お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 一重を二重にしたいについて

一重を二重にする方法には二重術があります。

二重術で一重を二重にするイメージ
二重術で二重になると1重だった目の上のラインが2重になってラインがぼやける目の印象が大きく、優しい目元になります。
また、二重の折り目がついてたるみが引き上がることで目の開きが大きくなり黒目が大きく見えるようになり目が明るくなります。
【参照】二重やメイクでなぜ目が大きくぱっちりするの?

二重術

二重術には切らずに糸でおこなう埋没法と切ってしっかり二重をつくる全切開法があります。

埋没法

糸でまぶたの表と裏側を連結することで二重を作り、糸はまぶたに埋め込んで見えなくするため埋没法と言います。
切開にくらべて腫れや内出血などが少なく、ダウンタイムがが短いためやりやすいですが、切開と比べると戻りやすいです。
逆に戻したり修正もしやすいため多少無理もでき、ご希望の二重幅に幅広く対応することが可能です。
糸のかけ方もいろいろ種類があります。
ベーシックな点止めもあれば、直後からメイクが出来てバレにくい埋没法(エステティックアイ)、無駄な腫れを抑えて戻りにくくしたバランスの良い埋没法(スマートバランス、もとびアイ)などがあります。
埋没法のそれぞれの特徴については以下のコラムをご参照ください。
もとび美容外科クリニックのおすすめの二重埋没法

全切開法

切開してボリュームを取り除き二重をつきやすくした上で中縫いと癒着でしっかり二重を作ります。
切開するためダウンタイムが長引きやすいですが、埋没法よりも安定して二重を保ちやすくなります。
ただし、切開しボリュームを除去する方法ですので傷は残り、まぶたの厚い人などではラインの食い込みも出やすくなります。
まぶたがかなり厚くて二重がつきにくい方や、何度埋没法をおこなっても戻ってしまう方、安定した二重を作りたい方などでは全切開がおすすめです。
ただし、全切開は戻りにくい分修正しにくくなります。
広すぎる二重を全切開でつくると食い込みが強くなったり、不自然になる可能性があり、その場合戻せないとリスクがあるため、
全切開では閉眼時瞼を引っ張ってまつ毛から10㎜までの高さまでの二重しかつくれません。
無理のかかる広い二重をご希望の方では二重が不自然になる可能性があるため埋没法がおすすめです。
埋没法と切開法の違いについて詳しくは以下のコラムを参照してください。
二重整形の埋没法と切開法の違い。切開法の手術方法について

ページトップに戻る ^
TOP