お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 二重を広くしたいについて

二重が広くなるイメージ

もともと二重の方でも、
奥二重をもっとはっきりした二重にしたい、
二重を広くしてメイク映えしやすくしたい、
目元がたるんで二重が狭くなってきたので広くしたい、

などご希望の方は多くいらっしゃいます。
そのようなご希望に沿うようにするにはどうしたら良いでしょうか。

悩みの解決法

二重を広くした場合は基本的に二重術で二重幅を広くすると良いです。

ただし、たるみで二重が狭くなってきた方や、まぶたをすっきりさせたい方などでは眉下切開で目の上のたるみを除去して二重幅を広くする方が良いです。

二重術と眉下切開について以下に詳しく解説します。

二重術

もとびアイプラチナムの糸の

二重術で今より広いラインに二重をつくります。
二重術には切らずに糸でおこなう埋没法と、切ってしっかりラインをつくる切開法があります。
埋没法と切開法のメリット、デメリットは以下の通りになります。
【埋没法】
(メリット)
ダウンタイムが短い。
傷ができない
早い時期なら抜糸して戻すことができる。
修正しやすい。
(デメリット)
切開に比べて戻りやすい
【切開法】
(メリット)
戻りにくい
眼瞼下垂や脂肪とり、ROOF施術などを同時に行うことが出来る。
たるみを多少除去することが出来る
(デメリット)
ラインが食い込みやすい
戻りにくい分戻せない。修正が難しくなる

以上のとおりですが、それぞれのメリット・デメリットをご理解したうえでご希望に応じて選んでいただくと良いです。

埋没法にはいろいろ種類があり、戻りやすさや腫れやすさなど何を優先するかで最適な方法が変わります。
詳しくはこちらのコラムをご覧ください。⇒もとび美容外科クリニックのおすすめの二重埋没法
もともと二重の方では埋没法で比較的ラインがつきやすいため切開までする方は少ないですが、安定した二重を出したい方では全切開を選ばれる方もいらっしゃいます。

切開法は修正が難しいぶん不自然な二重になるとなかなか戻すことはできないため、広くできる二重幅には限界がありますのでご注意ください(閉眼時、瞼の縁から10㎜くらまで、通常の二重は7,8㎜です。)。
切開法について詳しくはこちら⇒全切開法
無理がかかる幅広の二重をご希望の方は修正が効く埋没法がおすすめです(不自然になっても抜糸して戻すことが出来るからです)。

通常二重を広くする場合、目を閉じたときに1㎜ほど広くする方が多く、広めを希望の方では2㎜ほど高い位置に二重のラインを作ります。

二重が広くなるほど、まぶたが厚くなるため無理がかかるため戻りやすくなり、腫れや食い込みも強くなり厚ぼったい感じの二重になりやすくなります。

二重を広くする際は、シュミレーション棒などで二重をつけてしばらく保つくらいの無理のかからない二重幅にするのがおすすめです。

 

眉下切開

眉下切開イメージ

アイプチを長期間おこなったり、加齢などによってまぶたの皮膚はたるんできて二重は狭くなりやすくなります。

そのような方では眉下切開をおこなうと自然な感じでまぶたのたるみが持ち上がり、皮膚のかぶりが減ることで二重幅が広くなります。

切開するので眉の下のラインに沿って傷はつきますが、最終的に白っぽく目立たなくなり、傷から毛が生えてきてよく見ないとわからない目立たない傷になることが多いです。

 

切開が怖い方は、埋没法で二重を広くしてたるみを持ち上げることも可能ですし、そのようにされる方も多いです。

ただし、たるみが除去されるわけではなく、たるんだ皮膚は伸びやすいため二重は戻りやすくなります。

また、皮膚のたるみのため見た目以上に二重を高い位置に作る必要があり、二重が高い位置になるほど腫れやすく戻りやすくなったりします。

さらに、皮膚がたるんでいると皮膚の動きが大きくなり、術中のむくみなどで二重の位置決めが不安定になり、左右差の出るリスクもすこし高まってきます。

ですので、たるみがある方が埋没法を行う際には、戻りやすい、腫れやすい、左右差が出やすいというリスクが少し出てくることをご理解していただく必要があります。

眉下切開はたるみをリセットして若いころのまぶたの状態に戻してくれますので、二重の幅も安定しやすくなり将来にわたり上まぶたが老けにくくなりますので、たるみがある方では眉下切開がおすすめです。

 

また、眉下切開は上まぶたの皮膚をリフトアップすることで、皮膚や筋肉が持ち上がってうすくなるため、まぶたの厚ぼったさをすっきりさせる効果があります。

二重を広くしたい方で、まぶたが厚ぼったい方の場合も、眉下切開をおこなうと二重幅が広くなりまぶたのもすっきりしますのでおすすめです。

眉下切開について詳しくはこちら⇒眉下切開

ページトップに戻る ^
TOP