2019.04.4

眉下切開 手術直後、1ヶ月後施術症例 , 若返り , 眉下切開

(手術前)

DSC00346術前

(1ヶ月後)

DSC01618目

目の上のたるみを気にされて来院されたお客様でした。

上まぶたにたるみがあり、眉を上げて目を開く癖がありました。

上まぶたを引き上げるとたるみがあったので、眉毛の下かで皮膚のたるみを除去する眉下切開をおこないました。

術後は上まぶたのたるみが減り、二重の外側に乗っかっていた皮膚のたるみが改善して二重の幅が見えやすくなりました。

また、瞼がの重さが取れたことで眉が安心して元の位置に戻るため、目と眉の距離が近くなりました。

本来眉が落ちると皮膚がもっと二重にかぶってきますが、しっかりまぶたの皮膚のたるみを除去することで二重にかかるたるみが除去されて二重がはっきりとしました。

目と眉が近づき、二重のラインもきれいに出始めたことで目元が明るく若々しくなりましたね。

 

切開部分はまだ赤みがありますが、数カ月~半年で徐々に白くなって落ち着いていきます。

毛包斜切開と言って毛根を残して傷を切っているので傷から眉毛が生えてより目立ちにくくなる方も多いです。

毛包斜切開

眉毛の下の切開線は目立ちにくくなるため、目の上のたるみを除去する場合は眉下切開をよく行います。

また、二重の切開線でたるみを除去すると、厚ぼったい皮膚が二重にかかって厚ぼったい不自然な二重になるリスクがありますが、眉下切開ではそのようなことはありません。

二重切開でたるみとり 

指で眉毛を持ち上げたように自然な感じで目元のたるみを除去することができます。

眉下切開でたるみとり

皮膚などの厚ぼったさを減らすのは難しいですが、眉下切開をすることで瞼の皮膚が引き上げられて厚ぼったさが減ります。

同時に上瞼の眼窩脂肪を除去することもできます。

上瞼の厚ぼったさを気にされている方にも人気の施術ですよ。

 

今回の症例の方のデザインと施術直後の画像も参考に載せさてもらいます。

DSC00602目

このような感じでデザインしています。

右のたるみが強いため右で多めに皮膚切除を行っています。

手術直後の画像です。

DSC00607目

手術直後は糸がついていて目立ちますが、1週間後に抜糸して、その翌日からメイクができるようになります。

1週間ほどダウンタイムを見ていただいています。

また、1,2週間ほど腫れや内出血が上まぶたに出ることがあります。

 

眉下切開は効果的でかつ自然な感じで若返りができますのでたるみが気になる方にはおすすめです。

また、上述のように瞼の腫れぼったさ・厚ぼったさが気になる方にも有効ですよ。

内容:眉毛の下の皮膚を切除することで目の上のたるみを除去します。

料金:194,600~328,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが眉下に傷が残る。

関連する施術

関連するコラム

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP