2019.06.20

涙袋ヒアルロン酸 1週間後施術症例 , プチ整形 , 涙袋形成

(手術前)

涙袋ヒアルロン酸 処置前

(1週間後)

涙袋ヒアルロン酸 1週間後

涙袋にヒアルロン酸を注射してふっくらさせました。

涙袋は若い人でふっくらとしており、また笑顔の際によりふっくらとして強調される部分ですので、涙袋がはっきりとすると若々しくて明るく見えます。

(参考)涙袋形成(ヒアルロン酸)について

今回のお客様も涙袋がふっくらとしてお顔にメリハリが出て若々しく、明るい印象になりましたね。

 

従来の涙袋ヒアルロン酸では普通の針を使用していましたが、高率に内出血が出て施術後目立ちやすかったですが、鈍針という先が丸いカニューレを使用すると、内出血をぐっと減らしてダウンタイムをあまりでなくさせることができます。

鈍針

また、鈍針を使うことで一スジずつ慎重にヒアルロン酸を注入し、鏡でチェックしてもらいながら少しずつ涙袋を微調整することができます。

 

涙袋の土台のあるなしによってや、左右でも上がりやすさは違いますので、不自然に入れすぎないように微調整します。

この調整には、経験の浅いドクターや、ラフなドクターではなかなか精度が悪くなってしまうと思いますが、当院では、少しずつ慎重に微調整し、確認してもらいながら涙袋を作っていきますので、満足していただきやすいと思います。

内容:涙袋にヒアルロン酸を注入して涙袋をぷっくりさせます。

料金:43,500~49,800円

リスク:一時的な内出血。赤みや左右差のリスク。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP