サイト内検索

院長ブログ西尾 謙三郎

小顔脂肪吸引(ホホ・アゴ下) 6か月後

(手術前)⇒(6か月後)
小顔脂肪吸引(ホホ・アゴ下) 手術前 正面
小顔脂肪吸引(ホホ・アゴ下) 6か月後 正面
小顔脂肪吸引(ホホ・アゴ下) 手術前 正面
小顔脂肪吸引(ホホ・アゴ下) 6か月後 左側面
小顔脂肪吸引(ホホ・アゴ下) 手術前 右斜め
小顔脂肪吸引(ホホ・アゴ下) 6か月後 右斜め
お客様はフェイスライン・ホホの脂肪が気になるとのことでご来院されました。
また、ホホのコケも気になるとのことでした。
診察するとホホやアゴ下の皮下脂肪は厚みがありました。
年齢は40代ですが、たるみもそれほど強くなく、脂肪吸引でしっかり除去が可能だと判断してホホ・アゴ下の脂肪吸引を行うことになりました。
脂肪吸引は吸引管で脂肪を直接除去しますので効果は脂肪溶解注射などに比べて確実で一度に効果を出すことができます。
ホホのコケ(ほほ骨の下)に関してはフェイスラインの厚みが減れば目立ちにくくなると考えて、まずは脂肪吸引を行うことをお勧めしました。

術後半年後の画像を見てください。
厚みのあったフェイスラインが薄くなってすっきりしました。
丸みのあったフェイスラインが三角にシャープになっています。
ホホの脂肪を吸引したことでホホのたるみ(jowl)の厚み部分が減ってすっきりして、本来のあごの骨のラインが見えやすくなったためシャープになっています。
jowlと呼ばれているホホのたるみ部分は老化と共に厚みを増しますので、このボリュームをすっきりさせておくとお顔が老けにくくなる効果もあります。
次に横顔や斜めの画像を見ていただきます。
アゴ下の脂肪の厚みをしっかり吸引していますので、アゴ下のフェイスラインもすっきりてきています。
二重アゴも減ってすっきりしたのがわかりますね。
全体にお顔の皮下脂肪によるもたつきが改善してすっきりとして小顔になったのはもちろん、
たるみ部分の厚みが減ることでお顔が若々しくもなったかと思います。
また、術前に気にしていたホホのコケですが、フェイスライン付近がすっきりしたことで目立ちにくくなりました。
ただ、ホホコケは老化と共にこけていく部分ではありますので、今後ヒアルロン酸や脂肪を注入すれば、へこみを改善させて卵型のフェイスラインに近づけることができ、さらに若々しいお顔になるかと思います。
内容:3㎜ほどの吸引管を使ってお顔の皮下脂肪を吸引します。
料金:217,800~459,360円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。たるみのある方ではたるみが出るリスク
続きを読む

鼻尖縮小、軟骨移植 6か月後

(手術前)⇒(6か月後)
お客様は鼻先を整えたいとのことでご来院されました。
鼻尖縮小で鼻先を細くして、軟骨移植で鼻の高さを整えたいとのことで鼻尖縮小と耳介軟骨移植をおこなうことになりました。
6か月後なので効果は完成です。
鼻尖縮小で鼻翼軟骨が寄って鼻先の幅が狭くなって細くなったのがわかりますね。
下から見ると鼻先の軟骨が寄って鼻先がとがったのがわかります。
側面像を見ると、術前はやや上がった鼻先が軟骨移植をしたことで伸びて整ったのがわかります。
鼻先の形が良くなりましたね。
内容:鼻の穴を切開し、軟部組織を除去、軟骨を形成して団子鼻を改善します。
料金:222,530~311,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。鼻尖上部に厚みが出るリスク。
続きを読む

目の下くまとり手術(裏ハムラ法) 1か月後

(手術前)
目の下くまとり手術(裏ハムラ法) 手術前 (1か月後)
目の下くまとり手術(裏ハムラ法) 1か月後今回の方は目の下の凹凸くまを気にされてご来院されました。
目の下の眼窩脂肪のふくらみと、その下の凹みの両方があって凹凸くまが強く出ています。
クマを治す方法には脂肪取り+脂肪注入と裏ハムラ法がありますが、今回はお客様のご希望により裏ハムラ法でクマを改善させることになりました。

裏ハムラ法はまぶたの裏側を切開して目の下の眼輪筋という筋肉の下でしっかり剥離します。
しっかり剥離出来たら眼窩脂肪の膜を破って目の下のふくらみ(眼窩脂肪)を引き出して目の下のへこみ部分に移動させて固定しへこみを埋めます。
山を崩して谷を埋める要領でクマを平地にしてフラットし、クマを改善させます。
目の下くまとり手術(裏ハムラ法)の手術イメージイラスト
裏ハムラ法の場合は、脂肪注入の様にお腹や太ももから脂肪を吸引して持ってこなくても目の下の脂肪再配置だけで治療は完結します。
なので、お腹や太ももを吸引されるのは嫌だという方に適しています。
また、皮下脂肪が少ない方では脂肪を吸引することができなふくらみいため、脂肪注入は難しく、そのような方にも裏ハムラ法は適しています。
ただし、目の下の凹みを埋めるだけのふくらみ(眼窩脂肪)がないといけませんので、眼窩脂肪が少なくへこみがメインの方では逆に脂肪取り+脂肪注入の方が適しています。
どんな治療が適しているかわからない方では無料カウンセリングを利用していただいてご相談いただければと思います。
内容:下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を目の下の凹みに移動させてクマを改善します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。
続きを読む

鼻尖縮小、鼻中隔延長、I型プロテーゼ 1か月後

(手術前)⇒(1か月後)
鼻尖縮小、鼻中隔延長、I型プロテーゼ 手術前 正面
鼻尖縮小、鼻中隔延長、I型プロテーゼ 1か月後 正面
鼻尖縮小、鼻中隔延長、I型プロテーゼ 手術前 右側面
鼻尖縮小、鼻中隔延長、I型プロテーゼ 1か月後 右側面
鼻尖縮小、鼻中隔延長、I型プロテーゼ 手術前 左側面
鼻尖縮小、鼻中隔延長、I型プロテーゼ 1か月後 左側面
鼻尖縮小、鼻中隔延長、I型プロテーゼ 手術前 下から
鼻尖縮小、鼻中隔延長、I型プロテーゼ 1か月後 下から
今回のお客様は鼻先を高く細くしたいとご来院されました。
同時に鼻筋も通したいとプロテーゼも希望されていました。
イメージが画像を見せていただくと鼻先の高さはかなりしっかりめをご希望のようでした。
軟骨移植ではなかなかイメージほど高さを出せない可能性があり、今回は鼻中隔延長をおこなって鼻先に高さを出すことになりました。
ちなみ鼻先を1,2㎜ほど高くしたい場合には軟骨移植を、2,3㎜以上高くしたい場合には鼻中隔延長をおすすめしています。

鼻中隔延長では、鼻の穴の間を仕切る板状の鼻中隔軟骨に移植軟骨を重ねて鼻中隔を延長します。
延長した軟骨に鼻先の鼻翼軟骨を伸ばしてに固定して鼻先に高さをだしたり伸ばしたりします。
鼻中隔延長図図は鼻中隔をくりぬいていますが、鼻中隔が弱くならないように今回の方は耳介軟骨を使用しています。
延長する方向を変えることで高さを出す方向は調整することができます。
鼻先の軟骨を鼻中隔にしっかり固定することで高さを出しやすく、後戻りも減らすことができます。
ただし、鼻先が固定されることで鼻先に硬さが出やすい、鼻先の曲がりのリスク・鼻閉などのリスクがあります。
また、オープン法で行いますので鼻柱に傷がつきます。

術後の画像を見ていただきますが、正面から見ると鼻尖縮小で鼻先が細くなったのと、鼻先に高さが出たことで鼻の穴がやや目立ちにくくなりましたね。
プロテーゼを入れていますので鼻根を中心に鼻が高くなり鼻筋が通りました。
次に側面像を見ていただきますと、鼻先がすっと高くなったのがよくわかりますね。
今回の方は鼻先を3㎜高くしました。
あらかじめ写真からシュミレーションの型紙を作っており、このように術中に鼻先の高さを確認しています。鼻中隔延長シュミレーションの型紙プロテーゼも合わせたことで鼻根に高さもでてお鼻全体のバランスが良くなりました。
下からの画像を見ていただくと鼻先が細くなって高さが出たのがわかりますね。

鼻中隔延長は軟骨移植に比べるとややリスクをとって高さを出していく手術です。
鼻先をしっかり高くしたい方にはおすすめです。
内容:鼻の穴を切開してシリコンプロテーゼを入れることで鼻筋を通し鼻根を高くします。
料金:157,080~234,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血、ズレのリスク
続きを読む

二重埋没法(もとびアイゴールド) 3か月後

(手術前)
(3か月後)
今回の方はもともと一重の方で二重にしたいとご来院されました。
戻りにくくしたいとのことで、二重をまぶた全体で支えるもとびアイゴールドをおこないました。
もとびアイゴールド 二重埋没法 断面もとびアイゴールドは図のように1本の糸でしっかり二重を連結させる方法です。
まぶた全体で二重を支えますので安定した二重ができやすいです。
結び目も1個ですのでポコつきのリスクも少ないです。
何かあったときに抜糸も点止めなどに比べしやすい埋没法です。
戻りにくい二重埋没法をご希望の方にお勧めです。

3か月後の画像では、一重だったまぶたが二重になって目元がぐっと明るくなりましたね。
二重になるとまつ毛も見えやすくなり、目の開きも良くなって目が大きくもなります。
今回のような自然な二重幅なら埋没法がおすすめです。
内容:きらずに糸で二重を作ります。糸はまぶたの中に埋没されます。
料金:175,560~250,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血、ゴロゴロ感。後戻りのリスク
続きを読む

鼻尖縮小(3D法)、鼻翼縮小(内側法・FLAP法) 6か月後

(手術前)⇒(半年後)
今回のお客様は、団子鼻をすっきりさせて小鼻も目立ちにくくしたいとのことで来院されました。
鼻がやや垂れ鼻気味で高さが低く、鼻尖縮小は3D法で鼻先の高さを出しつつしっかり細くすることになりました。
また、小鼻(鼻翼)縮小は内側法をおこなって外側に傷をつけずに小鼻を小さくすることになりました。

術後は鼻先がぐっと細くなりましたね。
3D法はこのように鼻先を細くする効果は高いです。
小鼻の幅も鼻翼縮小で狭くなり、全体にお鼻が小さくなりました。
側面像で見ると、やや垂れ鼻気味だった鼻先が3D法をおこなったことで鼻先が上がり、高さも出ています。
3D法は高さを出したい方や鼻先をやや上げて見せたい方に適しています。
下からの画像では、鼻先が細くなったのがわかりやすいですね。
小鼻の底の幅も狭くなって小鼻の幅が小さくなり、鼻の穴も縦長になったのがわかります。

鼻先は細くなり、小鼻の幅も狭くなり、側面像では鼻先に高さも出て、全体にお鼻がすっきりして整ったのではないかと思います。
内容:鼻の穴を切開し、軟部組織を除去、軟骨を形成して団子鼻を改善します。
料金:278,630~367,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。鼻尖上部に厚みが出るリスク。
続きを読む

二重埋没法(もとびアイプラチナム)、目頭切開(Z形成) 6か月後

(手術前)

(6か月後)
今回のお客様はもともとアイプチをして二重を作っていました。
二重を安定させたいとご希望され来院されました。
また、末広型で、内側の幅は少し出して目を大きくしたいとご希望がありました。

今回は、まず二重埋没法でアイプチのラインを安定させます。
まぶたはやや厚めでシュミレーションで二重の付きにくさがやや見られたため、戻りにくいもとびアイプラチナムを行うことにしました。
あとは、内側の二重幅を少し出しやすくしたい、目を大きくしたいとのことで、目頭切開のZ形成を行うことになりました。
蒙古ひだはそれほど強くないので、普通に行えば末広であまり平行にならない感じでしたし、若干目を大きく見せる効果があります。

半年後の画像を見ていただくと、二重幅が広く安定しましたね。
術前に少しあった蒙古ひだのツッパリは取れてやや目の幅が広くなりました。
涙丘という目頭の赤みが術後はより見えやすくなったがのわかります。
眼間は術前よりやや狭くなり、そのぶん目の印象が大きくなっています。
二重が広くなり目の幅も出て全体に目が大きく明るくなりましたね。
内容:きらずに糸で二重を作ります。糸はまぶたの中に埋没されます。
料金:212,440~303,490円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血、ゴロゴロ感。後戻りのリスク
続きを読む

強力小顔3点セット 1年3か月後

(手術前)⇒(1年3か月後)
強力小顔3点セット 手術前 正面
強力小顔3点セット 1年3か月後 正面
強力小顔3点セット 手術前 右斜め
強力小顔3点セット 1年3か月後 右斜め

今回のお客様はホホのふっくらが気になる、小顔にしたいと来院されました。
お顔はいわゆる下膨れ気味で、全体にふっくらしていました。
口横のボリュームが多くバッカルファットは多そうです。
あとは、ホホに皮下脂肪の厚みも見られ、ホホやアゴ下の脂肪吸引をおこなうとフェイスラインがすっきりして小顔効果を出せそうでした。
また、エラの筋肉の厚みもそこそこ厚かったためエラボトックスも効きそうです。
それぞれに対してはバッカルファット除去、ホホ・アゴ下脂肪吸引、エラボトックスの治療があります。
それぞれ大変効果の高い治療で、その3つを組み合わせてお安くなったセット、”強力小顔3点セット”を今回おこなうことになりました。

術後の症例写真は1年3か月なので手術の効果はもうすでに完成してなじみ切っている時期です。
術後h別人のようにホホのふっくら・下膨れ感がなくなりましたね。
フェイスラインがすっきりとしてしっかり小顔効果が出ています。
斜めからの画像ではフェイスラインの上下のホホ・アゴ下の脂肪が減ったことでフェイスラインがはっきり出るようになりましたね。
エラボトックスは1年以上たっているのである程度戻ってきてはいるかと思いますが、バッカルファット除去・脂肪吸引のしっかりした効果によりお顔がすっきり保っています。
バッカルファットや皮下脂肪などの脂肪は除去すれば再生されることはありませんのでこのように効果はしっかり長持ちします。
フェイスラインがすっきりすると美人オーラが出ます。
半永久にオーラを保つことができますので、お若い方で脂肪のボリュームが多い方にはお勧めです。

強力小顔3点セットの効果が出る部位強力小顔3点セットは上図の咬筋・バッカルファット・皮下脂肪などフェイスラインの主なボリュームを
をすべてしっかり減量する手術です。
バッカルファットも、皮下脂肪もエラの咬筋もすべて厚みがある方は多くはないですが、今回のように強力小顔3点セットが非常に効果的ですし、セットでお安くなっていますのでおすすめです。

内容:咬筋にボトックスを注射して咬筋を委縮させ小顔にします。
料金:21,780~92,400円(税込)
リスク:一時的な内出血。ホホがこけている人は強調されるリスク。
続きを読む

目の下クマとり(裏ハムラ) 1か月後

(手術前)
目の下クマとり(裏ハムラ) 手術前 (1か月後)
目の下クマとり(裏ハムラ) 1か月後
(手術前 左斜め)目の下クマとり(裏ハムラ) 手術前 左斜め (1か月後 左斜め)
目の下クマとり(裏ハムラ) 1か月後 左斜め今回のお客様は目の下のクマを気にされてご来院されました。
目の下の眼窩脂肪のふくらみと、その下にへこみがあります。
左は眼窩脂肪でうっ血してやや赤ぐまもあります。
今回は裏ハムラ法で目の下のクマを改善させることになりました。

手術1か月後の正面像を見てください。目の下のクマが改善してすっきりしましたね。
裏ハムラ法は目の下の凹凸は改善しますが、色味は改善できないのでやや目の下の色味の癖は残っています。
ただ、くまがぐっと改善したので疲れた感じが減って目の印象が若々しくなりました。
クマが減れば10歳ほど若く見えるようになります。
次に左斜めのbefore-afterを見てください。
目の下のふくらみ減って、目の下のへこみが埋まりフラットになったのがわかりやすいですね。
目元がだいぶすっきりとしています。

裏ハムラ法は、瞼の裏側を内側から外側全体に切開して目の下を剥離し、目の下の脂肪のふくらみを目の下のへこみに移動させて凹凸をフラットにする手術です。
脂肪注入のようにお腹などから脂肪を持ってくる必要がありませんので目の下だけで完結する手術です。
目の下だけで完結させたい方、痩せていて吸引する脂肪が少ない方に向いている手術です。
ただし、目の下の眼窩脂肪のふくらみが目の下のへこみを埋め切れるくらいの量がないと裏ハムラはできません。

裏ハムラ法は傷は皮膚側につきませんが、目の下を広範囲に剥離します。
また、瞼の裏側からの手術は視野が狭いため、視野を広げるため筋鈎で引き上げたりるすので、脂肪取り+脂肪注入の手術に比べるとでダメージが強く腫れが出やすいです。
ダウンタイムは1~2週間くらいで見ていたいただく必要があります。
ちなみに今回のお客様の1週間後の画像です。
(1週間後)
まだむくみは残ります。
ただ、ぱっと見は不自然ではありませんね。
最低ご都合は1週間以上はとっていただく必要があり、できればダウンタイムは2週間は見ていただくとよいでしょう。
内容:下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を目の下の凹みに移動させてクマを改善します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。
続きを読む

上まぶたのたるみとり(眉下切開) 6か月後

(手術前)
上まぶたのたるみとり(眉下切開) 6か月後(6か月後)
上まぶたのたるみとり(眉下切開) 手術前今回のお客様は眼科を受診して眼瞼下垂を指摘されました。脂肪もとった方が良いと言われたそうです。
確かに眼瞼下垂はありますが、上まぶたにたるみがありました。
この状態で眼瞼下垂をおこなうと、たるみはかえって強調されてしまうため眼瞼下垂の改善が弱いか、二重に不自然さが出てしまう可能性があります。
ですので、今回はまず眉下切開をおこなって上まぶたのたるみを除去することになりました。

半年後を見ていただくと上まぶたのたるみが減ったことで黒目が大きく見えるようになりました。
目が全体に明るい印象になりましたね。
目と眉が近づいて目元のバランスも良くなりました。
脂肪もとった方が良いといわれたそうですが、それは逆にやってはいけないことだと思います。
術前はややくぼみ目で脂肪をとるとくぼみ目が悪化してしまいます。
くぼみ目が悪化すればかえって眼瞼下垂も悪化することもあります。
今回上まぶたのたるみがとれたことで自然なご自身の本来の目元になりました。
この後にご希望があれば二重術や眼瞼下垂の手術を行えばさらに明るい目元になるかと思います。
実際の今回の方も後日二重術をおこなって目を大きくしています。
たるみがある方では眉下切開⇒二重術の順番でおこなうと自然で無理ない二重を作ることができます。
内容:眉毛の下の皮膚を切除することで目の上のたるみを除去します。
料金:264,060~311,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが眉下に傷が残る。
続きを読む
1 2

プロフィール

西尾 謙三郎 医師
院長 西尾 謙三郎 医師
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。
[プロフィール詳細]

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧

最新のブログ記事

月次アーカイブ

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

当院では無料カウンセリングを実施しています

  • どの施術が自分に合っているの判断できない
  • 悩みがあるけど、どんな風に直せばいいか
    わからない
  • 生活への影響、施術のリスクが心配

経験豊富なスタッフが対応いたします

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧
お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2022年 10月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら