態で仮に二重埋没法をおこなったとしても、食い込んで厚ぼったい二重になるのは想像しやすいかと思います。
たるみがあるので二重幅も出にくいですし、まつ毛側にもたるみが残ってハム目感も出てしまうでしょう。
なので、最初はご本人のご希望どおりに眉下切開で上まぶたのたるみを減らすことになりました。
まず眉下切開をおこなって3か月目の画像です。
(眉下切開3か月後)
眉下切開のみ 3か月後 眉下切開でたるみをとったことで隠れていた黒目が見えるようになって目が大きくなりました。
まぶたの厚みも眉下切開をしたことですっきりしましたね。
眉下切開には、
・二重が広くなる
・まぶたの厚みが取れる
・黒目や睫毛が見えるようにあって目が大きくなる
・瞼が軽くなる
・目と眉が近づく
などの効果があり、目元が大きくなってすっきりするためお若い方中心に人気の施術です。
眉下切開については以下のページもご参考ください。

ちなみに傷はやや赤みがありますが、もうすこしすると白く抜けてさらに目立ちにくくなっていきます。

さて、眉下切開でたるみがとれたところで、二重術で二重を作って仕上げます。
今回は二重埋没法の2点連結止めのもとびアイライトで自然な二重を作りました。
ただ、目の開きが悪く眼瞼下垂があるので、本当は眼瞼下垂の手術もおこなうとより目元は明るくなるのですが、今回はご希望により二重埋没法をおこなうことになりました。
ちなみに、もとびアイライトという二重埋没法は2点連結止めで、連結して瞼全体で二重をさせることで、
・二重が安定しやすい
・締め具合のコントロールがしやすい(無駄な腫れを抑えることができる)
・結び目は1個なのでポコつきのリスクが少し少ない
・後日抜糸しやすい
などのメリットがある埋没法で、当院でも人気の二重埋没法になっています。

では、二重埋没法をやる前と後でのビフォアアフターを見てもらいましょう
(手術前)⇒(3ヶ月後)
眉下切開のみ 3か月後
眉下切開+二重埋没法(もとびアイライト) 6か月後
二重埋没法で二重ができたことでまつ毛も見えやすくなり、目が大きな印象になりましたね。
二重のラインがつくことでぼかし効果により雰囲気も優しい感じになっています。
本来はこれで眼瞼下垂の手術をするともっと目が大きくはっきりとして明るくなるかと思います。

それでは、眉下切開と二重埋没法を組み合わせたビフォアアフターも見てもらいましょう。
(手術前)⇒(6ヶ月後)
眉下切開+二重埋没法(もとびアイライト) 手術前
眉下切開+二重埋没法(もとびアイライト) 6か月後
眉下切開も二重埋没法も組み合わせたことで術前後で比べると目がすっきり明るくなりましたね。
厚みもすっきり、目も明るく大きくなり、眉もすっきりしました。
単純に二重埋没法だけをおこなってもこのよう自然に目元は大きくならなかったかと思います。
たるみがある人では、まず眉下切開を行うのが鉄則です。
先に二重術を行ってしまうと、あとで眉下切開をおこなうと、二重が広くなりすぎたり、浅くなりすぎたりしてしまうのでできなくなってしまうことが多いです。
その場合は抜糸したりして二重埋没法をリセットする必要があります。
二度手間にならないためにも、無理なく自然な感じで二重幅を出すためにも、たるみ・厚みがある方ではまず眉下切開をおこなうのがおすすめです。
内容:切らずに糸で二重を作ります。糸はまぶたの中に埋没されます。
料金:96,600~148,000円
リスク:一時的な腫れや内出血、ゴロゴロ感。後戻りのリスク
続きを読む

鼻先をしっかり高くしたい。鼻尖縮小、鼻中隔延長、プロテーゼ、鼻翼縮小(内側+外側) 6か月後

今日は鼻中隔延長のモニターさん6か月後の経過を見てもらいます。
今回のお客様は鼻先を整えたいと当院を受診されました。
(来院時画像)
鼻尖縮小、鼻中隔延長、プロテーゼ、鼻翼縮小(内側+外側) 正面 術前
鼻尖縮小、鼻中隔延長、プロテーゼ、鼻翼縮小(内側+外側) 右側面 術前
来院時はこのようなお鼻のでした。
鼻先は、丸みがあって団子鼻気味で、横から見ると鼻先の高さが低いのがわかります。
低いだけでなく、鼻柱に比べて鼻先は頭側に後退しています。
鼻背は、正面から見ると鼻筋はやや弱く、左に傾いています。
横から見ると軽度のハンプ(わし鼻)があるのがわかりますね。
また、小鼻に関しては正面から見るとやや末広がりで幅が広く見えます。丸みもややあります。

どういう施術をしたらよいでしょうか。部位別で解説します。

【鼻先の施術】
鼻先を整えるには、鼻先を細くしながら高さを出す必要があります。
鼻先を細くするには鼻尖縮小で細くしますが、鼻先の高さを出す方法には、耳介軟骨移植と鼻中隔延長があります。
耳介軟骨移植は1,2㎜の自然な変化、鼻中隔延長は2,3㎜以上というイメージです。
鼻中隔延長はしっかり高さを出した入り伸ばしたりすることができます。
今回の方は、もともとの鼻先の高さは低く、軽度ハンプもあるので、なるべくしっかり高さを出した方が良いというのがありました。
ご本人も希望され今回は鼻中隔延長で鼻先の高さを出すことになりました。
鼻中隔延長は、耳介軟骨や鼻中隔軟骨を使って鼻中隔を延長し、延長した鼻中隔に鼻先の鼻翼軟骨を引き延ばして固定するものです。
鼻中隔延長図
図は鼻中隔軟骨をくりぬいていますが、鼻中隔軟骨をくりぬくと鼻中隔の土台が弱くなって曲がったりしてしまうリスクがあるので、今回は耳から採取した耳介軟骨を使って鼻中隔延長をおこない、鼻先を斜め下方に延長することにしました。
鼻中隔延長は鼻先が硬くなり、曲がったり、鼻の通りが悪くなったりするリスクがありますが、鼻先を最も高くすることができる施術です。詳しくは以下のページで解説していますのでご参考ください。

【鼻背(鼻筋)の施術】
鼻根が低く、鼻筋も弱いのでI型のプロテーゼを挿入します。
鼻筋がやや左に曲がっていますのでプロテーゼでカモフラージュして修正します。
また、軽度のハンプがありますが、鼻根が低く鼻尖も低いためにハンプが強調されてしまっていますので、鼻根にプロテーゼを入れて鼻中隔延長をすればハンプは目立たなくなるかと思います。
プロテーゼは鼻根を高くして鼻筋を通すだけでなく、鼻筋の曲がりやハンプが軽ければ同時に修正することができます。

【小鼻の施術】
小鼻は幅も丸み(張り出し)もあったため小鼻縮小の内側+外側法をおこなうとよいです。
小鼻縮小内側法は小鼻の横幅を切除するので小鼻の幅を狭くすることができます。
小鼻縮小内側法で小鼻の幅を減らす
外側法は小鼻の外側を溝に沿って縦に切除するので小鼻の縦幅を縮めて丸み(張り出し)を減らすことができます。
小鼻縮小(外側法)で縦幅切除。張り出し、丸みを減らします
それらを同時におこなって丸みと張り出しを減らし、小鼻自体を目立ちにくくさせます。
また、内側法と外側法を同時におこなうと、小鼻が硬い周りの組織からフリーになりしっかり寄せることができますので効果をしっかり出すことができ、後戻りも少なくなります。

以上まとめると、今回のお客様には、
鼻尖縮小・鼻中隔延長・I型プロテーゼ・小鼻縮小(内側+外側)をおこなうことになりました。

それでは術前後の変化の画像を見てもらいます。
(手術前)⇒(6か月後)
鼻尖縮小、鼻中隔延長、プロテーゼ、鼻翼縮小(内側+外側) 正面 術前
鼻尖縮小、鼻中隔延長、プロテーゼ、鼻翼縮小(内側+外側) 正面 6か月後
正面から見ると、鼻先が鼻尖縮小で細くなりました。
また鼻中隔延長で鼻先が伸びたのがわかります。
小鼻縮小の内側法と外側法を両方おこなったことで小鼻がかなりすっきりして小さくなりましたね。
小鼻縮小の傷はあまり目立たず、まずバレないかと思います。
小鼻縮小で鼻の穴自体が小さくなったのもありますし、鼻先も伸びたことで鼻の穴が目立ちにくくなりました。
鼻先や小鼻、鼻の穴が小さくなると、目立っていた特徴が減り、いわゆる忘れ鼻に近づき鼻全体すっきりとして整って見えるようになります。
次に、鼻スジに注目すると、鼻根部で右に偏位していた鼻スジが、プロテーゼによって傾きがカモフラージュされて目立ちにくくなりました。
もちろんプロテーゼで鼻根部が高くなり鼻スジもしっかり通りました。
以上の効果が相まって、全体に鼻がすっきりして整ったのがわかると思います。

次は側面像です。
鼻尖縮小、鼻中隔延長、プロテーゼ、鼻翼縮小(内側+外側) 左側面 術前
鼻尖縮小、鼻中隔延長、プロテーゼ、鼻翼縮小(内側+外側) 左側面 6か月後
鼻先がしっかり斜め下方に伸びたのがわかります。
丸くて低かった鼻先が高くなりましたね。
鼻中隔延長だからこそこのようにしっかり鼻先を伸ばすことができます。
また、プロテーゼで鼻根の高さも出ました。
プロテーゼはハンプ部分で薄く削ってわし鼻をカモフラージュしつつ、鼻根も鼻先も高くなったことで鼻筋のラインがまっすぐになって、鼻背のラインもシュッとして、全体に整った鼻になりました。

6か月後なのでほぼ後戻りも落ち着いて完成です。
全体にお客様のご希望通りすっきり整った鼻になったかと思います。

今回の方は、鼻根も鼻先も小鼻も同時に手術をおこなっていますので鼻全体を整えることができました。
その方によってどの手術が良いか適応はありますが、鼻は複数の部位でマイナス要素が組み合わさっていることも多く、今回の方のように組み合わせて手術をおこなうことでより鼻全体を整える効果を出すことができます。

鼻の手術はどの組み合わせでも、骨をいじらなければ、ダウンタイムはおおむね1週間ほどで済みます。
一部位ずつ段階的に手術をおこなうこともできますが、目立っている部分が複数あれば、組み合わせて手術をおこなうと、一度のダウンタイムでしっかり効果を出すことができます。
ご自身でどこを治したらよいかわからない方も多いかと思います。
その場合は、無料カウンセリングをご利用していただければアドバイスさせていただけます。
お気軽にご相談ください。
内容:鼻の穴を切開してシリコンプロテーゼを入れることで鼻筋を通し鼻根を高くします。
料金:207,080~234,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血、ズレのリスク
続きを読む

二重埋没法をリセットして眉下切開をおこなった症例。(眉下切開+二重埋没法抜糸(6点)後に、二重埋没法(2点連結止め)+目頭切開)

今回の症例の方は、瞼の厚みが気になるけれど二重を広くしたくないとご希望された患者様です。
2年前に二重埋没法+脂肪取りをおこなっており、そこから特に厚ぼったさが気になったそうです。
眉下切開・他院抜糸 術前 術前の画像はこんな感じで、瞼に厚ぼったさがありました。
この瞼の厚みは二重に乗っかる皮膚の厚みによるところが大きいです。
厚みは唯一眉下切開をしないと減らせませんが、そうすると二重が広くなるということで埋没法を一度抜糸してリセットした症例です。
その後に、段階的に二重埋没法(2点連結止め)と目頭切開をおこないました。
最終的な仕上がりの画像は下に載せていますのでご確認ください。

さて、具体的に説明すると、
以前から何度も説明させていただいて恐縮ですが、瞼は上に行くほど皮膚や組織の厚みが急激に増します。
二重広いほど厚みが出る 二重を高い位置に作るほど(二重を広くするほど)二重の折り目の皮膚の厚みが強くなり瞼は厚ぼったく見えてしまいます。
もともと厚ぼったい方では厚ぼったさが強調されてしまいます。
今回の方も厚み・たるみがあるのに、二重術をおこなったことでまぶたが厚くなってしまっていました。
ちなみに、眼窩脂肪を同時に除去したようですが、眼窩脂肪はまぶたの深い部分にあり、見た目の厚ぼったさを改善する効果はそれほど強くありません。
眼窩脂肪は深いところにある
見た目の厚みは皮膚や眼輪筋によるものがほとんどで、二重術をしても(例え二重の全切開で皮膚切除をおこなっても)、この厚みは増すばかりで、この厚みを減らす方法は眉下切開しかありません。
ですので、今回の方も眉下切開をおすすめして厚みを減らしました。
ただ、ここで問題があり、眉下切開だけをおこなうと二重幅が広くなるのですが、眉を上げてシュミレーションするとお客様は、広すぎるということでした。
なので二重埋没法を抜糸して一度リセットする必要があります。
たるみ・厚みがある方、先に二重術をおこなってしまった方は、あとで眉下切開ができなくなるリスクが高くなります。
これについては下記のコラムで書いていますので参考になさってください。

今回まず眉下切開をおこないましたが、二重が広くならないように一度リセットするために、埋没法の抜糸(6点)も同時に行いました。
1ヶ月後と6か月後の画像です。

(1ヶ月後)
眉下切開、二重埋没法抜糸 1ヶ月後 抜糸をしたことで食い込んだ二重は浅くなりましたが、まだ少し癖は残っています。
眉下の傷もまだ硬くうっすら赤みがかっています。

(6か月後)
眉下切開、二重埋没法抜糸 6ヶ月後  6か月たったので、眉下切開の傷は白く抜けて目立ちにくくなりましたね。
抜糸した二重もかなり戻って一重に近くなりました。

ちなみに術前の画像との比較です。
(手術前)
眉下切開・他院抜糸 術前 (6か月後)
眉下切開、二重埋没法抜糸 6ヶ月後 術前の画像と比較するとわかりやすいですね。
まぶたの厚みがすっきりして、二重埋没法の食い込みがなくなりました。
さて、土台ができたところで次は二重を作って仕上げます。

二重が安定しやすい二重埋没法連結止めの、もとびアイライト(2点連結止め)をおこないました。
前回は広く埋没法をしたことで厚みが出たので、今回は狭い自然な二重を希望されました。
あと、ご希望により目頭切開もおこなっています。
眉下切開・他院抜糸・二重埋没法・目頭切開 術後 二重は自然な奥二重になりました。
まぶたの厚みもすっきりとしていますし、ご本人のご希望通りの二重になったのではないかと思います。

これも術前の画像と比べてみましょう
(手術前)
眉下切開・他院抜糸 術前 (眉下切開後、二重埋没法で仕上げた後)
眉下切開・他院抜糸・二重埋没法・目頭切開 術後
最初はまぶたの厚みと二重の食い込み・広さを気にされていましたが、2段階の手術にはなりましたが、きちんとた厚みを減らしたことで、瞼がすっきりとして、二重も狭い希望通りの二重になりました。

このように、厚み・たるみがある方が、最初に二重術でをおこなってしまうとあとで眉下切開を行う場合、二重をリセットする必要があり、2段階の手術が必要になってしまいます。
なので、本当は、厚み・たるみがある方では、まずしっかり眉下切開で厚み・たるみを減らして、二重がきれいに出る土台を作っておいてから二重術で仕上げるのがベストです。
とにかくまず二重埋没法をおこなってしまう先生は多いので、ご自身でまず眉下切開は先におこなった方が良いということを知っていただくことが重要になるかと思います。
内容:切らずに糸で二重を作ります。糸はまぶたの中に埋没されます。
料金:96,600~148,000円
リスク:一時的な腫れや内出血、ゴロゴロ感。後戻りのリスク
続きを読む

眉下切開(目の上厚み取り) 3か月後

(手術前)
眉下切開 手術前 (3か月後)
眉下切開 3か月後 今回のお客様は、若いころからまぶたが重たい感じで、今回はまぶたの重い・厚みを改善したいというご希望でした。
目を開くにも眉を使って上げるのに気付いたそうで、額のしわも気になるようでした。
昔、二重埋没法を行ったそうですが取れてしまったそうです。
たしかに瞼が厚いので二重は広くつきにくそうです。
二重についても今回は少し広くしたいので二重の切開を考えていたそうです。

さて、ご希望通り二重の全切開をおこなったらどうなるでしょうか?
想像がつくかとは思いますが、この厚いまぶたの状態で広い二重を切開で無理やり作ると、食い込んで不自然な二重になる可能性が高いです。
また、まぶたは下図のように上に行くほど皮膚などの厚みがぐっと増しますので、
二重広いほど厚みが出る 広い位置に二重を作ると、厚い皮膚が織り込まれて二重に厚い皮膚が乗っかるため、さらに瞼は厚ぼったく見えてしまいます。
二重全切開では二重を広くすることはできますが、厚みを減らすことはできませんし、かえって厚みが増してしまうというのは覚えておいてください。二重埋没法もそうです。
このまぶたの厚ぼったさを唯一改善できるのは、眉下切開のみです。
眉下切開の場合の厚み 眉下切開では眉の下を切開してたるみをしっかり切除することで、眉を引き上げたように自然な感じでまぶたの厚みを薄くすることができます。
隠れていた黒目や睫毛が見えるようになりデカ目効果があります。
また、たるみが減ることで当然二重も広く見えるようになります。
二重術で無理やり広くして食い込んで厚みのある二重ではなく、もともとの二重ラインが広くみえるようになるのでとても自然です。

ここで症例写真を見てください。
(手術前)
眉下切開 手術前 (3か月後)
眉下切開 3か月後 3か月後の画像では、厚ぼったかった瞼がかなりすっきりしたのがわかりますね。
先ほど書いた通りで、隠れていた黒目が大きく見えるようになって睫毛の生え際も見えるようになりました。
デカ目効果が出ましたね。
たるみがかぶって狭かった二重が、たるみが取れて本来の幅が見えるようになり自然な感じで広くなりました。
たるみが強いと、二重の中央(黒目)付近にたるみがかぶさって中央中心に二重が狭く、こんな感じで台形っぽい感じの二重になります。
中央が狭い二重、台形の二重 ただ、たるみが取れたことで、中央付近の二重幅もしっかり出て自然な感じの丸みのある二重になりました。
このあたりの二重の効果については下記ページで解説していますので参考になさってください。


ちなみに傷について見てみると、3か月後ですがかなり眉の下の傷は目立ちにくくなっていますね。
この辺切ったのかなー、くらいではっきりとして傷はわかりません。
眉下切開の傷は目立ちにくく治ることが多いです。
なので、お若い方に大変人気の施術になっています。
瞼が厚ぼったい方、二重を自然な感じに広くしたい方、たるみが気になる方はぜひ眉下切開をお考えいただければと思います。

内容:眉毛の下の皮膚を切除することで目の上のたるみを除去します。
料金:234,000~284,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが眉下に傷が残る。
続きを読む

目頭切開Z形成 6か月後

(手術前)
目頭切開Z形成 手術前 (6か月後)
目頭切開Z形成 6か月後 今回の症例の方はもともと目の間の幅はやや広がり気味で、逆に目の幅はやや狭くて目が小さく見えてしまうタイプの方でした。
目頭の蒙古ひだはある程度強くて、左の方がやや強めの感じでした。
蒙古ひだは左右差があることが多く、左の方が強い方が多いですが、今回の方も若干左が強めです。
今回のお客様は相談の結果、蒙古ひだを除去して目を大きく見せるために、目頭切開Z形成をおこなって目の幅を広くすることになりました。
目頭切開は、Z形成、リドレープ法、W形成などいろいろありますが、それぞれの特徴としては動画やHPで解説しているの参考になさってください。



今回は、後戻りが少なくて、ひだの丸みが取れやすいZ形成を今回は行うことになりました。
ちなみに、当院では割合としては、8割のお客様がベーシックなZ形成を選択され、残りの2割の方がリドレープ法で目頭切開を行っています。

それでは、症例写真を見てください。
手術前後の目の間の幅に注目すると目の間の幅が狭くなったのがわかります。
そのぶん目の幅が広くなって目の印象が大きくなりました。
術前は少し小さい印象だった目に横幅がでて大人っぽくて華やかな目になりましたね。
今回の方は、術前の目の間の幅は38.5㎜でしたが、術後は35㎜になって、3㎜ちょっとしっかり目の間の幅が狭くなったのがわかります。
目の幅は1.5㎜強ずつ広くなったと言うことです。
蒙古ひだの強さによりますが、大体今回の方くらいがもう少しひかえめな感じで寄る方が多いです。
ちなみに左右差ですが、蒙古ひだをひぱって左右のひだなりにデザインしますので、蒙古ひだが強い方が結果的にZ幅が広くデザインされてよりひだをしっかり解除することになり、左右差は自動的に調整されることになります。
今回の症例でも、右は3㎜幅のZ、左は3.5㎜幅のZとなり、左を少ししっかりめに解除しました。
二重の左右差はありますが、目頭の左右差は特にわからないレベルで自然な感じで目頭が仕上がりました。

傷に関してはわずかな凹凸や傷の白みがありますが、ぱっと見はわからないレベルです。
もともと目頭はやや白っぽい部分ですので、それほど目立つことはありません。
言われてよく見てわかるくらいの傷になることが多いです。
目頭の傷については、ホームページに症例写真をたくさん載せていますのでそちらを参考になさってください。


目頭切開は本来の目を隠してしまっている蒙古ひだを解除して本来の自分の目頭を露出させるだけの手術で、目頭を違うものに変えていく手術ではないので、不自然になることはありません。
ただ、本来のご本人の目頭の形が出ることになり、イメージがご自身の目頭の形と違う場合は調整は難しくなります。
あとは、もともと目の間の幅が狭い方では狭くなりすぎると不自然さが出ることがあるのでそこは注意が必要です。

以上のことをご理解いただいたうえで、目の幅を出して目を大きく華やかにしたい方はぜひ目頭切開を考えていただくとよいです。

内容:目頭の蒙古ひだを切開して解除し、目の幅を広くします。
料金:168,000~198,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが傷が残る。目の印象が変わる。
続きを読む

コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 手術直後~3か月後

(手術前)⇒(3か月後)
コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 手術前
コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 3か月後

今回のお客様は目の下のクマ取りを希望されたのですが、目の下の脂肪を注入するためにせっかく脂肪を採取するならと法令線と口角(マリオネットライン)のしわにも脂肪注入を希望されました。

目の下のクマは、目の下の眼窩脂肪のふくらみとその下の溝(teartrough)の段差によって影ができてクマが強調されます。
なので、今回の方は、目の下のクマを改善させるために、目の下の脂肪を瞼の裏側から切除した後に、下腹部から脂肪を採取して目の下の凹みに脂肪を注入しています。
下腹部から脂肪を採取する際に、ほうれい線と口角に注入するぶんの脂肪を多めに採取しています。
そして、目の下の脂肪注入の際に、ほうれい線と口角に脂肪注入を同時におこないました。
目の下のクマを気にされる方は、ほうれい線やごゴルゴ線、口角のしわも同時気にされている方も多く、そのような方では、ついでにしわの改善もできますので、今回の方のように同時に他のしわに脂肪注入をおこなうことをおすすめします。

3か月後の画像を見ますと、目の下のクマがしっかり改善したのはもちろん、ほうれい線やマリオネットラインも浅くなって目立ちにくくなったのがわかりますね。
全体にお顔の印象が10歳以上若返ったかと思います。

ほうれい線はただ脂肪を注入しても改善は弱いので、当院では、注入の際は注入針でしっかりほうれい線の下の結合組織を剥離して空間を作って、そこに脂肪を注入することでしっかりほうれい線を改善するようにしています。
目の下の脂肪は比較的生着しやすいですが、ほうれい線や口角のしわはやや減りやすく、人によっては再注入が必要になることはありますが、しっかり剥離して注入しますので、ある程度は必ず浅くなってくれますので、1回で満足する方も多いです。

さて、3か月後の画像を冒頭で診てもらいましが、ダウンタイムを気にされる方もいらっしゃると思うので手術直後と1週間後の画像も見てもらおうと思います。

(手術直後) コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 手術直後 手術直後はこのように針孔を保護するためにテープがついています。
1日たったら外していただきます。当然針穴なので針穴の傷は残らずなくなります。
直後はややむくんでいますが、直後から凹みはちょうど良い感じで埋まっていますね。
むくみは翌日がピークで4,5日したらかなり落ち着きます。
内出血は3日後くらいから黄色く(一部紫色に)ではじめて、1,2週間で消えていきます。

1週間後の画像です。
(1週間後)
コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 1週間後 黄色く目の下など色が残っていますが、メイクでカバーできる範囲かと思います。
ダウンタイムは1週間で見てもらっています。
ほうれい線や口角付近の皮膚は厚いので、内出血は目立ちにくい部位です。
今回の方はほうれい線や口角付近の内出血はあまり目立っていませんね。
ただ、剥離をするので人によっては紫色に内出血が強く出ることもあります。
その際はメイクでカバーしていただければと思います。

もう一度3か月後の画像を見てもらいます。
(3ヶ月後)
コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 3か月後 3か月後は当然内出血もなく、むくみも落ち着いてかなりなじんでいます。
目の下も、ほうれい線も、口角も全体に影が減って若々しい印象になりましたね。

脂肪注入はヒアルロン酸などに比べて長持ちもしやすく、目の下のクマを気にされている方は、ついでに改善ができますので、ほうれい線など気になる方は是非お考えになってください。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 手術直後~3か月後

(手術前)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 手術前 (3か月後)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 3か月後 今回のお客様は目の下のクマが気になるとご来院されました。
眼窩脂肪のふくらみと、その下の凹みが相まって目の下のクマが目立っていました。
目の下にたるみもある状態でしたので、ハムラ法で皮膚切除を同時におこなうのも手ですが、そこまでしなくてもある程度のたるみであれば、脂肪取り+脂肪注入だけでクマはきれいになります。
今回の方も、切らずに脂肪取り+脂肪注入を希望されて目の下のくまとりをおこないました。
目の下の脂肪取り+脂肪注入であれば、表に傷はつきませんし、ダウンタイムも1週間くらいでそれほどダメージも強くない手術ですのでやりやすいです。

それでは術後の画像を見てください。
まず、目の下の脂肪をまぶたの裏側から除去したことで、膨らみが取れましたね。
あとは、目の下の凹み(teartrough)には下腹部から吸引した脂肪を注入したことでへこみが埋まってフラットになりました。
目の下のクマがなくなって目元がすっきりしました。
10歳ほど若返ったのではないかと思います。
注入する脂肪は遠心分離機で濃縮して不純物を飛ばして幹細胞の濃度を高くしてから注入します(コンデンス脂肪注入)。
そうすることで注入した脂肪の生着率が上がり、しこりのリスクを減らすことができます。

目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入の経過がわかるように、今回の症例の方の手術直後から3か月目までの画像を見ていただきます。
(手術前)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 手術前
(手術直後)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 手術直後 手術直後は脂肪を注入する際に使った針孔を24時間テープで保護してもらっています。
手術直後から腫れも少なく、目の下のクマがちょうどよい感じで改善しています。
脂肪が吸収されるからと言って多めに注入するのは最悪で、しこりのリスクが高まってしまいます。
基本的には、目の下の脂肪はかなり生着しやすいので、術直後にちょうどへこみが落ち着くように注入していきます。
もちろん、2か所からの分散注入で、水玉状に注入脂肪を積み重ねていくことで、しこりのリスクを最小限にして、生着しやすくしています。

(1週間後)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 1週間後 1週間後は脂肪取りの内出血が少し降りてきて、目の下が一部黄色くなることがあります。
色が出ない人もいれば、もう少し濃いめに出る人もいらっしゃいます。
内出血はもう1週間ほどしたら消えていきます。
それまではメイクなどでカバーしていただいています。
色味以外はすでに自然な感じですね。
目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入のダウンタイムは1週間みてもらっています。

(3か月後)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 3か月後 3か月経つと脂肪は定着して完成に近づいていきます。
目の下はかなりすっきりしましたね。
かなり完成には近づいていますが、脂肪が完全に定着しておちつく本当の完成は1年ほど見ていただくとよいです。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む
1 2 3 4 5 94

プロフィール

西尾 謙三郎 医師
院長 西尾 謙三郎 医師
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。
[プロフィール詳細]

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧

最新のブログ記事

月次アーカイブ

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

当院では無料カウンセリングを実施しています

  • どの施術が自分に合っているの判断できない
  • 悩みがあるけど、どんな風に直せばいいか
    わからない
  • 生活への影響、施術のリスクが心配

経験豊富なスタッフが対応いたします

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧
お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら