2019.05.11

眉下切開 半年後施術症例 , 若返り , 眉下切開

(手術前)

眉下切開施術前、目の上のたるみ改善

(半年後)

眉下切開施術半年後、目の上のたるみ改善

上瞼が重いので改善したいと希望され来院されたお客様です。

まぶたの表側、皮膚のたるみが強く、二重が見えなくなりいわゆる三角目になっています。

たるみ目、三角目

皮膚がかぶってきてまぶたが重くなるので眼瞼下垂の様ですが、厳密には眼瞼下垂ではありません。

偽性眼瞼下垂と呼ばれています。

加齢とともに上瞼がたるんでくると誰でも起こってくる変化です。

(参照)目元の老化と若返りの方法

そこで、眉毛の下を切開してたるみを除去する眉下切開をおこないました。

症例写真は半年後ですが二重が見えるようになり、黒目も大きく見えるようになりました。

本来のたるみが少ない目元に戻っただけですが、別人のように若々しくなりましたね。

ご本人も目が軽くなってよかったと喜ばれていました。

傷は数か月から半年ほどうっすら赤みがありますが、眉毛の下の傷の色味はもうほとんどなくし自然で、手術をしたこともわかりませんね。

 

二重切開のように二重のライン上でたるみを除去するとまぶたが厚ぼったく不自然になりやすいですが、眉毛の下で皮膚のたるみを除去すると手で眉下を持ち上げたように自然な感じで上瞼のたるみを除去することができます。

(眉下切開)

眉下切開は自然なリフト効果

(全切開)

 全切開によるたるみとり

また、眉下切開では、上瞼の皮膚が引き上げられるため、厚ぼったいまぶたをすっきりさせる効果もあります。

(参照)眉下切開

二重を広く、厚ぼったいまぶたをすっきりさせたいということでお若い方にも人気の施術です。

目の上のたるみが気になる方、自然な感じで二重を広くしたい方、厚ぼったいまぶたをすっきりさせたい方などには眉下切開がおすすめです。

 

内容:眉毛の下の皮膚を切除することで目の上のたるみを除去します。

料金:194,600~328,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが眉下に傷が残る。

関連する施術

関連するコラム

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP