サイト内検索

院長ブログ西尾 謙三郎

裏ハムラ 3ヶ月後

裏ハムラ 3ヶ月後の画像です。
(手術前)⇒(3ヶ月後)
IMG_1933目の下1
DSC01415目の下
裏ハムラは、まぶたの裏からアプローチして目の下のクマを改善する手術ですので、傷が外に見えることはありません。
術後3か月なのでほぼ完成に近い状態です。
クマが改善して若々しくなったのが分かりますね。
術後1ヶ月は傷が治ろうとしてコラーゲンが最もふえますので、張りが出て、もっともクマの状態が改善しますが、 張りが落ち着くとともに、皮膚が柔らかくなって本来の状態になります。
ですので、3か月以降を一つの完成としてみると良いでしょう。
内容:下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を目の下の凹みに移動させてクマを改善します。
料金:348,000~467,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。
続きを読む

目の下くまやたるみを解消!(裏ハムラ) 1ヶ月後

傷が表に出ない目の下のクマ・たるみとり(裏ハムラ法)の1か月後の画像です。

(手術前)⇒(1ヶ月後)

IMG_1933目の下1
IMG_2302目の下

目の下のたるみやクマが解消したことで5~10歳ほどお顔の印象が若々しくなりましたね。
主な原因は、凹凸と皮膚の色調です。
凹凸の原因は下の図のように脂肪のたるみとその下のくぼみです。
back_hamura-01

手術では皮膚の色調は直接的に治せませんが(手術をすることで皮膚の再生がうながされてある程度は改善できます)、 凹凸は脂肪を処理することで治すことができます。
通常、目の下の凹凸を改善するには、目の下の脂肪を除去して、目の下のくぼみには脂肪を注入する方法が一般的です。
ただ、お腹などの脂肪を吸引器で吸ったものを凹みに注入するので、 注入した脂肪には血流がなく、ある程度吸収されてしまいますが、その際にしこりになる方がいらっしゃいます。
目の下は特にしこりになりやすく、皮膚が薄く目立ちやすい部分ですので、リスクがあります。
そこで、裏ハムラでは、そのしこりのリスクを抑えるために、目の下の脂肪を利用して、血流のある脂肪を目の下のくぼみに再配置させることで凹凸を改善します。
???????????????????????????????
しこりのリスクをなくし、確実にきれいな目元にすることが可能になります。
ただし、移動できる脂肪量が少ない場合は脂肪注入で補わないといけない場合もあります。
このようにハムラ法は表に傷をつけず、最小限のリスクで目の下の若返りをおこなうことが可能ですので、 目の下のくまやたるみを気にされている方にはおすすめの手術です。
ただし、目の下の脂肪注入などに比べて手術に技術を要しますので、裏ハムラできるドクターは、脂肪注入しかできないドクターくらべて少なくなります。
当院は症例経験が豊富でお客様の満足度も高いので、安心しておこなっていただくことができます。


?
内容:下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を目の下の凹みに移動させてクマを改善します。
料金:348,000~467,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。
続きを読む

裏ハムラ(目の下のクマ除去) 1週間後

裏ハムラ(目の下のクマ除去)1週間後の画像です。

(手術前)⇒(1週間後)
IMG_1933目の下1
IMG_2302目の下

1週間でまだむくみはありますが、クマが改善したのがわかりますね。
クマは、たるんだ眼窩脂肪・皮膚・筋肉によるふくらみと、 深部組織としっかり結合しているくぼみ部分の凹凸が主な原因で作られます。

back_hamura-01

また、血流の悪い筋肉の色や、色素沈着などの皮膚の色調でもクマになります。
裏ハムラとは、表側に傷をつけずに、まぶたの裏から眼窩脂肪を移動させることでクマの凹凸を改善して、クマをなくす手術です。

back_hamura-02

抜糸も必要ありませんし、表を切開するほどのダウンタイムはありません。
また脂肪注入などで起こるしこりのリスクも少ないです。
裏ハムラができるドクターは限られますが、良い手術ですので目の下のクマがある方は一度ご検討されるとよいかと思います。


【pick up !】 (目元) 当院の二重プチ整形は日本トップクラスのメニュー数、症例数、クオリティーです 二重整形がばれないために。。。 二重整形がばれないために これはつらい。まぶたがこんな風に 二重整形がばれてしまう落とし穴 。修正するとこうなります。 二重埋没没法(もとびアイプラチナム) 解説 もとびアイプラチナム解説動画  症例 針穴から脂肪とり!   もとびの目頭切開について もとびの涙袋形成について 埋没法+切らないたれ目症例 裏ハムラの解説 他院修正症例 (フェイスライン) 強力小顔ボトックスはなぜよく効くのか解説・症例 (鼻) 鼻中隔延長や小鼻縮小(flap法)の症例・解説 鼻尖形成(3D法)の症例・解説 鼻尖形成+軟骨移植の症例・解説 (プチ整形) マルティプルメソッドによるヒアルロン酸注入 (脱毛) 脱毛体験しました。想像以上に良いです!
内容:下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を目の下の凹みに移動させてクマを改善します。
料金:348,000~467,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。
続きを読む

他院裏ハムラ後、修正手術 1週間後

さて、今日の症例は他院裏ハムラ後、修正手術 1週間後です。
今回の客様は、台湾で2年前に裏ハムラの手術をおこないましたが、まだ目の下のクマが気になるということでした。
ちなみに裏ハムラとは、目の下のクマ(目袋)を改善する手術です。
目の下のクマ(目袋)は、下図のように、凹凸(高低差)により影ができることでできます。
back_hamura-01
裏ハムラ法では、脂肪を移動させることで、この凹凸を改善させます。
???????????????????????????????
目の下の赤丸の眼窩脂肪を青い凹みの部分(nasojugal grooveやpalpebromalar groove)に移動させて一度に目の下の凹凸を改善させる手術です。
傷も表に出ないので良い手術だと思います。
さて、症例に戻って、 今回は、ご本人のご予算とご希望と合わせて、引き下げた脂肪はそのままに残ったふくらみの部分の脂肪を除去することにしました。
(手術前)⇒(1週間後)
IMG_0582目

IMG_0793目
手術は予想以上に癒着が強くて簡単ではありませんでした。
他院での裏ハムラのあとで、左はそこそこ改善したが右があんまり改善しなかったという言葉どおり、 左の脂肪はある程度しっかり引き下げられ残っていましたが、右の脂肪はあまり下げきれていなかった印象でした。
眼窩脂肪はしっかり膜から引きだして下げる必要がありますが、 それが不十分だったのか、結びつけが弱かったのか、脂肪が委縮してしまったのか原因はわかりませんが、 裏ハムラ法では中途半端におこなうと効果が今一つになって修正が難しくなる可能性があるのでご注意ください。
当院ではなるべくそうならないようにしっかり脂肪を引き出して十分量の脂肪をがっちり固定するように注意しています。
ちなみに干からびてしまいましたが、除去した脂肪です。
IMG_0590脂肪
無事余分な脂肪を除去して目の下のクマを改善することができました。
もし、今後くぼみが気になるようなら脂肪などを注入するのが良いかと思います。
脂肪には瘢痕の改善や組織の再生作用もありますので。。。
ところで、この修正手術は裏ハムラをおこなっていないクリニックではおこなわないことをおすすめします。
脂肪が除去できないだけでなく、ひどい内出血や腫れ、皮膚に穴が開いたりするリスクが出てきますので。。。
当院はこのような他院の修正も得意としており、患者様のご希望も含めてベストな方法でおこなっております。
カウンセリングは無料ですので、もし他院で手術したが気になるという方がいらっしゃったらお気軽にご相談ください。

【他の修正例は以下をご参考下さい】 右他院目の下脂肪注入後しこり修正(ハムラ法)  1週間⇒1ヶ月後 他院の目の下脂肪注入後のしこり除去、修正手術 1ヶ月後 【目の下のクマの解決法はこちら】 あなたの目の下のクマの原因は?|原因別の解消法
内容:下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を目の下の凹みに移動させてクマを改善します。
料金:348,000~467,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。
続きを読む

プロフィール

西尾 謙三郎 医師
院長 西尾 謙三郎 医師
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。
[プロフィール詳細]

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧

最新のブログ記事

月次アーカイブ

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

当院では無料カウンセリングを実施しています

  • どの施術が自分に合っているの判断できない
  • 悩みがあるけど、どんな風に直せばいいか
    わからない
  • 生活への影響、施術のリスクが心配

経験豊富なスタッフが対応いたします

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧
お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2022年 6月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら