2018.10.13

小鼻縮小内側法(フラップ法) 1ヶ月後施術症例 , , 小鼻縮小

DSC09267正面DSC09387正面
DSC09275下からDSC09389下から

鼻翼の幅が狭くなって小鼻が目立ちにくくなりましたね。

内側法(フラップ法)では鼻の外側は切らずに鼻翼幅を狭くしています。

フラップを作って組織に癒着させることで後戻りしにくくしています。

1ヶ月ですのでまだ引き連れはありますが、3~6ヶ月でもっとなじんで鼻の穴の形も自然になっていきます。

外側に傷をつけたくない方で、小鼻の幅が気になる方には当院の鼻翼縮小(内側法・フラップ法)をお勧めします。

内容:内側(flap法)では内側を切開することで幅を狭くし、外側法では外側を切開することで丸みを減らします。

料金:168,300~378,000円

リスク:一時的な腫れや内出血、小鼻の外側に傷が残る、後戻り、鼻先が目立つリスク。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP