2019.08.31

鼻尖縮小(3D法)、軟骨移植(ストラット) 3ヶ月後施術症例 , , 鼻尖縮小 , 鼻尖軟骨移植

(手術前)⇒(3ヶ月後)

術前 正面 鼻尖縮小(3D法)3ヶ月後 正面 鼻尖縮小(3D法)

術前 左側面 鼻尖縮小(3D法)3ヶ月後 左側面 鼻尖縮小(3D法)

術前 下から 鼻尖縮小(3D法)3ヶ月後 下から 鼻尖縮小(3D法)

もともと鼻先の皮膚が厚く変化が出にくいタイプのお鼻の方でした。

また、鼻差の高さも低かったため、通常の鼻尖縮小でなく、しっかり鼻先を細くして高さもある程度出る3D法で鼻尖縮小を行いました。

3D法は通常の鼻尖縮小のように軟骨を寄せて形成するのではなく、鼻翼軟骨をカットして立てて段差を作って鼻先を細くする手術です。

通常の鼻尖縮小と3D法

通常の鼻尖縮小より、さらに鼻先を細く形成することができます。

また、段差を作ることで鼻先を正面方向に高くすることができます。

今回の方は、鼻翼軟骨はある程度しっかりしていたので、鼻尖上部が膨らまないように頭側の軟骨を切除した際の軟骨を使用して、鼻柱の軟骨に支柱(ストラット)として移植して、鼻先の高さを出やすくしています。

(上手の赤いサンドイッチされている板の部分)

また、鼻尖縮小術で除去した軟部組織をお団子にして鼻先に移植して軟骨の形が浮かないようにしています。

鼻尖縮小(3D法)軟部組織でカバー

 

3D解析で手術前後の変化を比較してみると、鼻先が高くなって、鼻先のサイドが低くなったのが分かります。

(青い部分は高くなった部分、黄色い部分は低くなった部分)

正面色による変化 鼻尖縮小(3D法)

この段差により、変化が出にくい鼻先でも鼻先をすっきりさせやすくします。

鼻先の皮膚が厚かったり、軟骨が小さかったりして変化が出にくそうな方や、鼻先に高さを同時に出したい方には鼻尖縮小(3D法)がおすすめです。

内容:耳介軟骨を採取して鼻先に移植することで鼻先を高くしたり延長したりします。

料金:236,300~278,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。耳の裏に傷ができるリスク。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP