2019.05.9

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転)、目頭切開(Park法) 半年後施術症例 , , 目頭切開 , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

(手術前)

DSC05680目

(半年後)

DSC00738目

もともとほぼ一重で、浅い二重の癖が若干ついている方でした。

目を明るくしたい、平行型にしたいとのことでご来院されて、全切開と眼瞼下垂の施術(挙筋前転術)と、平行になりやすい目頭切開(Z形成のPark法)を行いました。

二重がはっきりとついて、目の開きも改善して目元全体が明るくなりましたね。

Z形成のPark法をおこなったことで二重の内側の幅は広く保たれ、しっかり平行型になっています。

全切開は最初は腫れますが、埋没法より二重が安定しやすく、眼瞼下垂の改善やたるみ除去も同時におこなうことができます。

ダウンタイムがしっかり取れる方では選択肢の一つとしてお考えになるのも良いかと思います。

内容:二重のライン上を切開して挙筋腱膜を下げて瞼板に固定し目の開きを改善します。

料金:348,600~498,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。まぶたがむくみやすくなる、ドライアイが強くなるリスク

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP