院長ブログ | もとび美容外科クリニック新宿院

院長ブログ 院長ブログ

2019.04.25

鼻尖縮小、軟骨移植、ストラット 1ヶ月後 施術症例 , , 鼻尖縮小 , 鼻尖軟骨移植

(手術前)⇒(1ヶ月後)

正面 術前 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植正面 1ヶ月後 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植   

左側面 術前 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植左側面 1ヶ月後 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植

下から 術前 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植下から 1ヶ月後 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植

鼻先が気になるとのことで、鼻尖縮小をおこなって鼻先を細くし、耳介軟骨移植を鼻先に載せることで下方に鼻先を延長しました。

ただ、鼻翼軟骨が小さい方で、軟骨を単に載せるだけでは土台の鼻翼軟骨が沈み込んで高さが出ないため、耳介軟骨を余分に持ってきてストラット(支柱)を立てて土台を強くして高さを出やすくしました。

鼻先が細くなり、高さも出て全体のバランスが良くなりました。

側面像では鼻先が斜め下方に伸びたのが分かります。

下から見た画像でも鼻先の変化が分かりやすいです。

また、上からも見てみると、鼻先が細くなっては高さが出たのが分かります。

上から 術前 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植上から 1ヶ月後 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植

上からの画像は鼻先の形の変化が分かりやすいですね。

お鼻にメリハリが出て印象が良くなったかと思います。

 

どれくらい変化したかを解析してみると、、、

色変化 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植

1.8㎜程鼻先ほど鼻先の高さが延長しました。

そこそこの変化かと思います。

 

内容:耳介軟骨を採取して鼻先に移植することで鼻先を高くしたり延長したりします。

料金:236,300~278,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。耳の裏に傷ができるリスク。

2019.04.19

ミントリフトミニ 1週間後、1ヶ月後 施術症例 , 若返り , ミントリフトミニ

(手術前)→(1ヶ月後)

正面-手術前 ミニフレックス10本20正面-1ヶ月後-ミントリフトミニフレックス10本20 

右側面-手術前 ミントリフトミニフレックス10本右側面-1ヶ月後 -ミントリフトミニフレックス10本

左側面-手術前 ミントリフトミニフレックス10本左側面-1ヶ月後 ミントリフトミニフレックス10本

ミントリフトミニという強力なトゲのついた糸を片側5本、合計10本入れてリフトアップしています。

フェイスラインのたるみが引きあがって口元やフェイスラインのもたつきが改善しましたね。

たるみが引きあがった分ホホの凹みにもボリュームが出て、フェイスラインが卵型に近づくことでお顔の輪郭も若々しくなりました。

側面ではアゴ下のたるみも改善したのもわかります。

3D画像で術前後のボリュームの変化を確認すると、マリオネットライン付近のたるみが引きあがってボリュームが減り、ホホ骨下の頬の凹み部分にボリュームが出たのが分かります。

色変化 右斜め 1ヶ月後ミントリフトミニフレックス10本20色変化 右斜め 1ヶ月後-ミントリフトミニフレックス10本20

(青い部分がボリュームが出た場所、黄色い部分がボリュームが減った場所です。)

ちなみに、ホホ骨の下の凹み部分はリガメントなどが付着して硬く、年齢と共にへこんで老ける部分です。

術前のデザインの際に印をつけておき、凹み部分はあえて糸を深い位置に通すひと手間を加えることで持ち上げてボリュームを出します。

ホホの凹みが持ち上がると卵型の若々しいフェイスラインになり、フェイスラインもよりシャープに見えるようになります。

 

ちなみに1週間後の画像です。

正面-1週間後-ミントリフトミニフレックス10本20

それ程腫れは目立たず、フェイスラインがすっきりしているのが分かります。

ミントリフトミニはほとんど腫れなかったと喜ばれる方も多いです。

ただし、2,3日はこめかみ付近の腫れなどは見ていただいてご都合をつけていただくと良いかと思います。

 

ミントリフトミニは強力なトゲを360度コイル状に配置することで、お顔のたるみ全体をがっちりと支えてリフトアップします。

糸の中でもかなり強力な糸になります。

ミントリフトミニ-コグらせん

通常、フェイスラインを上げる際には、側頭部の髪の毛の中を1か所針で穴をあけてそこからフェイスライン方向に片側5,6本糸を入れて引き上げます。(ほうれい線上をリフトアップする方はほうれい線方向に片側2,3本入れます。)

糸は1,2年かけて吸収されますので、長く保ちやすいです。   

溶けた後もコラーゲンに置き換わってお顔を支え続けて、4,5年はたるみの進行を遅らせてくれるといわれています。

HIFU(ハイフ)と組み合わせておこなうとよりリフトアップ効果を高めることができます。

切らずにしっかりリフトアップしたい方には、ミントリフトミニ+ハイフがおすすめです。

内容:トゲのついた糸を挿入してたるみをひっかけてリフトアップします。

料金:36,000円/本~

リスク:一時的な凹凸、腫れや内出血、違和感のリスク

2019.04.19

第107回日本美容外科学会に参加してきました。 院長

第104回日本美容外科学会(JSAS)に参加していました。

第107回日本美容外科学会

赤坂で行われた第107回美容外科学会に参加していました。

眼瞼下垂や埋没法、鼻の手術、その他修正などについて再確認と新たな学びを得ることができました。

これからの診療に役立てていきたいと思います。

 

また、今回の懇親会はすごくお金がかかっている感じのバブリーな懇親会でした。

良い経験になりました。

 

今後も学会やセミナーなどありましたら積極的に参加して勉強していきたいと思っています。

2019.04.12

切らないタレ目 手術直後、1週間後、1ヶ月後 施術症例 , , 切らないたれ目

(手術前)
DSC00702目

(1ヶ月後)

DSC02213目

つり目気味の目を気にされて、たれ目にしたいとのことでご来院され、切らずにたれ目にしたいとのことで切らないたれ目をおこないました。

1ヶ月後は目の下外側のラインが下がって目の下のラインが下に膨らんで下がったのが分かります。

右の方がもともとつり目でしたので、右をしっかりめに下げてバランスをとっています。

目の下のラインが下がると、目の下にボリュームが出やすくなります。

施術後は涙袋が目立ちやすくなりましたね。

 

切らないタレ目は糸で下げる手術ですので後戻りがある程度あります。

ですので、施術直後はしっかり目に下げますので、目の下のラインがカクッとなって、最初はちょっと不自然な感じになります。

(手術直後)

DSC00706目

もちろんこれはなじんで戻っていきます。

通常1週間くらいで不自然さはあまり目立たなくなります。

(1週間後)

 DSC01021目

切らないタレ目は腫れにくい施術ですが、最初は後戻りを見越してしっかりめで下げるためラインの不整な感じがあり、ダウンタイムは1週間ほど見ていただくとよいです。

 

切らないタレ目は文字通り切らずに糸で目の下のラインを下げてタレ目にする方法です。

メリットとしては

①ダウンタイムが短い

②気に入らなければ抜糸して戻すことができる

③切らないので傷が残らない

が挙げられます。

思われるより長持ちして保つ方も多いですし、当院でも人気の施術の一つです。

 

また、タレ目術は目尻切開と併用するとより効果的と言われています。

目尻切開+タレ目

目尻切開をこなうと目尻側が上下に開きやすくなり、タレ目の効果が出やすくなります。

また、タレ目術で目の下が引き下げられると目尻切開の効果も出やすくなり、後戻りもしにくくなります。

隠れていた目尻側の白目が大きく露出するようになり、デカ目効果もしっかり出やすくなります。

タレ目術をお考えの方で目尻切開の余裕がある方では、同時に行うことをおすすめします。

内容:下まぶたの裏側を糸で縫い縮めることで切らずにタレ目にします。

料金:128,000~148,000円

リスク:一時的な腫れ、内出血、1週間程はラインがカクっとしやすい。戻るリスク。

2019.04.7

もとびアイプラチナム(しっかり目で結紮) 手術直後~3ヶ月後  施術症例 , , 埋没法

(手術前)

DSC00556目

(3ヶ月後)

DSC03090目

二重にしたいとご希望されて来院されたお客様でしたが、くぼみ目なので二重のラインがつきにくそうな方でした。

くぼみ目だとくぼみより下の二重のラインが不安定になってしまいます。

通常の埋没法だとラインが弱く、不安定になる可能性がありました。

ですので、連結がしっかりして戻りにくいもとびアイプラチナムで二重をしっかり癖付けしていくことになりました。

もとびアイプラチナムは二重をした図のように編み込んで連結を強くして二重を強固にする埋没法です。

もとびアイプラチナムj

まぶたの表と裏の連結が強いほど二重が取れにくくなります。

また、1本の糸でまぶた全体を支えることでよく動くまぶたでも安定したラインを保つことができます。

もとびアイプラチナムでは結び目を裏側から埋没することで目を閉じたときに、結び目がポコッとなるリスクを減らしますので長期的にばれにくくなります。

さらに、1本の結び目でまぶた全体の糸のテンションを微調整できますので、無駄な腫れを抑えてしっかり戻りにくい二重にすることができます。

バランスの良い埋没法ですので大変人気です。

 

ただし今回は、くぼみ目に負けないようにしっかり二重をつける必要があるため、糸のテンションを少しきつめにして深く戻りにくい二重を作るようにしました。

まぶたの状態やご希望に応じてテンションを調整できるのがもとびアイの良い点でもあります。

 

しっかりめで結紮したもとびアイの手術直後からの経過を見ていただきましょう。

(手術直後)

DSC00563目

(1週間後)

DSC00942目

(1ヶ月後)

DSC01478目 

(3ヶ月後)

DSC03090目

テンションはしっかりめで結びましたので1週間目でもやや幅は広くなっていますが、1ヶ月もするとかなりなじみました。

3ヶ月ではほぼ完成で、しっかりと安定したラインが出ています。

くぼみ目も改善していますね。

 

まぶたが厚い方や、幅広の二重を希望される方などでは二重のラインがつきにくいので、しっかり二重を連結させて腫れもコントロールしやすいもとびアイはおすすめの埋没法です。

内容:きらずに糸で二重を作ります。糸はまぶたの中に埋没されます。

料金:9,800~298,000円

リスク:一時的な腫れや内出血、ゴロゴロ感。後戻りのリスク

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP