サイト内検索

院長ブログ西尾 謙三郎

埋没法抜糸後、二重埋没法(スマートバランス) 手術直後~3ヶ月後 閉眼も

(手術前) (3ヶ月後)
今回の症例の方は、埋没法を以前に行ったのですが、ポコ付きが気になるのと、ラインが浅くなったのではっきりさせたいとのことで、
まず以前の埋没法の抜糸を行い、その後にポコつきにくい埋没法(スマートバランス)をおこないました。
術前のぽこつきはこんな感じです。
ポコ付いた糸を抜糸して、スマートバランスでこのように糸をかけます。
結び目は瞼の裏側から埋め込むため結び目のぽこつきのリスクをなくすことができ、皮膚側の糸の通る量は最小限なので糸のぽこつきのリスクが少ない埋没法です。

手術3か月後は左右のラインが深く安定して二重がはっきりしたのが分かりますね。

ちなみに術前から3か月までの経過の流れです。
(手術前)
(手術直後)
(5日後)
(1ヶ月後)
(3か月後)
幅広めの二重なので1週間は幅が広めで菅、それ以降は腫れがぐっと引いて落ち着いていきます。

あとは、閉眼の画像を見ていただいて、術前のぽこつきと、再手術後の閉眼の変化を見てもらいます。
(手術前)
(3か月後)

以上のように、施術後二重がはっきりとしてぽこつきを改善することができ、大変満足していただきました。
内容:きらずに糸で二重を作ります。糸はまぶたの中に埋没されます。
料金:121,660~173,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血、ゴロゴロ感。後戻りのリスク
続きを読む

鼻尖縮小、軟骨移植、ストラット 3ヶ月後

(手術前)⇒(3ヶ月後)
今回のお客様は鼻の穴が目立つのが気になる、鼻先を整えたいということで御来院されました。
鼻中隔延長で鼻先を固定したくないとのご希望もありました。
もともとお鼻はアップノーズで鼻先が上向き気味のため鼻の穴が目立っていました。
今回は鼻尖縮小、軟骨移植をおこなって鼻先斜め下方に伸ばし、後戻りを少なくして効果を保つためにストラットを立てて鼻翼軟骨を強化しています。
術後は正面から見ると鼻の穴が目立ちにくくなったのが分かりますね。
側面からみると鼻先が下方に延長してアップノーズが改善したのが分かります。
鼻中隔延長をしなくても軟骨移植だけで、鼻先がある程度しっかり延長して自然感じで変化を出すことができます。
鼻中隔延長の様に鼻先が固定されて硬くなったり違和感が出たりすることもありませんし、鼻の穴の中だけの切開(クローズ法)で可能です。
内容:鼻の穴を切開し、軟部組織を除去、軟骨を形成して団子鼻を改善します。
料金:222,530~311,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。鼻尖上部に厚みが出るリスク。
続きを読む

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転術) 手術直後~3ヶ月後

(手術前)
全切開、眼瞼下垂(挙筋前転術) 手術直前 (3ヶ月後)
全切開、眼瞼下垂(挙筋前転術) 手術直後~3ヶ月後お客様は二重が不安定で二重を広くして安定させたいとのことで御来院されました。
二重の全切開と目の開きを良くする眼瞼下垂の手術(挙筋前転術)をおこなうことになりました。

二重全切開では皮膚のたるみを切除しつつ、まつ毛側のたるみを引き上げて二重をしっかり安定させました。
同時に、挙筋腱膜をしっかり引き上げて眼瞼下垂を改善させる挙筋前転術もおこなっています。

術後は二重が広くはっきりとしました。
眼瞼下垂の手術により目の開きも改善し目力がアップし、目元がはっきり明るくなりましたね。
3か月めなのでまだもう少し二重はなじんでくるかと思います。

ちなみに、手術直後から3ヶ月目の経過の画像も見ていただき、ダウンタイムの参考にしていただければと思います。
(手術直後)
全切開、眼瞼下垂(挙筋前転術) 手術直後直後は幅と食い込みは当然強いです。
左の内出血が強いぶん左の二重幅は広くなります。
(5日後)
全切開、眼瞼下垂(挙筋前転術) 5日後抜糸時の画像です。
腫れは当然残って二重幅はまだまだ広いです。
内出血も黄色や紫で目立つ時期です。
目の開きはまだ腫れや癒着のせいでまだまだです。
(1ヶ月後)
全切開、眼瞼下垂(挙筋前転術) 1ヶ月後だいぶ腫れは落ち着いて不自然さはなくなってきました。
ただ、まだ幅広で食い込みは残ります。
(3ヶ月後)全切開、眼瞼下垂(挙筋前転術) 3ヶ月後かなり腫れは落ち着いて自然になってきました。
まだ経過とともにもう少し幅や食い込みは落ち着いていきます。

二重全切開のダウンタイムは通常3,4週間見ていただきます。
まぶたが厚い方ではダウンタイムは長引きやすくなります。
そして、半年~1年かけてなじんで完成していきます。




内容:二重のライン上を切開して挙筋腱膜を下げて瞼板に固定し目の開きを改善します。
料金:437,800円~547,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。まぶたがむくみやすくなる、ドライアイが強くなるリスク
続きを読む

眉下切開 3ヶ月後

(手術前)
(3ヶ月後)
今回のお客様はまぶたが重いことを気にされており、頭痛や肩こりもあり眼瞼下垂ではないかといういうことで御来院されました。
軽度の眼瞼下垂はありましたが、奥二重でまぶたのたるみも厚みもありました。
この状態で眼瞼下垂を改善させる手術をおこなうと、さらにまぶたが厚ぼったくなり、たるみも強調され、二重も一重の様に狭くなってしまい、まぶたの見た目の厚ぼったさ・重さが悪化してしまうのが予想されました。
まずは眉下切開でまぶたのたるみや厚みを改善するのが良いと思われ、今回は眉下切開を行うことになりました。

術後は眉下切開によって二重幅が術前よりはっきり出るようになって、目元が軽く明るく見えるようになりました。
眉をあげて目を開ける癖は落ち着いたのではないかと思います。術後は眉が下がって目と眉の距離が近くなってその分目元が軽くなった感じがするかと思います。
眉で上げる癖が落ち着くと頭痛や肩こりなども改善する可能性があります。
内容:眉毛の下の皮膚を切除することで目の上のたるみを除去します。
料金:264,060~311,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが眉下に傷が残る。
続きを読む

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 3ヶ月後

(手術前)
(3ヶ月後)
目の下のクマが気になるとのことで、目の下の眼窩脂肪をとって、凹みにはコンデンス脂肪注入をおこないました。
もともとかなり凹凸が強いクマというわけではありませんでしたが、術後は目の下の凹凸がフラットに近づきクマが目立ちにくくなりすっきりしましたね。

ちなみに1週間後の画像です。。
(1週間後)
内出血は若干ありますが、メイクで隠せる程度です。
目の下の脂肪取り、脂肪注入は比較的ダウンタイムが少なくやりやすい施術です。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

二重埋没法(もとびアイゴールド) 3ヶ月後

(手術前)
(3ヶ月後)お客様は二重を広くしたいとご来院されました。
左の二重を一段広くして右は左に合わせることになりました。
3ヶ月後の画像では、左は一段広くなったのが分かります。
右は左に合ったラインになっていますね。
もともとまぶた厚みがあるので二重を広くすると厚みがやや出てしまうのはしょうがありませんが、
ご希望通りの二重幅になったかと思います。

内容:きらずに糸で二重を作ります。糸はまぶたの中に埋没されます。
料金:175,560~250,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血、ゴロゴロ感。後戻りのリスク
続きを読む

オステオポール除去の様子

先日、1年前にオステオポールを鼻先に入れた方のオステオポール除去の手術おこないました。
除去後に、鼻尖縮小を改めておこない、軟骨や軟骨膜を使って鼻先を再建します。
ちなみに、オステオポールとは、PCLという吸収される素材をソフトクリームみたいに固めてドーム状や球状、などにして鼻先に高さを出す素材です。
主に軟骨を使ったりしての手術ができない先生が行うことが多い施術です。
吸収される素材と言っても塊なのでで結局あまり吸収されず、非常に硬い素材なので形が浮いてきたり露出などのリスクがあるのであまりおすすめしたくない施術です。

お客様は1年前に鼻尖縮小とオステオポールを入れましたがあまり変化がなかったということと、オステオポールが入っているのが長期的に不安ということでした。
ですので、今回のオペは、まずオステオポールを除去し、できた空間に軟骨や軟骨膜で埋めつつ高さを出して整えることにしました。
オステオポールを除去する際はオープン法で鼻先を剥離する必要があります。
鼻先を剥離して展開した画像です。
オステオポールが入っている鼻先、オープン法の画像鼻翼軟骨の上にオステオポールがのっかっているのが分かります。
のっかっているオステオポールと除去すると、幅6㎜くらいの半球状でした。
硬さは非常に硬く、PCL素材は通常1,2年で吸収されると言われていますが、かなり吸収されずに残っているような状態でした。
皮膚の裏側は、当然オステオポールの球型に皮膚の裏側が陥没し透けていました。
こんなに硬いものがほとんど吸収されずに残っていたら、そのうち皮膚が薄くなってオステオポールの形が浮き出て来る可能性は結構あるのではないかと思います。
進行すると皮膚に赤みが出てきて、皮膚を突き破って露出してしまってもおかしくないかなという感じでした。
そもそも自然な鼻先は、鼻翼軟骨が離れていることによってtip defining pointといってある程度の幅があるもので、こんなポチっとした丸い形ではありません。
オステオポールの形は不自然ですし、浮いてしまうとなお不自然になってしまいます。

今回のオステオポールは土台の鼻翼軟骨を陥没させないように半球状で、底が平らになっていますので、鼻翼軟骨の変形が軽度だったのが不幸中の幸いでした。
球状のものの場合は鼻翼軟骨が陥没して変形します。
オステオポールを除去すると鼻翼軟骨はこのような感じで形はある程度保たれていました。
鼻尖縮小をおこなったらしき糸がありましたが、効果をきちんと出すために抜糸してもう一度鼻尖縮小し直しました。

鼻先の再建のために耳から採取した軟骨です。
鼻翼軟骨がつぶれてせかっくの移植軟骨が沈み込んで高さが低くならないように、細長い軟骨を使ってストラットいう柱を立てました。
土台を強くしたところで鼻先に軟骨を移植してオステオポールを除去した分を補って高さを出しました。


ちなみに今回のオステオポール。
動画でも解説していますのでご覧になってください。

オステオポールをやる場合は、再手術をしないといけなくなるリスクはご理解してやっていただく必要があるかと思います。
もしプチ整形ということであれば、半年ほどの効果ではありますがミスコで鼻先を高くする方が安全かと思います。
参考ミスコ
内容:鼻の穴を切開し、軟部組織を除去、軟骨を形成して団子鼻を改善します。
料金:222,530~311,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。鼻尖上部に厚みが出るリスク。
続きを読む

眉下切開 3ヶ月後

(手術前)
(3ヶ月後)
お客様はもともと一重で、まぶたの厚みが気になるとのことで眉下切開をおこないました。
眉の位置がもともと右が上がっているせいか左の方がたるみが多かったの左のたるみを多めに切除しました。
術後は少しメイクしているのでやや比較しにくくなって申し訳ないですが、たるみが減ったことで黒目が大きく見えるようになってデカ目効果が出たのが分かります。
アイラインが入っていて分かりにくいですが、まつ毛も見えやすくなったのも分かります。
厚ぼったさも少しすっきりしたように見えます。
このように一重の方でもたるみをとると目元がはっきりする効果があります。
二重にはなりたくないけど目をはっきりさせたいという方にも眉下切開はおすすめです。
もちろん二重の方にも有効ですし、目元のたるみを気にされている方皆さんにお勧めできる施術です。
内容:眉毛の下の皮膚を切除することで目の上のたるみを除去します。
料金:264,060~311,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが眉下に傷が残る。
続きを読む

目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 1ヶ月後

(手術前)
(1ヶ月後)
目の下のクマが気になるとのことで御来院されました。
凹凸のクマが強かったため、目の下の脂肪を除去してふくらみを改善させ、目の下の凹みには脂肪注入をおこなって凹みを改善させました。
脂肪は下腹部から採取し、濃縮したものを注入しています。
凹凸が同時に改善することで目の下がフラットになってクマが目立ちにくくなりましたね。
除去した脂肪は基本的に増えませんし(目の奥の脂肪がまた下垂してくることはあります)、目の下に注入した脂肪は基本的に長持ちします。
目の下脂肪とり+コンデンス脂肪注入は、わりと手軽に目の下くクマを改善して効果も長持ちする手術です。
内容:下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去し、目の下の凹みに脂肪を注入します。
料金:348,000~428,000円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血。吸収される、まれに目の下の膨らみが再発するリスク
続きを読む

クレヴィエル(鼻ヒアルロン酸) 処置直後、1週間後

(処置前)⇒(1週間後)
今回の方は、鼻筋を通して少し目を寄った印象にしたいとのことご来院されました。
もともと額から鼻根にかけての落差が少ないのであまり高くすると額からまっすぐ出る不自然な鼻になってしまいますので、自然な範囲で上がるように調整しました。
1週間後は正面から見て鼻筋が少し通って、横から見た感じも鼻根に少し高さが出たのが分かります。

ちなみに処置直後の変化です。
(処置前)⇒(処置直後)
針上があったり、むくみがありますが直後はこんな感じで、2,3日~1週間でむくみが取れて少し引き締まって完成します。
内容:クレヴィエルを鼻根~鼻背に注入して鼻筋を通し、鼻根を高くします。
料金:54,800円(税込)
リスク:一時的な内出血。吸収されるリスク。
続きを読む
1 2

プロフィール

西尾 謙三郎 医師
院長 西尾 謙三郎 医師
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。
[プロフィール詳細]

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧

最新のブログ記事

月次アーカイブ

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

当院では無料カウンセリングを実施しています

  • どの施術が自分に合っているの判断できない
  • 悩みがあるけど、どんな風に直せばいいか
    わからない
  • 生活への影響、施術のリスクが心配

経験豊富なスタッフが対応いたします

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧
お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2022年 9月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら