施術 施術

もとび美容外科クリニック 鼻中隔延長について

鼻中隔延長は鼻先を高くしたり下に伸ばしたりする手術です。

美しい鼻の基準となるACR(alar-columellar relationships)が下向きに改善することで整った美しい鼻先になります。

鼻中隔延長 ACR鼻中隔延長-ARC-美しい鼻先

軟骨を載せるだけでは不可能な延長効果を出すことが可能です。
豚鼻の方や、鼻の穴が目立って気になる方、鼻先を高くしたい方に効果的な手術です。

施術方法はオープン法で行い、まず鼻先を延長するための軟骨を鼻中隔軟骨から採取します。
もし鼻中隔軟骨が小さく採取料が少ない場合は耳の軟骨を追加採取して補強に使います。
そして、採取した軟骨を鼻中隔軟骨に固定し、鼻翼軟骨を延長し固定します。

鼻中隔延長の軟骨移植
この時、高さを出したい方は鼻先の鼻翼軟骨を前方に伸ばして固定し、下方に伸ばしたい方は鼻翼軟骨を下方に伸ばして固定します。

延長効果をさらに高めるために移動させた尾翼軟骨の上にさらに軟骨を載せることもあります。
鼻柱が後退している方はACRを改善するために同時に鼻柱を下方に引き下げて固定します。

術後鼻先は固定されますので動きにくくなります。

鼻中隔延長の症例写真

鼻中隔延長の特徴

施術の種類

切開(オープン法)

施術時間

120分

傷跡

オープン法なので鼻柱に切開線はできますが、
傷は最終的に、ほとんど目立たなく治ることが多いです。

腫れにくさ

★★★☆☆
鼻先は腫れにくい部分ですが、むくみ感は数週間出ることがあります。

内出血

内出血はほとんど出ることはありませんが、
出たとしても数週間で消えていきます。

リスク

鼻先が固定されるため違和感が出るリスク
左右差のリスク
鼻閉のリスク

通院

5日後

ギプス固定・洗顔

5日~1週間
固定期間中は洗顔できませんが、固定部位以外を拭くことは可能です。

抜糸

吸収される糸で縫うので不要
ただし、抜糸ご希望の場合は5日~10日後に抜糸可

メイク

固定部位以外は可能です。
固定部位はギプス抜去後可能です。

保証制度

【術後1年間保証】ドクターが必要と判断した場合、無料で再手術致します。

鼻中隔延長にまつわる コラム記事一覧

鼻中隔延長の費用

ページトップに戻る ^
TOP