2019.08.8

全切開、挙筋前転術、くぼみ目改善 3ヶ月後施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

全切開、挙筋前転術、くぼみ目改善 手術前 全切開、挙筋前転術、くぼみ目改善 3ヶ月後

お客様はもともと別の目の施術を考えていらっしゃったそうですが、他院で眼瞼下垂を指摘されて当院を受診されました。

今回は切る眼瞼下垂術(全切開と挙筋前転術)を選択されました。

切る眼瞼下垂の場合二重を切開しますので、二重幅を変えたり、くぼみ目を改善させたり、上瞼のたるみを除去したりと、切るついでにいろんなアレンジが可能です。

眼瞼下垂の方はくぼみ目になる傾向がありますが、今回の方もくぼみ目でした。

挙筋前転を行う際に、同時に眼窩脂肪の引き下げもおこなってくぼみ目も改善させました。

眼窩脂肪を引き下げてくぼみ目を改善
眼瞼下垂はまぶたの裏側の挙筋腱膜やミュラー筋といったまぶたを上げる筋肉や組織が緩むことで目の開きが悪くなりますが、挙筋前転術は二重のラインを切開してたるんだ挙筋腱膜やミュラー筋を短縮することで目の開きを改善させます。

挙筋前転術イメージ

通常黒目の内側・真ん中・外側の3点に挙筋腱膜を前転して糸で固定します。

上りが弱い場合はさらにミュラー筋短縮したりします。

切らない方法に比べると術中の調整がしやすく、腱膜やミュラー筋を露出させてしっかり固定しますので、より確実な眼瞼下垂の改善が望めます。

ただし、二重の切開法と同じように術後の腫れが目立ちやすく、ダウンタイムは2,3週間は見ていただく必要があります。

本当に完成するのは半年~1年ほどを見ていただくとよいでしょう。

今回の方のように自然で控えめな二重幅の場合は、腫れも目立ちにくくダウンタイムはもう少し短くなります。

内容:二重のライン上を切開して挙筋腱膜を下げて瞼板に固定し目の開きを改善します。

料金:348,600~498,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。まぶたがむくみやすくなる、ドライアイが強くなるリスク

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP