院長ブログ 院長ブログ

2018.05.26

クレヴィエルコントア(鼻根) 処置直後 施術症例 , , 鼻根 , プチ整形鼻

DSC04143正面DSC04156正面

DSC04146右側面DSC04153右側面

DSC04148左側面DSC04155左側面

自然な感じで鼻筋を整える程度にクレヴィエルコントアを注入しました。

正面から見て鼻筋が少しはっきりしましたね。

また、側面から見ると施術前は若干のハンプがあって鼻筋に凹凸がありましたが、施術後はまっすぐにすっとラインが整いました。

お客様のご希望通り自然な感じで鼻筋が整ったと思います。

クレヴィエルコントアは架橋剤などの不純物が少ないため直後の腫れも少ないヒアルロン酸です。

関連するコラム

2018.05.22

ミスコ(MISKO)8本 1週間後 施術症例 , , 鼻先(切らない方法)

(手術前)⇒(1週間後)

DSC04058正面DSC04308正面

DSC04057左側面DSC04307左側面

DSC04054右ナナメDSC04304右ナナメ

MISKOを8本正面方向に4本、下方に4本挿入しました。

軟骨移植をしたように鼻先が斜め下方に延長しましたね。

従来は鼻先を高くしたり伸ばすためには手術を行う必要がありましが、ミスコはとげのある糸を挿入することで鼻先を高くすることができます。

半年ほどで糸は溶けて効果はなくなってしまいますが、切らずに針だけで糸を挿入するため、手術をしたくない方やお試しで鼻先を高くしたい方には人気の施術です。

 

関連するコラム

2018.05.20

鼻翼縮小(内側法+外側法) 手術直後、3ヶ月後 施術症例 , , 小鼻

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC03936正面DSC06456正面

DSC03938下からDSC06459下から

DSC03934左ナナメDSC06452左ナナメ

DSC03932右ナナメDSC06454右ナナメ

もともと小鼻に丸みと幅のある方でした。

小鼻の外側を切除することで小鼻の外周が短くなり小鼻の丸みが減り、小鼻の内側を切除することで、小鼻の幅が狭くなりました。

小鼻が全体に小さくコンパクトになって、鼻全体の印象が目立ちにくくなりましたね。

 

ちなみに、手術直後の状態も参考に見ていただきます。

(手術直後)

DSC03948正面DSC03946左ナナメDSC03944右ナナメDSC03950下から

このような感じで抜糸するまでの1週間は黒い細い糸で縫ってあり、メイクはできませんので1週間はダウンタイムとしてご都合をつけていただく必要があります。

当院の内側法では組織を切除せずにフラップを作って左右に橋渡しをし後戻りのリスクを減らします。

また、内側法と外側を同時に行うと小鼻の土台ごと移動するため、術後の戻りをぐっと減らすことが可能になりました。

手術直後と3ヶ月後を比べるとあと戻りが少ないことがわかります。

小鼻縮小の効果をしっかり出したい方で、小鼻の幅が広く丸みがある方では鼻翼縮小(内側法+外側法)がおすすめです。

2018.05.18

日本美容外科学会(JSAS)に出席・発表をおこないました。 院長

昨日、一昨日とお休みをいただいて品川で行われていた日本美容外科学会(JSAS)に出席していました。

2018年JSAS

いろいろと気づきもあり今回も大変勉強になりました。

 

今回の学会では私もヒアルロン酸の注入やリスクに関して発表を行いました。

2018年JSAS発表

学会で発表 するとこちらも大変勉強になります。

シンポジウムにも参加しました。

シンポジウム

緊張しましたが、いつもと反対側からの景色を見るのは良い経験になります。笑

 

今後も学会発表できるように勉強・準備していきたいと思います。

 

今回の学会で学んだことを今後の診療でしっかり生かしていきたいと思っています。

2018.05.15

鼻尖縮小、軟骨移植 1ヶ月後 施術症例 , 鼻尖 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC03982しょうめんDSC04897正面

DSC03989下からDSC04899下から

DSC03983右ナナメDSC04893右ナナメ

DSC03984右側面DSC04894右側面

鼻先を整えたいとのことで来院され、鼻先を整えてアップノーズを改善したいということで鼻尖縮小と耳介軟骨移植を行いました。

軟骨はもともとしっかりしていて、皮膚もそれ程厚くない方でしたので鼻尖縮小は3D法でなく通常の鼻尖縮小で行いました。

鼻先が細くなり、下方に延長したのがわかりますね。

1ヶ月目なのでもう少し経過を見るともう少しなじんで自然になります。

関連するコラム

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP