お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 目を大きくについて

デカ目、目を大きくしたい
目が大きくなると目元が明るくきれいに見えますよね。
目が小さく見える方ではもともとの眼球の大きさがすこし小さかったり、お顔とのバランスが原因だったりします。
眼球の大きさや解剖的な位置は変えられませんが、その方の隠されている目を露出させてることでその方なりに最大限目を大きく見せることができます。

目は上下左右に広げることができます。
上方向:二重、眼瞼下垂
内方向:目頭切開
下方向:タレ目、タレ目ボトックス
外方向:目尻切開
目を上下左右に大きくする方法

ただし、目が隠れていないければ露出させてデカ目にすることはできません。
ですので、手術適応がなく手術をお断りすることもあります。
以下の方では目をより大きく見せることができます。
・一重もしくは奥二重
・眼瞼下垂(眠たい目元)
・蒙古ひだが強い
・目尻の白目が隠れている
・目がすこしつり目気味
それぞれどのような治療があるでしょうか

一重もしくは奥二重

二重埋没法のイラスト
二重術(切開法、埋没法)
二重になって折込みがつくことで目の開きが改善し、二重の幅が出て目の上のラインがぼやけて優しく明るい印象になります。
また、まつ毛の生え際毛見えることでも、アイライン効果で目が大きく見えやすくなります。
(参照)二重やメイクでなぜ目が大きくぱっちりするの?
奥二重の方も二重を広くすることでまつ毛の生え際が良く見えるようになり、目のラインのぼかし効果も出て目が明るく大きく見えるようになります。
二重が広くなるとメイク映えもしやすくなります。
埋没法について詳しくはこちら
切開法について詳しくはこちら

眼瞼下垂(眠たい目元)

眼瞼下垂手術イメージ
⇒眼瞼下垂を改善する方法には切る方法と切らない方法があります。
切らない方法は切らない眼瞼下垂、切る方法は挙筋前転術です。
切らない方法は傷が残らない、気に入らなければ戻せるというメリットがあり、切る方法では戻りにくいがダウンタイムが長引きやすいという特徴があります。
目の開きが良くなって黒目が大きく見えるようになることで、目力が出て目が大きく明るくなります。
(参照)眼瞼下垂(目の開きが悪い)について
切らない眼瞼下垂についてはこちら
挙筋前転術についてはこちら

蒙古ひだが強い

目頭切開イラスト
目頭切開をすると蒙古ひだが解除されて目の幅が広くなります。
蒙古ひだのない方では手術できません。
何ミリかの変化ですが見た目の印象はしっかり変わってきます。
蒙古ひだのある幼い目元から大人っぽい華やかな目もとになります。
ただ、逆に言うと少し老けた感じになったりきつい感じになることがありますので、もともとより目の方やきつい感じの目元の方は注意した方が良いです。
目頭切開はいろいろ種類がありますが、基本的にZ形成が後戻りも少なくて良い方法です。
傷を目立ちにくくさせたいならリドレープ法などもおすすめです。
目頭切開について詳しくはこちら

目尻の白目が隠れている

目尻切開効果
目尻切開をして目尻側の白目の露出を増やしてデカ目にします。
目尻を引っ張って白目が隠れていない方では手術できません。
タレ目術と同時におこなうとお互い外側と下方に引っ張り合って効果を高めることができます。
目尻切開は切開する方法ではありますが、ダウンタイムはそれほど目立ちにくい手術です。
目尻切開について詳しくはこちら

 

目がつり目気味

タレ目変化イメージ
タレ目術で目を下方に大きくすることができます。
真ん中を下げるとアッカンベーの三白眼になるので、外側を中心に引き下げます。
タレ目術には切らないたれ目術と、切るたれ目(下眼瞼下制)があります。
切らないたれ目術はダウンタイムが短い、気にらなければ元に戻せるというメリットがあり、切るたれ目は戻りが少ないが戻しにくい、ダウンタイムが長引きやすいという特徴があります。
また、目尻を上げる眼輪筋の動きをボトックスで止めると目尻側のラインが下がってタレ目になりやすくすることができます。
ただし、ボトックスは3~6か月で効果が切れるのと、個人差がありますので合わない方もいらっしゃいます。
(参照)たれ目になる方法 ~明るく優しい目元になる~
切らないたれ目術について詳しくはこちら
切るたれ目(下眼瞼下制)について詳しくはこちら
以上が目をそれぞれの方向で大きくする方法でしたが、適応のある手術を組み合わせるとデカ目効果をさらに高めることができます。
詳しくは目を大きく見せるコラムをご参照ください。
目を大きく見せるための方法①|なぜデカ目に見えるの?
目を大きく見せるための方法②|整形で切らずにバレずにデカ目に

ページトップに戻る ^
TOP