2019.04.12

切らないタレ目 手術直後、1週間後、1ヶ月後施術症例 , , 切らないたれ目

(手術前)
DSC00702目

(1ヶ月後)

DSC02213目

つり目気味の目を気にされて、たれ目にしたいとのことでご来院され、切らずにたれ目にしたいとのことで切らないたれ目をおこないました。

1ヶ月後は目の下外側のラインが下がって目の下のラインが下に膨らんで下がったのが分かります。

右の方がもともとつり目でしたので、右をしっかりめに下げてバランスをとっています。

目の下のラインが下がると、目の下にボリュームが出やすくなります。

施術後は涙袋が目立ちやすくなりましたね。

 

切らないタレ目は糸で下げる手術ですので後戻りがある程度あります。

ですので、施術直後はしっかり目に下げますので、目の下のラインがカクッとなって、最初はちょっと不自然な感じになります。

(手術直後)

DSC00706目

もちろんこれはなじんで戻っていきます。

通常1週間くらいで不自然さはあまり目立たなくなります。

(1週間後)

 DSC01021目

切らないタレ目は腫れにくい施術ですが、最初は後戻りを見越してしっかりめで下げるためラインの不整な感じがあり、ダウンタイムは1週間ほど見ていただくとよいです。

 

切らないタレ目は文字通り切らずに糸で目の下のラインを下げてタレ目にする方法です。

メリットとしては

①ダウンタイムが短い

②気に入らなければ抜糸して戻すことができる

③切らないので傷が残らない

が挙げられます。

思われるより長持ちして保つ方も多いですし、当院でも人気の施術の一つです。

 

また、タレ目術は目尻切開と併用するとより効果的と言われています。

目尻切開+タレ目

目尻切開をこなうと目尻側が上下に開きやすくなり、タレ目の効果が出やすくなります。

また、タレ目術で目の下が引き下げられると目尻切開の効果も出やすくなり、後戻りもしにくくなります。

隠れていた目尻側の白目が大きく露出するようになり、デカ目効果もしっかり出やすくなります。

タレ目術をお考えの方で目尻切開の余裕がある方では、同時に行うことをおすすめします。

内容:下まぶたの裏側を糸で縫い縮めることで切らずにタレ目にします。

料金:128,000~148,000円

リスク:一時的な腫れ、内出血、1週間程はラインがカクっとしやすい。戻るリスク。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP