施術 施術

もとび美容外科クリニック 脂肪とり・厚みとり

目の上の脂肪取り、厚み取りは以下のボリュームを除去する手術です。

脂肪取り⇒眼窩脂肪

厚み取り⇒眼窩脂肪&二重のライン上の眼輪筋

 

 目が腫れぼったい方やむくみやすい方では、上まぶたの眼窩脂肪を除去することで瞼がむくみにくくなり、瞼がすっきりと見えやすくなります。

また、瞼が厚ぼったい方では二重埋没法単独でおこなっても二重がつきにくいため、埋没法と合わせて厚み取りをおこなことで二重が安定しやすくなります。

全切開しないで二重をしっかり安定させたい方には埋没法(もとびアイゴールド)+厚み取りがおすすめです。

 

眼窩脂肪は深いところにあるボリュームですので瞼の見た目がダイレクトにすっきりするわけではありませんが、自覚症状として、瞼が軽くなてすっきりとして、むくみにくくなるため、非常にお客様満足度の高い施術です。

 

脂肪取りとは

眼窩脂肪除去

脂肪取りは二重のライン上の数ミリの針穴から眼窩脂肪のみ除去する方法です。

外側の眼窩脂肪を除去します。

脂肪取りについて詳しくはこちら

厚み取りとは

厚み取りは数ミリの針穴から二重のライン上の眼輪筋と眼窩脂肪を除去して二重をつきやすくする施術です。

厚み取りのイメージとしては、段ボールに切れ込みをいれて折り目をつきやすくするイメージです。

厚みによる折り曲げやすさのイメージ

同時に脂肪取りと同じように眼窩脂肪も除去していきます。

あくまで厚みが取れるのは二重のラインの真ん中から外側の厚みであって、瞼全体の眼輪筋を除去していくわけではありません。

厚み取りについて詳しくはこちら

おすすめの人

・まぶたがむくみやすい。

・瞼がはれぼったくて重たい。

・瞼が腫れぼったいたが、切らずに二重を安定させたい。

 

当院の工夫

針を使って開けた穴から脂肪を除去

まぶた-脂肪とり-細い針-針孔

針を使って開けた数ミリの穴から眼窩脂肪を除去していきますので、傷跡は残りにくいです。

症例経験豊富

症例数多く、全切開、眼瞼下垂などの手術も多く行っており、上瞼の解剖に精通していますので、無駄な傷や腫れ、内出血を最小限に抑えることができます。
スタッフの施術も多く手掛けております。

ダメージを最小限に効果をしっかり

丁寧に少しずつ組織を除去・剥離し、最短で眼窩脂肪を除去していくため、瞼の傷やダメージを最小限にして眼窩脂肪をしっかり除去いたします。

痛みを減らす工夫

局所麻酔の際は笑気ガスを使用して痛みが紛れた状態で極細の針(34G)を使用して麻酔をしていきます。
目尻切開 麻酔 注射針
また、局所麻酔はpHを調整して調合しており、注入時の痛みを軽減するようにしています。
手術中は適宜局所麻酔を足してご負担がないように努めております。

注意点

将来くぼみ目が協調されるリスクがある。

年齢とともに瞼の脂肪は減っていき目がくぼんでいきます。

眼窩脂肪を除去するとくぼみ目が加速して目元が老化しやすくなってしまう可能性があります。

(参照)くぼみ目

目の上の脂肪取りは、瞼が厚ぼったくかつむくみやすい方にのみおすすめします。

見た目はあまりすっきしりないこともある。

眼窩脂肪は深い部分の脂肪ですので、見た目はあまりすっきしりないこともあります。。

見た目をすっきりさせたい方で厚ぼったい方の場合はROOF切除を行うと良いです。

厚ぼったくない方が行うとくぼみ目になりやすくなってしまいます。

ROOF切除について詳しくはこちら

 

腫れやダウンタイムについて

ダウンタイムは3日~1週間ほどです。

針穴は3日目以降からメイクでかバーすることが可能です。

内出血が出た場合、なくなるまで1、2週間ほどかかることがあります。

 

上まぶたの脂肪取り、厚み取り当日の流れ

ご来院後OPお手続き

ご来院後OPお手続き

個室にて、手術内容の確認、会計、誓約書や保証書など必要書類にサインをいただきます。

処方する薬の説明

処方する薬の説明

当日お渡しするお薬の説明や術後の注意点など説明させていただきます。

洗顔

メイク室

パウダールームへご案内させていただきます。

洗顔をお願いします。

 

消毒

消毒している画像

オペ室に移動していただき消毒を行います。

デザイン

目手術デザイン 切らないタレ目

アプローチする部分に目印をつけます。

麻酔

麻酔

デザインが終わるといよいよ手術です。

このとき笑気ガスが流れていますので少しぼんやりした状態になっています。

極細の針で局所麻酔を行います。

手術

手術

麻酔のあとはいよいよ手術が始まります。

手術が終わるまでは指示のあるとき以外目を開けないようお願いします。

手術後は特に来院の必要はございません。

(モニターの方はモニター撮影にご来院していただきます)

気になることがございましたら、いつでもご連絡ください。

ページトップに戻る ^
TOP