サイト内検索

院長ブログ西尾 謙三郎

眉下切開 1ヶ月後、6ヶ月後

(手術前)
眉下切開 手術前(6ヶ月後)
眉下切開 6ヶ月 お客様はまぶたが重たい感じがするとのことで、眉下切開を希望されご来院されました。
上瞼の皮膚のたるみがあり、また多少眼瞼下垂もありました。
今回は眉下切開で上瞼のたるみを除去することになりました。

眉下切開は文字通り眉下を切開して主に、まぶたの真ん中から外側にかけてのたるみを除去します。
半年後の画像では、二重にかぶった皮膚が引きあがって二重が広くなり、目元が明るくなりましたね。
まぶたの重さも改善したことと思います。
また、皮膚が引き上げられることでまぶたの皮膚の厚ぼったさが改善してまぶたが少しすっきりとしたかと思います。
半年経っていますが、まだ傷の赤みが若干ありますが、もっと白くなって目立ちにくくなっていきます。

ちなみに1ヶ月後の画像です。
(1ヶ月後)
眉下切開 1ヶ月後1ヶ月だとまだ傷はゴツゴツしていて赤みも強い時期です。
メイクでcoverしていただける範囲の赤みです。

眉下切開は1週間後の抜糸の翌日からメイクが可能なので、ダウンタイムは1週間みていただいています。
上記の様にすっぴんだと赤みはしばらく残りますが、半年ほどで傷の色が抜けて目立ちにくくなって完成してきます。
また、毛包斜切開により、傷から毛が生えてくると傷はさらに目立ちにくくなっていきます。

内容:眉毛の下の皮膚を切除することで目の上のたるみを除去します。
料金:194,600~328,000円
リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが眉下に傷が残る。
- END -

プロフィール

西尾 謙三郎 医師
院長 西尾 謙三郎 医師
15年以上の実績を持つ美容外科医師。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。
[プロフィール詳細]

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧

最新のブログ記事

月次アーカイブ

西尾 謙三郎 医師
院長 西尾 謙三郎 医師
[プロフィール詳細]
15年以上の実績を持つ美容外科医師。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。
| 院長ブログトップへ |

当院では無料カウンセリングを実施しています

経験豊富なスタッフが対応いたします

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

関連する施術

眉下切開
眉下切開

ブログカテゴリー

目 一覧
若返り 一覧
お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00
web予約 web予約
サイト内検索

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

Instagram Instagram

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2020年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら