サイト内検索

院長ブログ西尾 謙三郎

小鼻縮小(内側+外側) 3か月後

(手術前)⇒(3か月後)

小鼻縮小(内側+外側) 手術前 正面
小鼻縮小(内側+外側) 3か月後 正面
小鼻縮小(内側+外側) 手術前 右斜め
小鼻縮小(内側+外側) 3か月後 右斜め
小鼻縮小(内側+外側) 3か月後 手術前
小鼻縮小(内側+外側) 3か月後 下から

小鼻縮小の内側と外側を合わせて小鼻を全体的に切って小さくした症例写真です。
今回のお客様は当初、傷が目立つのが嫌だとのことで内側法のみで考えていらっしゃいました。
小鼻縮小の内側法は小鼻の幅を狭くするもので、外側法は小鼻の丸みや張り出しを減らすものです。
お客様は外側に傷を作らずに小鼻の幅だけ狭くしたいとのことでした。
ただ、術前の小鼻は幅もありましたが、小鼻の丸みも同時にありました。
内側法だけおこなうと小鼻の基部が巾着のように絞られますので、小鼻の丸みが強調されて小鼻の目立ちが残ってしまう可能性がありました。
また、内側法はフラップ法といって小鼻の組織を皮弁にしてトンネルの反対側に通して戻りにくくはしますが、それでも外側の硬い組織をそのままに寄せても後戻りしてしまいます。
半分は戻ると言われています。(フラップを作らないと9割近く戻ってしまいます)
ただ、内側法と外側法を組み合わせれば小鼻を土台からずらして固定し直すことができますのでかなり後戻りしにくくなります。(内側法+外側法も減張縫合と言って左右の小鼻を寄せる縫合をおこないます)
なので、小鼻の丸みをしっかり減らしながら、後戻りを抑える意味で内側法と外側法を併せて行うことをおすすしました。

術後の画像を見てもらうと、小鼻が一回り小さくなってすっきりしましたね。
鼻の存在感が減ってお顔がすっきり整って見えます。
年齢とともに鼻は大きくなるので、今回いったん小鼻を小さくしたで、将来鼻が不格好に目立ってくるのを予防することができます。
小鼻縮小は外側法の場合外側に傷ができますが、斜めの症例写真を見ていただくと小鼻の際の傷はそれほど目立たないことがわかるかと思います。
傷は小鼻の溝に沿った傷ですので目立ちにくく治ります。

小鼻が目立って気になる方は、小鼻縮小は意外に傷が目立ちにくく良い手術ですので是非ご相談ください。

内容:小鼻の外側を切開することで丸みを減らし、内側を切開することで幅を狭くします。
料金:383,430~445,800円(税込)
リスク:一時的な腫れや内出血、小鼻の外側に傷が残る、後戻り、鼻先が目立つリスク。
- END -

プロフィール

西尾 謙三郎 医師
院長 西尾 謙三郎 医師
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。
[プロフィール詳細]

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧

最新のブログ記事

月次アーカイブ

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。
| 院長ブログトップへ |

当院では無料カウンセリングを実施しています

経験豊富なスタッフが対応いたします

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

関連する施術

鼻翼縮小(内側+外側法)

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧
お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00
web予約 web予約
サイト内検索

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2022年 8月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら