院長ブログ 院長ブログ

2018.06.1

切らない鼻尖延長(MISKO、ミスコ) 1週間後 施術症例 , , 切らない鼻尖延長(MISKO)

DSC04113左ナナメDSC04317左斜め

DSC04112右側面DSC04316右側面

DSC04119下からDSC04323下から

鼻先を斜め下方向に伸ばしたいとのことでMISKOを8本挿入しました。

尾骨を支えにして下方向に4本、ANS(前鼻棘)を支えにして正面方向に4本ミスコを挿入しました。

当院では鼻の穴を切開して軟骨移植をしたり、オープン法で鼻中隔延長を行ったりすることは多いですが、どうしても切開したくないという方もいらっしゃいます。

そのような方ではあと戻りはありますが切らずに鼻先を伸ばすミスコをおすすめさせてもらっています。

関連するコラム

2018.05.22

ミスコ(MISKO)8本 1週間後 施術症例 , , 切らない鼻尖延長(MISKO)

(手術前)⇒(1週間後)

DSC04058正面DSC04308正面

DSC04057左側面DSC04307左側面

DSC04054右ナナメDSC04304右ナナメ

MISKOを8本正面方向に4本、下方に4本挿入しました。

軟骨移植をしたように鼻先が斜め下方に延長しましたね。

従来は鼻先を高くしたり伸ばすためには手術を行う必要がありましが、ミスコはとげのある糸を挿入することで鼻先を高くすることができます。

半年ほどで糸は溶けて効果はなくなってしまいますが、切らずに針だけで糸を挿入するため、手術をしたくない方やお試しで鼻先を高くしたい方には人気の施術です。

 

関連するコラム

2018.04.16

切らない鼻先延長(MISKO8本) 1週間後 施術症例 , , 切らない鼻尖延長(MISKO)

DSC01214正面DSC01395正面

 

DSC01218左側面DSC01401左側面

 

DSC01216右側面DSC01397右側面

 

ミスコ(MISKO)はトゲのついた糸を挿入して一方を骨の部分で支えることで鼻先を伸ばします。

今回の方は鼻先が低く、かつアップノーズ気味で、鼻背(下方向に)にMISKOを4本、ANS(正面方向)に4本挿入して斜め下方に鼻先を伸ばしました。

低かった鼻先が伸びてお鼻全体のバランスが良くなりましたね。

正面から見た鼻の穴の大きさも目立ちにくくなりました。

MISKOは15分ほどの施術で鼻先を簡単に高くすることができますので人気の施術です。

後戻りはありますが、鼻を切って手術するのが嫌だというかたにはおすすめです。

関連するコラム

2018.03.17

MISKO8本 1週間後 施術症例 , , 切らない鼻尖延長(MISKO)

DSC01214正面DSC01395正面
DSC01216右側面DSC01397右側面
DSC01218左側面DSC01401左側面

MISKOで簡単に鼻先が延長しましたね。
15分くらいの施術で軟骨移植や鼻中隔延長をしたような効果を出すことができます。

また、MISKOとクレヴィエルを併用することもできます。

今回の方では、プチ整形で簡単にできるヒアルロン酸(クレヴィエル)も今後おこなうとさらに鼻筋が通って全体のバランスが良くなると思います。

鼻先を伸ばす方法は手術以外に今まではあまりありませんでしたが、MISKOなどが登場したことで簡単に鼻先を伸ばすことができるようになりました。

ただし、半年ほどで効果は戻りますので長く効果を保たせたい方ではやはり手術がおすすめです。

手術は皮膚側に傷をつけずに鼻の穴から可能ですので、1週間のギプス固定期間のダウンタイムが取れれば手術が可能です。

関連するコラム

2018.01.13

即効性の切らない鼻先延長 MISKO 8本 手術直後 施術症例 , , 切らない鼻尖延長(MISKO)

(手術前)⇒(手術直後)
DSC03561正面DSC03562正面
DSC03557左側面DSC03565左側面
DSC03559右側面DSC03567右側面

直後から鼻先が延長しましたね。

切開してがっつり施術しなくても15分ほどの施術で簡単に鼻先を伸ばすことが出来ます。

鼻先に2つ針穴が開いてテープで保護しますが、48時間後からメイクでカバーが可能です。

今までは鼻先を伸ばすためには軟骨移植や鼻中隔延長などをするしかありませんでしたが、針で糸を置いていくだけで簡単に鼻先の高さを出すことが可能です。

半年で糸は溶けてしまいますので後戻りはありますが、切りたくない方、プチ整形で試したい方などにおすすめの施術です。

施術の様子を少しですが動画にしたのでご参考ください。

関連するコラム

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP