サイト内検索

院長ブログ西尾 謙三郎

コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 手術直後~3か月後

(手術前)⇒(3か月後)
コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 手術前
コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 3か月後

今回のお客様は目の下のクマ取りを希望されたのですが、目の下の脂肪を注入するためにせっかく脂肪を採取するならと法令線と口角(マリオネットライン)のしわにも脂肪注入を希望されました。

目の下のクマは、目の下の眼窩脂肪のふくらみとその下の溝(teartrough)の段差によって影ができてクマが強調されます。
なので、今回の方は、目の下のクマを改善させるために、目の下の脂肪を瞼の裏側から切除した後に、下腹部から脂肪を採取して目の下の凹みに脂肪を注入しています。
下腹部から脂肪を採取する際に、ほうれい線と口角に注入するぶんの脂肪を多めに採取しています。
そして、目の下の脂肪注入の際に、ほうれい線と口角に脂肪注入を同時におこないました。
目の下のクマを気にされる方は、ほうれい線やごゴルゴ線、口角のしわも同時気にされている方も多く、そのような方では、ついでにしわの改善もできますので、今回の方のように同時に他のしわに脂肪注入をおこなうことをおすすめします。

3か月後の画像を見ますと、目の下のクマがしっかり改善したのはもちろん、ほうれい線やマリオネットラインも浅くなって目立ちにくくなったのがわかりますね。
全体にお顔の印象が10歳以上若返ったかと思います。

ほうれい線はただ脂肪を注入しても改善は弱いので、当院では、注入の際は注入針でしっかりほうれい線の下の結合組織を剥離して空間を作って、そこに脂肪を注入することでしっかりほうれい線を改善するようにしています。
目の下の脂肪は比較的生着しやすいですが、ほうれい線や口角のしわはやや減りやすく、人によっては再注入が必要になることはありますが、しっかり剥離して注入しますので、ある程度は必ず浅くなってくれますので、1回で満足する方も多いです。

さて、3か月後の画像を冒頭で診てもらいましが、ダウンタイムを気にされる方もいらっしゃると思うので手術直後と1週間後の画像も見てもらおうと思います。

(手術直後) コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 手術直後 手術直後はこのように針孔を保護するためにテープがついています。
1日たったら外していただきます。当然針穴なので針穴の傷は残らずなくなります。
直後はややむくんでいますが、直後から凹みはちょうど良い感じで埋まっていますね。
むくみは翌日がピークで4,5日したらかなり落ち着きます。
内出血は3日後くらいから黄色く(一部紫色に)ではじめて、1,2週間で消えていきます。

1週間後の画像です。
(1週間後)
コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 1週間後 黄色く目の下など色が残っていますが、メイクでカバーできる範囲かと思います。
ダウンタイムは1週間で見てもらっています。
ほうれい線や口角付近の皮膚は厚いので、内出血は目立ちにくい部位です。
今回の方はほうれい線や口角付近の内出血はあまり目立っていませんね。
ただ、剥離をするので人によっては紫色に内出血が強く出ることもあります。
その際はメイクでカバーしていただければと思います。

もう一度3か月後の画像を見てもらいます。
(3ヶ月後)
コンデンス脂肪注入(ほうれい線、マリオネットライン)、目の下くまとり 3か月後 3か月後は当然内出血もなく、むくみも落ち着いてかなりなじんでいます。
目の下も、ほうれい線も、口角も全体に影が減って若々しい印象になりましたね。

脂肪注入はヒアルロン酸などに比べて長持ちもしやすく、目の下のクマを気にされている方は、ついでに改善ができますので、ほうれい線など気になる方は是非お考えになってください。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 手術直後~3か月後

(手術前)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 手術前 (3か月後)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 3か月後 今回のお客様は目の下のクマが気になるとご来院されました。
眼窩脂肪のふくらみと、その下の凹みが相まって目の下のクマが目立っていました。
目の下にたるみもある状態でしたので、ハムラ法で皮膚切除を同時におこなうのも手ですが、そこまでしなくてもある程度のたるみであれば、脂肪取り+脂肪注入だけでクマはきれいになります。
今回の方も、切らずに脂肪取り+脂肪注入を希望されて目の下のくまとりをおこないました。
目の下の脂肪取り+脂肪注入であれば、表に傷はつきませんし、ダウンタイムも1週間くらいでそれほどダメージも強くない手術ですのでやりやすいです。

それでは術後の画像を見てください。
まず、目の下の脂肪をまぶたの裏側から除去したことで、膨らみが取れましたね。
あとは、目の下の凹み(teartrough)には下腹部から吸引した脂肪を注入したことでへこみが埋まってフラットになりました。
目の下のクマがなくなって目元がすっきりしました。
10歳ほど若返ったのではないかと思います。
注入する脂肪は遠心分離機で濃縮して不純物を飛ばして幹細胞の濃度を高くしてから注入します(コンデンス脂肪注入)。
そうすることで注入した脂肪の生着率が上がり、しこりのリスクを減らすことができます。

目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入の経過がわかるように、今回の症例の方の手術直後から3か月目までの画像を見ていただきます。
(手術前)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 手術前
(手術直後)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 手術直後 手術直後は脂肪を注入する際に使った針孔を24時間テープで保護してもらっています。
手術直後から腫れも少なく、目の下のクマがちょうどよい感じで改善しています。
脂肪が吸収されるからと言って多めに注入するのは最悪で、しこりのリスクが高まってしまいます。
基本的には、目の下の脂肪はかなり生着しやすいので、術直後にちょうどへこみが落ち着くように注入していきます。
もちろん、2か所からの分散注入で、水玉状に注入脂肪を積み重ねていくことで、しこりのリスクを最小限にして、生着しやすくしています。

(1週間後)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 1週間後 1週間後は脂肪取りの内出血が少し降りてきて、目の下が一部黄色くなることがあります。
色が出ない人もいれば、もう少し濃いめに出る人もいらっしゃいます。
内出血はもう1週間ほどしたら消えていきます。
それまではメイクなどでカバーしていただいています。
色味以外はすでに自然な感じですね。
目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入のダウンタイムは1週間みてもらっています。

(3か月後)
目の下脂肪取り+目の下コンデンス脂肪注入 3か月後 3か月経つと脂肪は定着して完成に近づいていきます。
目の下はかなりすっきりしましたね。
かなり完成には近づいていますが、脂肪が完全に定着しておちつく本当の完成は1年ほど見ていただくとよいです。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 手術直後~半年後

(手術前)
目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 手術前 (半年後)
目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 半年後 今回のお客様は目の下のクマが気になるとのことでご来院されました。
目の下の眼窩脂肪のふくらみと、その下のteartroughという凹みの影がやや目立っていました。
目の下のふくらみは、下まぶたの裏側(結膜)から穴をあけて眼窩脂肪を除去して減らします。
また、目の下の凹みは、おへそから吸引管を使って皮下脂肪を採取して、遠心分離して脂肪を濃縮しておきます。
準備した脂肪を目の下に2か所の穴から、細かく分散注入して積み上げていき、凹凸を慣らしてフラットにすることになりました。
当院のメニューで言うと、目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入という施術をおこないました。

半年後の画像を見てください。
目の下の凹凸が減ってフラットになって、クマがかなり目立たなくなりましたね。
下眼瞼の皮膚は、皮膚が薄く皮下脂肪がほとんどなくすぐ下の眼輪筋が透けて、赤みや紫色が出やすい部分なので多少の色味は残りますが、凹凸が減ったことでかなりクマはかなり良くなりましたね。
目の下がすっきりして若々しくなりました。
脂肪は基本的に増殖しないので眼窩脂肪を切除したら何度も切除する必要はありませんし、目の下に注入した脂肪はかなり生着しやすく、目の下の凹みをかなり長い間改善することができます。
ただ、時間が止まるわけではないので老化はまた少しずつ進行しますが、何もしないのに比べると目の下はかなり老けにくくなり、老化を予防することができます。

さて、最後に今回の目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入の方の半年後までの経過を見てもらいます。
(手術前)
目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 手術前 (手術直後)
目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 手術直後 脂肪注入のための針穴をテープで保護していますが、1日ではずします。
(1週間後)
目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 1週間後 うっすら内出血がありますが、ほとんど腫れなど落ち着きました。
(1ヶ月後)
目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 1ヶ月後 すっかりなじみました
(6か月後)
目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 半年後 脂肪も安定してほぼ完成です。
だいぶ目の下がすっきりしたね。

このように、目の下の脂肪取り+コンデンス脂肪注入は手術直後からそれほど腫れや内出血は目立ちにくく、ダウンタイムは1週間弱なのでやりやすい施術です。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

目の下脂肪取り、目の下コンデンス脂肪注入 6か月後

(手術前)
目の下脂肪取り、目の下コンデンス脂肪注入 手術前 (6か月後)
目の下脂肪取り、目の下コンデンス脂肪注入 6か月後 目の下のクマを気にされて来院されたお客様です。
目の下に皮膚のたるみもあり、本来は目の下のたるんだ皮膚も切除するハムラ法がおすすめされるところでしたが、下まぶたが柔らかく、皮膚を切除するとアッカンベーの状態になりやすそうな瞼でした。
外反予防に、ハムラ法の際は、外側の眼輪筋を引き上げて外側の骨膜につり上げ固定しますが、今回は外反のリスクや、ご本人のご希望を合わせて皮膚は切除せずに、凹凸だけを改善させる目の下の脂肪取り+コンデンス脂肪注入を行うことになりました。
術後は半年後の画像なのでほぼ完成の状態です。
目の下のふくらみが減ってクマがなくなったのがわかりますね。
目の下の脂肪取りで、目の下のふくらみが取れたことと、ふくらみ下のへこみ部分は脂肪注入で埋めたことで、凹凸がなくなって目の下がフラットになりました。
術後は、ずいぶん目の下はすっきりとして目元が若々しくなったのではないかと思います。

目の下の皮膚にたるみがある方の場合は、目の下の脂肪取りをしてボリュームを減らすと風船がしぼむように皮膚に余りが出てしわになりやすくなり、しわやたるみが目立ってしまうリスクがあります。
ただ、目の下の脂肪取り・脂肪注入の場合は、たるみがある方でも今回の方のようにそれほどしわは強調されずに切らずにかなりきれいになる方も多いです。
なので、目の下のたるみがある方でも、切りたくない方やアッカンベーが怖い方では、目の下の脂肪取り・脂肪注入だけでもそれほどしわは出ずに目の下のクマが改善可能なケースも多いですので、脂肪取り・脂肪注入も選択肢としては悪くないかと思います。
もし、脂肪取り・脂肪注入をしたけどやはり皮膚のたるみやしわが気になるという方は、後日目の下のたるみ・皮膚を切開することも可能です。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 10ヶ月後

(手術前)
(10ヶ月後)
目の下のクマを気にされて来院された患者様です。
術前は目の下に眼窩脂肪のふくらみが目立っています。右の方が少し強いようですね。
あとは、ふくらみだけでなく、ふくらみの下にへこみに影ができています。
ふくらみとへこみの段差により影クマが目立っています。
わかりにくい方もいらっしゃると思いますので下図をご参照ください。
目の下のクマの段差 上図では、眼窩脂肪とteartroughの段差が影になってクマが目立ってしまいます。
美容整形ではこの段差を改善させることで目の下のクマを治すことができます。
また、目の下の赤クマや茶くまなど皮膚自体に色味がついてクマが目立つことがありますが、手術ではその色味までは取れません。
ただし、眼窩脂肪が減ることでうっ血が改善して赤・紫クマが改善したり、脂肪注入の再生作用で色味が改善する可能性はあります。

さて、今回の方は、目の下の脂肪取り・コンデンス脂肪注入を行うことになりました。
目の下のふくらみはまぶたの裏側から穴をあけて眼窩脂肪を除去します。
眼窩脂肪は内側と真ん中、外側に分かれていますが、多くの場合では内側と真ん中の眼窩脂肪を切除します。
今回の方も内側の真ん中の眼窩脂肪をしっかり切除しました。
また、お腹などから吸引管で皮下脂肪を採取して、遠心分離器にかけて脂肪を濃縮して脂肪の質を高めておきます(コンデンス)。
コンデンスした脂肪を目の下の凹みに注入します。
脂肪注入は塊で入れると血流が悪くなり生着しないばかりかしこりのリスクがありますので、当院では目の下は2か所の針孔を開けて別の入り口から小さく水玉状に分散して少しずつ脂肪をおいていくことでしこりのリスクを減らしています。
脂肪注入の分散注入のイメージ また、少しずつ注入層を変えることで、脂肪を積み重ねて、塊で注入しないようにし、無理なくへこみが持ち上がるように注入していきます。

脂肪注入そ少しずつ重ねて注入してボリュームを出す図 上記の分散注入で、脂肪に血流がいきわたりやすくなって脂肪が生着しやすくなり、目の下の凹みをきれいに持ち上げることができます。
今回の方も10ヶ月後の画像を見てもらうと目の下のふくらみとへこみが改善して目の下がフラットになりました。
クマがぐっと目立ちにくくなりましたね。
疲れた感じ、老けた感じの目元がすっきりとして、明るく若々しい印象になりました。
切除した脂肪は基本的に再生しませんし、注入した脂肪は長く生着し保ちますので効果は非常に長持ちします。
ダウンタイムは3日~1週間程度で回復も早いので、目の下のクマが気になる方にはおすすめの施術になります。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 1週間後、6か月後

(手術前)
(6か月後)
目の下のクマを気にされてご来院されました。
知人の方が、当院で目の下脂肪取り・脂肪注入をおこなってダウンタイムが少なくてよかったとのことでいらっしゃったそうです。
他院では1~2週間ほどのダウンタイムを言われるそうですが、当院ではダウンタイムは3日~1週間ほどとお話しており、早い人は3日ほどでメイクすれば問題なくなる方が多いです。
最小限の傷から確実な展開と脂肪の切除を行っております。
当院では皮膚切除も行うハムラ法や裏側からの裏ハムラ法もおこなっており、組織の剥離・展開になれておりますので、無駄な操作を加えませんのダウンタイムが短くなると考えられます。

6ヶ月経つと、腫れが落ち着くのはもちろん、脂肪の吸収も落ち着いて安定してきています。
術後の画像では凹凸クマが改善して目元がすっきりとして若々しくなったのが分かりますね。

ちなみに1週間後の画像も載せておきます。
ホホ骨に薄ーく黄色い内出血が見られますがメイクでカバーすれば問題ないかと思います。
また、若干のむくみはありますが、お仕事に行かれても全く問題ないレベルかと思います。
内出血も出ない方も多いですし、だいたいみなさんこのような経過になることが多いです。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

コンデンス脂肪注入(ほうれい線) 半年後

(手術前)
(半年後)
ほうれい線が気になるとのことでほうれい線に脂肪注入しました。
もともとほうれい線は全体的に浅い層に硬い癖・へこみがある方でした。
口横などの浅い癖には、中間層と浅層に2層に脂肪注入して癖を改善させました。
浅い層の硬い癖は深い層に入れても消えませんので浅めに入れていく必要があります。
半年後は浅い癖もしっかり改善してほうれい線がだいぶ目立ちにくくなって若々しくなったかと思います。
内容:下腹部や太ももから脂肪を採取し凹みやしわに脂肪を注入します。
料金:183260円~(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収されるリスク。
続きを読む

コンデンス脂肪注入(ほうれい線) 6ヶ月後

(手術前)⇒(6ヶ月後)
今回のお客様は、ほうれい線が気になるという方で、ほうれい線に脂肪注入をご希望されご来院されました。
半年後の画像ですが、鼻横のほうれい線の溝が埋まってほうれい線の影が目立ちにくくなりましたね。
ほうれい線はよく動く部分なので、脂肪はもう少し吸収される可能性はあります。
その場合は脂肪の追加注入をおこなって、さらにほうれい線を減らすように調整していくと良いです。
内容:下腹部や太ももから脂肪を採取し凹みやしわに脂肪を注入します。
料金:183260円~(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収されるリスク。
続きを読む

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入(目の下、ほうれい線、口角) 3ヶ月後

(手術前)⇒(3ヶ月後)
今回のお客様は目の下のたるみやほうれい線・口角のしわが気になるとのことでで御来院されました。
目の下の脂肪量は全体に多く、目袋による皮膚のたるみもあります。
目の下の脂肪取り+コンデンス脂肪注入をおこなって目の下のクマを改善させ、さらに採取した脂肪を、気にされているほうれい線や口角のマリオネットラインに注入しました。

目の下の脂肪は通常内側と真ん中の眼窩脂肪を除去しますが、今回の方はが全体にかなりの眼窩脂肪があり、外側の脂肪も除去しています。
脂肪取りと脂肪注入で目の下がだいぶすっきりとして若返りましたね。
ただ、除去した脂肪の量は多く、もともと目袋のたるみが強かったため脂肪のボリュームが減って皮膚のたるみが残り、たるみによるふくらみは少し残っています。
あとは、脂肪注入をおこなったことでほうれい線や口角の影が薄くなりましたね。
目の下のクマが改善したこと、ほうれい線などのしわが改善したことでお顔の印象は10歳以上若返ったのではないでしょうか
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 半年後

(手術前) 目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 手術前 (6ヶ月後) D目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 半年後 お若い方ですが、もともと目の下の脂肪が多く、さらにその下に凹みがあり、凹凸による目の下のクマが目立っていました。
目の下にクマがあると老けて疲れて見えてしまいます。
年齢を重ねると目袋と呼ばれる老けた目の下の袋が飛び出してきます。
今回のお客様は目の下のクマを改善させて将来目袋にならないように目の下のクマ取り手術を行いました。 

手術は目の下の脂肪取りとコンデンス脂肪注入をおこないました。
まずは目の下の脂肪はまぶたの裏側に小さい穴を開けて目の下の眼窩脂肪を除去します。 目の下の脂肪とり 目の下の脂肪は内側・真ん中・外側に分かれますが、主に内側と真ん中の脂肪を適量除去します。 目の下の脂肪 基本的には脂肪は除去すれば増えませんので長期的に目の下のクマをなくすことができます。
ただし、眼窩脂肪は目のクッションで、眼窩の奥にもあるため、少しずつ加齢でまた落ちてきて膨らみが少しずつ再発することがたまにあります。
その場合はさらに追加して除去します。  

目の下は凹凸により影ができてクマになりますが、 目袋の断面図 眼窩脂肪(ふくらみ)だけ除去するとその下の凹み(tear trough)が残って凹みクマが残ってしまうため、クマを綺麗に改善するには凹みを埋めてあげる必要があります。
今回、目の下の凹みには下腹部から管を使って採取し濃縮したコンデンス脂肪を注入することで凹みを埋めてフラットにしています。
コンデンス脂肪は遠心分離機で不純物を飛ばして脂肪を濃縮することで生着率を上げてしこりを減らす方法です。 コンデンス脂肪注入 塊で脂肪を注入するとしこりになってしまうリスクがあるため、不純物の少ない濃縮されたコンデンス脂肪を、細かく分散して少しずつ丁寧に脂肪の粒を積み重ねて凹みを埋めていきます。 目の下脂肪注入の層注入のイメージ そうすることでしこりのリスクが減りだけでなく、注入脂肪が生き残りやすくなってより生着しやすくなります。
この施術は、いかに繊細に脂肪を注入するかがとても大切なので、時間をかけて丁寧に脂肪を注入していきます。  

目の下は脂肪が定着しやすい場所ですので、注入した脂肪は定着すれば長持ちします。
人によっては注入脂肪はある程度吸収されますので、半年~1年ほどしてから再注入をするケースもありますが少ないです。
通常は1回の注入で終わってしまう方が大半です。  

さて、気になるダウンタイムですが、目の下の脂肪取り+脂肪注入は切る手術ほどの腫れたり目立ったりすることは少ないのでダウンタイムは3日ほど見ていただくと良いです。
ちなみに今回の施術の方の施術直後の画像です。
(手術直後) 目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 手術直後 目の下に脂肪を注入する針穴部分はテープで保護しているため派手に見えますが、1,2日後にテープは外していただければきれいになります。
1週間後の状態は下の画像になります。 目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 1週間後 若干のむくみはありますが、普通の人が見ても何もわからないレベルです。  

このように目の下の脂肪取り+脂肪注入はダウンタイムが比較的少なく、効果が長持ちする施術です。
目の下のクマはどんどん進行しますし、目元は目立つ部分ですので老けやすくなってしまいます。
一度施術をすれば目元は老けにくくなり、10歳ほど若返るといわれています。
目の下のクマが気になる方は目の下脂肪取り+脂肪注入はやりやすくて効果も高いのでおすすめですよ。

内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む
1 2

プロフィール

西尾 謙三郎 医師
院長 西尾 謙三郎 医師
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。
[プロフィール詳細]

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧

最新のブログ記事

月次アーカイブ

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

当院では無料カウンセリングを実施しています

  • どの施術が自分に合っているの判断できない
  • 悩みがあるけど、どんな風に直せばいいか
    わからない
  • 生活への影響、施術のリスクが心配

経験豊富なスタッフが対応いたします

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧
お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら