2017.04.30

鼻中隔延長、鼻尖形成、I型プロテーゼ 3ヶ月後 No.9134施術症例 , , Ⅰ型プロテーゼ , 鼻尖縮小 , 鼻中隔延長

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC04232正面DSC06389正面

DSC04223右側面DSC06393右側面

DSC04227下からDSC06395下から

アップノーズだった鼻が下向きになって整いましたね。

鼻先が細くなりプロテーゼもおこなったことで鼻筋も全体に通って整いました。

オープン法で行っていますので鼻柱に傷ができています。

若干赤みがありますがそんなに目立たないですよね。

鼻中隔延長はしっかり鼻先を延ばしたい方に有効です。

ただ、鼻中隔軟骨を支えにしますので鼻先があまり動かなくなります。

また、土台にする鼻中隔軟骨はもともと曲がっていたりするのでしっかり伸ばそうとするほど左右差が出るリスクがあり、鼻閉のリスクなどもあります。

どちらかというと鼻中隔延長はリスクとリターンをとっていく施術です。

リスクを抑えて、自然な変化でご希望の方は、鼻先に軟骨を重ねて高さを出しラインを整える鼻尖軟骨移植がおすすめです。

個々のお鼻の形やご予算、ご希望に応じてお考えいただければと思います。

内容:オープン法で切開し、鼻中隔軟骨をくりぬいて移植して延ばし鼻先を延長します。

料金:423,300~498,000円

リスク:一時的な腫れや内出血、鼻先が固定される、左右差、鼻閉のリスク。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP