院長ブログ 院長ブログ

2018.11.9

感謝のお手紙 院長

こんばんは。

感謝のお手紙とお菓子をいただきました。

感謝のお手紙
今回のお客様にはお鼻やフェイスラインなどの手術をしていただきました。

やっぱりお客様に喜んでいただけるのが一番うれしいです。

完成まで、もっとなじんで効果も出てくると思います。

 

多くの皆様に喜んでいただけるように心を引き締め直して今後も診療にあたりたいと思います。

2018.10.26

昨日今日と美容外科学会(JSAPS)に参加していました。 院長

昨日、今日とお休みをもらって日本美容外科学会(JSAPS)に参加していました。
美容外科学会

毎回、とても勉強になります。

もっと頑張らないとと良い刺激になります。

 

鼻尖形成術を行う際の、客観的で再現性の高いデザインをする方法についてや、

眉下切開の施術の工夫、

二重のまつ毛側のたるみを改善する方法、

レーザーの基礎やピコレーザーの有用性、

吸収性フィラーの新素材、

などなど色々また勉強になりました。

 

日々の診療や新治療のヒントになります。

せっかく貴重な時間をいただいて貴重な発表を聞くことができましたので今後の診療に役立てたいと思います。

2018.09.5

かん太君ビフォアアフター 院長

今日は台風一過で快晴でしたね。

新宿も夏の日差しが戻りとても日差しが暑かったです。

台風一過の新宿

最近だんだん涼しくなってきていますが、あともう少しの夏を楽しみたいものですね。

 

今日のお休みは私が小さいころ子から育てたかん太君に会ってきました。

かん太君

あいからず元気で、たくさんナデナデしました。

そしてかん太君もたくさんなついてくれました。

そんなかん太君ももう7歳。

人間でいうと私の歳を少し超えてしまいました。

犬が年をとるのは早いですね。

かん太君は赤ちゃんのころからこんなに変わりました。

before⇒after

かん太君のbefore-after

 

かん太君も私も終わりは訪れますがそれまで一日一日大事に過ごさないとですね。

2018.08.24

韓国研修 地下鉄にはガスマスクが。。。 院長

先日韓国に研修に行ってきました。

韓国カロスキル

鼻にギプス固定した人や、フェイスバンドをした人が買い物を普通にしていて韓国っぽいなぁと。

 

高周波二重で有名なナム先生と、咬筋の高周波治療で有名なパク先生にお会いしてきました。

ナム先生とパク先生と

ディスカッションしたり、施術の指導を受けたりしてとても勉強になりました。

クリニックの治療でも生かせるように頑張りたいと思います。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、韓国の地下鉄の駅にはガスマスクが備えてあります。

北朝鮮との有事の際やテロや火災の際に使用するのでしょうか。

でも数が少ないな。。。

地下鉄ガスマスク

空港でもマシンガンを持った兵士が歩いていたり、日本にはない光景ですよね。

 

せっかく韓国に来たので帰りの時間を利用して明洞を散策してからソウル駅のソウルマートでお土産を買って帰りました。

明洞

 

お土産はみんなに定番の韓国のりとハニーバターのアーモンドを買いました。

ハニーバターアーモンド

自分でも、のりはお昼ご飯のお供に、ハニーバターアーモンドはデザートとしていただいています。

おいしいので、食べすぎないようにしないと。。。

2018.05.18

第106回 日本美容外科学会(JSAS)で発表しました。 院長

昨日、一昨日とお休みをいただいて品川で行われていた日本美容外科学会(JSAS)に出席していました。

2018年JSAS

ヒアルロン酸の注入から眉下切開、切らない眼瞼下垂、そのほかの手術についてもいろいろと気づきもあり今回も大変勉強になりました。

 

今回の学会では「ヒアルロン酸注入とそのリスクと対処法について」という内容で私も発表をさせいたできました。

2018年JSAS発表

唇のヒアルロン酸の注入方法や安全な注入方法を例に挙げて、ヒアルロン酸注入全般のリスクの少ない注入法、万が一の際の対処法などについてお話しさせていただきました。

経験の浅いドクターを中心に参考にしていただき、今後の業界の発展に少しでも寄与できればと思います。

学会で発表 すると改めて今までの知識や論文などをまとめ直し、演者も復習になるため、大変勉強になります。

今後も機会を見ては発表をおこなっていきたいと思っています。

 

シンポジウムにも参加しました。

シンポジウム

始めてこのようなシンポジウムに参加させていただき緊張しましたが、いつもと反対側からの景色を見るのは良い経験になります。笑

 

今後もこのような場に参加させていただけるように勉強・準備していきたいと思います。

 

そして、今回の学会で学んだことを今後の診療でしっかり生かしていきたいと思っています。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP