2019.09.19

鼻尖形成(3D法)、小鼻縮小(フラップ法) 半年後施術症例 , , 鼻尖縮小 , 小鼻縮小

(手術前)⇒(1週間後)

DSC09882正面2DSC06112正面2

DSC09886左側面2DSC06116左側面2

DSC09890下から2DSC06119下から2

お客様はもともと団子鼻で、鼻先が低く、小鼻の幅もやや広い方でした。

鼻を目立ちにくくしたいということでご来院され、鼻先はしっかり細くしながら高さを出すことができる鼻尖縮小3D法、小鼻は幅だけ狭める内側法(フラップ法)をおこないました。

施術後は鼻先が細くすっきりとして、小鼻の幅も狭くなったことでお鼻全体が目立ちにくくなったかと思います。

また、側面像では3D法によって鼻先に高さが出て、バランスが良くなったのが分かります。

ただし、3D法は正面方向に高さが出るのでアップノーズになりやすくなる傾向があり、今回の方でも下がったお鼻がややアップのーズ気味になりました。

アップノーズが嫌な場合は耳介軟骨移植をおこなって下方向にも鼻先を下げるのが良いです。

内容:内側(flap法)では内側を切開することで幅を狭くし、外側法では外側を切開することで丸みを減らします。

料金:168,300~378,000円

リスク:一時的な腫れや内出血、小鼻の外側に傷が残る、後戻り、鼻先が目立つリスク。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP