2018.08.25

鼻尖縮小(3D法) 1ヶ月後施術症例 , , 鼻尖縮小

DSC06993正面DSC07886正面

DSC06984右側面DSC07883右側面

DSC06986左側面DSC07885左側面

DSC06991下からDSC07890下から

皮膚が厚い方、軟骨が小さい方では通常の鼻尖縮小では効果が出にくいため、軟骨に段差を作る3D法が効果的です。

また、3D法は、鼻先を正面方向に高さを出すことができます。

今回の方は皮膚が厚めの方で、鼻先が正面方向に低かったため、3D法を行いました。

鼻先が細くなっただけでなく、鼻先に高さが出て、側面から見た鼻の形が整いましたね。

軟骨が大きい方やしっかりしている方では、頭側の切除した軟骨をストラット(支柱)として使用したりして支えを強化します。

軟骨が小さい方、弱い方では、耳から軟骨を採取して内側脚を補強してあげる必要があります。

そうしないと、鼻先がつぶれて効果的に高さを出すことができません。

今回の方は軟骨はしっかりしていたため、ストラットは使用せずにおこなうことができました。

内容:鼻の穴を切開し、軟部組織を除去、軟骨を形成して団子鼻を改善します。

料金:202,300~298,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。鼻尖上部に厚みが出るリスク。

関連するコラム

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP