お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 目の幅を広くしたいについて

目の横幅は目頭から目尻までの幅ですが、目の横幅を広くすることで目を大きく華やかに見せることができます。
目の横幅を広くする
目の幅が狭いと(目の間の幅が広いと)子供っぽい印象になり、目の幅が広いと目が大きく、大人っぽく見えます。
目の間の幅と目の間の幅は同じくらいが理想と言われていますが
目の幅の等分の図
多くの方では目の間の幅の方が広く、目の幅を広くすることで目と眼間のバランスを改善することができます。
目頭・目尻で目が隠されている方は目をしっかり露出させてあげることで目の横幅を広くすることができます。

目頭

蒙古ひだイラスト
目頭は蒙古ひだという丸いひだが強いほど目頭の涙丘という赤みが隠されて目の幅が狭くなり、逆に目の間の幅が広く見えます。
小さい子供ほど蒙古ひだは発達していますので蒙古ひだが発達しているほど幼くかわいらしく見えます。
目頭切開をおこなって蒙古ひだを解除すれば目の横幅が広くなり(目の間の幅が狭くなり)目が華やかで印象的になり、大人っぽくなります。
目頭はとても印象が強い部分ですので、少しの変化でも印象が変わりやすいです。
蒙古ひだがある程度あり目の間が広めの方で目を大人っぽく華やかにしたい方におすすめです。

目尻

目尻側の目が隠されると外側の白目の露出が少なくなり目が小さく見えます。
目尻切開で隠された目を露出させることができます。
目尻は目頭と違って印象が弱い部分なので、目の横幅が広く見える効果は目頭切開ほどありませんが、目尻側の白目の露出を大きくするデカ目効果が出ます。
目の幅をさらに広くしたい方、より目気味で目頭切開ができない方、自然なデカ目効果を出したい方には目尻切開がおすすめです。

施術について

目頭切開

蒙古ひだを切開して解除し目の横幅を広げます。
目頭切開イメージ
あくまで蒙古ひだを解除してご自身の目頭を露出させる手術ですので蒙古ひだのない方は手術できません。
目頭切開は単純法、W形成、Z形成、リドレープ法などいろいろな方法がありますが、当院では後戻りが少なく自然な目頭になりやすいZ形成、傷が目立ちにくいリドレープ法が人気です。
目頭切開は変化が出やすく大変人気の施術です。
ただし、傷が目立ちにくいとはいえ残ること、切開したら戻しにくいことなどのリスク(Zなら完全ではありませんが戻せます)があります。
また上記のように目元は大人っぽくなりますが、逆に言うともともと釣り目の人や大人っぽい顔の人ではきつく見えたり、老けて見えてしまうリスクがあります。
目の間の幅が狭い人ではより目になってしまうため目頭切開はおすすめできないこともあります。

目頭切開について詳しくはこちら

鼻ヒアルロン酸

鼻根にヒアルロン酸を入れると皮膚が引っ張られて蒙古ひだが少し解除されて目の幅が広くなり華やかに見えるようになりす。
気に入らなければ溶かすこともできますので、いきなり切ったりする手術は怖いという方はヒアルロン酸であれば簡単に試してみることができます。
同時に鼻も高くしたい方にはぴったりの施術です。
鼻根をクレヴィエルで高くする
鼻根のヒアルロン酸は、弾性・凝集性の高いクレヴィエルコントアがきれいに鼻筋を通しやすいためおすすめです。
クレヴィエルコントアについて詳しくはこちら

目尻切開

目尻の白目を覆っている組織を切開することで、目尻を横に伸ばし、外側の白目の露出を大きくします。
目尻切開
目の幅を広く見せる効果は目頭切開ほど出せませんが、目尻側の目の露出を増やすことでデカ目にしてくれます。
傷も目立ちにくく、ダウンタイムも短く、自然な変化をご希望の方にはおすすめの施術です。
また、寄り目で目頭切開の適応がない方にも適しています。
ただし、目尻を引っ張ってみて白目が隠れていないと目尻に赤い粘膜が露出して不自然になってしまうため手術できません。
目尻切開について詳しくはこちら

 

※デカ目にしたい方

目は上下左右に広げてデカ目にすることができます。
今回は目の横幅を広げることについて解説させていただきましたが、さらに目を上下に広げて目を大きく見せる方法などについても以下のコラムで解説させてもらっていますのでご参考ください。
目を大きく見せるための方法①|なぜデカ目に見えるの?
目を大きく見せるための方法②|整形で切らずにバレずにデカ目に

ページトップに戻る ^
TOP