サイト内検索

美容コラム/ Beauty column

眉下切開と二重全切開のどちらを選ぶべきか、メリット・デメリットや症例写真付きで解説

作成日:2024.5.15

目を気にする人 目の上のたるみが気になる方では、たるみを眉下切開でとったらよいのか、二重の全切開でとったらよいのかよくわからない方がいらっしゃるかもしれません。
また、たるみがある方では二重が狭くなっていることが多いので、眉下切開で二重を広くすべきか、二重の全切開で二重を広くするべきかもよくわからない方もいらっしゃるかもしれません。
結論から言うと、二重の全切開で目の上のたるみをしっかりとることは難しいのですが、今回は、眉下切開と二重の全切開について、どちらを選ぶべきかというテーマで解説していこうと思います。

それでは、早速、眉下切開が適した方、二重の全切開が適した方のそれぞれについて見ていきましょう

眉下切開に適した方

ご存じだとは思いますが、眉下切開とは図のように眉の下を切開して目の上のたるみを切除する手術です。
眉下切開イメージ 主な効果としては、以下の効果があります。
・たるみが取れてまぶたが軽くなる。
・二重が自然な感じで広くなる。
・瞼の厚みがうすくなって目元がスッキリする
・まつ毛の生え際が見えやすくなり、黒目も見えやすくなってデカ目効果がある。
・たるみがリセットされるので目元が老けにくくなる。

なので、眉下切開が適応になる人は以下の人です。
●上まぶたの皮膚がたるんでいてまぶたが重い方
(※まぶたが重い方でも、目の開きが悪い方は眼瞼下垂の手術が適応になります。)
●二重を自然な感じで広くしたい方
●瞼の厚ぼったさが気になる方

眉下切開について詳しくは以下のページをご参考ください

二重全切開に適した方

二重全切開は作りたい二重のライン上を切開して、余分な組織を切除し、中縫いをしてしっかり癒着させることで二重を強固に作る手術です。
二重術で一重を二重にするイメージ
なので、二重全切開が適応になるのは以下の人です。
●瞼が厚く二重がつきにくい人
●二重を戻りにくくしたい方
●何度も埋没法が戻ってしまう方
●二重を狭くしたい方(眼窩脂肪を引き下げて広いラインを消すことができます)
●眼瞼下垂の手術をおこなったり、厚みの除去やくぼみ目の改善、三重の改善などを行いたい方

二重の全切開については以下のページもご参考ください。

眉下切開と二重全切開のどちらかおこなったほうが迷った場合

二重を広くしたいという場合、眉下切開と二重全切開のどちらをおこなったら良いか迷う方も多いかと思います。
結論から言いますと、そのような場合、多くケースでは、たるみの余裕がある方ではまず眉下切開をすると良いことが多いです。

瞼は上に行くほど厚みが出るという大原則があり、これがネックになります。
まぶたは上に行くほど組織が厚くなる 厚ぼったい人が二重術で無理に二重を広く(高く)していくとさらに厚ぼったい不自然な二重になってしまいます。
瞼に厚みがある人や、幅広の二重を希望する方は、上まぶたのたるみに余裕があれば、眉下切開で自然な感じで二重を広くすることができるので、まず眉下切開をおこなうのがおすすめです。
眉下切開は眉を指で持ち上げたように自然感じで二重幅を広くすることができます。
ただし、真ん中~外側の幅は出ますが、目頭側の二重幅は出にくいです。
また、眉下切開だと、瞼の厚みもすっきりするのでまぶたが厚ぼったい方には特におすすめです。
【二重の方の眉下切開症例写真】(術前)⇒(術後)

眉下切開 術前
眉下切開 術後

このような感じで瞼の厚みが取れつつ、自然な感じで二重が広くなります。
眉下切開で二重が広くなってそれで満足すれば良いですし、もう少し広くしたければ、必要に応じて後で二重術で二重幅をさらに広くすれば、厚みがある状態で無理して二重を広くするより、断然自然な幅のある二重にすることができます。
また、もともと一重の方の場合も、たるみが強い方は、二重術からおこなってしまうと二重幅が出にくくて厚ぼったい二重になってしまうので、まず眉下切開でたるみを除去してから二重術をおこなうときれいな二重を作ることができます。
【一重の方の眉下切開症例写真】(術前)⇒(術後)

一重の方の眉下切開 手術前
一重の方の眉下切開 3ヶ月後

この方もともと一重ですが、たるみがとれて隠れていた黒目やまつ毛がはっきりとでて目元がはっきり明るくなりました。
術前のたるみのある状態で二重にするのと、術後のたるみの少ないすっきりした状態で二重を作るのとでは自然な二重になりやすさが全然違うのが分かるかと思います。

ところで、二重全切開で作れる最大の二重幅は瞼を引っ張って、まつ毛の生え際から10㎜の高さになります。
それ以上の幅だと、解剖学的に二重がつきにくく、不自然になってしまう可能性が高くなります。
10㎜以上に二重幅を広くしたい方の場合も、瞼のたるみに余裕があれば、眉下切開をまずおこなってから二重術をおこなうと10㎜以上の広めの二重幅にすることができます。

また、たるみが強い方では二重の位置を高くしてもたるみのせいで二重幅が思ったより出ないことがあります。
そのような方の場合も、無理して二重の位置を高くするより、まず眉下切開で二重幅を出やすくしておいてから最低限の二重の高さで二重術を行うと自然なラインが出やすいです。

眉下切開はこのように二重を広くする場合に有利な手術ですが、切除できるたるみがあまりのない方の場合は手術できません。
また、眉下切開を希望されない方ももちろん適応ではありません。
なので、たるみが少ない方や希望のない方の場合は、二重全切開で、二重を作ったり、二重を広くするのがおすすめになります。

二重全切開でたるみはあまり切除できません

二重全切開でたるみを除去できると思っている方は多いです。
ただ、二重全切開であまりたるみをとることはできません。
理由を以下で説明します。

前にも言ったとおり、上方向(眉側)に行くにしたがって瞼の厚みは増します。
まぶたは上に行くほど組織が厚くなる ですので、二重の全切開で皮膚を切除しすぎると、上の厚い瞼が二重のライン上に落ちてきて厚ぼったい二重になってしまいます。
二重部分で皮膚切除すると厚みは増す 二重が厚ぼったくなるとかなり不自然で、これは戻すことができません。
なので二重全切開でたるみはあまり多く切除できません。
ただし、二重全切開で数mm程度、多少のたるみをとることは可能です。
それでも若干厚みは出てしまいますが、全切開でたるみを多少切除して二重幅を広くすることもできなくはありません。
ただ、眉下切開のように10㎜弱のたるみをしっかりたるみを切除することはよほど皮膚が薄い方でなければできません。

それぞれの症例写真

一部眉下切開の症例写真を見てもらいましたが、二重全切開と眉下切開の症例写真を改めて見てもらってその効果を見てもらいます。

二重全切開症例写真

二重全切開症例写真1

二重の全切開と眼瞼下垂の施術をおこなって半年後の画像です。
(手術前)⇒(半年後)

二重全切開症例写真 術前
二重全切開症例写真 6か月後

眼瞼下垂の手術で目が開くようになると、 二重が狭くなってしまうので2㎜幅の少量の皮膚切除をおこなって 二重が狭くならないようにしています。
術後は二重全切開で二重幅がはっきりして目力も出ました。
ただ、皮膚を少量ですが切除していますので、術後は、二重の上のラインが少し厚ぼったくなっているのが わかるかと思います。
通常、眉下切開は8㎜前後のたるみを切除しますが、二重のラインでも同じように10㎜近くたるみをがっつりとってしまうと瞼が厚ぼったくて不自然になってしまうことがわかって いただけるかと思います。

眉下切開の症例

二重全切開とは逆に、眉下切開では、自然な皮膚の連続を保ったまま眉を指で引き上げるように二重が広くなりますので、たるみがある方にはお勧めです。
厚みのある皮膚が引き上げられて薄くなるので厚ぼったさも改善します。
(二重術の場合は厚みは増します)

眉下切開症例写真1

(術前)⇒(術後)

眉下切開症例写真1 術前
眉下切開症例写真1 術後

眉下切開の一人目の症例写真です。
前はすでに二重の上がやや厚ぼったいですね。
この状態で二重のラインで皮膚切除をおこなうと厚みが目立ってしまいます。
ただ、眉下切開では、術後を見てもらうと、逆に二重の上の厚みがすっきりして厚ぼったさが すっきりしたのがわかります。
二重幅も自然な感じで広くなっています。
今回の方のように二重や瞼に厚みがある方では、 眉下切開で自然な感じで二重を広くするのが良いです。

眉下切開症例写真2

(術前)⇒(術後)

眉下切開症例写真2 術後
眉下切開症例写真2 術後

瞼のたるみが強く三角目になっている方です。
このような方では二重切開を行って二重を広くしても、たるみが強いのでなかなか幅が出ないのはイメージしやすいですね。
まずは眉下切開でしっかりたるみを切除することが最優先です。
術後に、もう少し明るくしたいor二重幅をもう少し出したいということであれば、二重幅が出やすい状態になっているので、二重術をさらにおこなうと良いでしょう。

まとめ

基本的に上瞼のたるみとりは眉下切開、しっかりと二重を癖づける手術は二重全切開、というイメージで思っていただくと良いです。
ただし、二重を広くする希望する場合、どちらが良いか迷うケースがあります。
そのような場合は、上まぶたのたるみに余裕がある方では眉下切開をおこなうのがおすすめです。
また、二重全切開を考えている方でも、たるみがあり、瞼が厚ぼったい方の場合は、二重の切開をする前に眉下切開をするのがおすすめです。

眉下切開と二重術は、ドクターが診察しても判断に迷うケースも多く、本来眉下切開をするべきなのに、先に二重術をおこなってしまって後悔するという方は多いです。
先に二重術をおこなった場合、あとで眉下切開をすると二重が広くなりすぎたり、浅くなりすぎたりするために、たるみを取ることをあきらめざるを得なくなります。
まず何を最初にするべきか見極めることは重要です。
気になる方は無料カウンセリングを利用していただくのをおすすめします。

お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

~執筆者紹介~

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

関連する施術

眉下切開法
眉下切開法
二重全切開法
二重全切開法
全切開+眼瞼下垂(挙筋前転術)
全切開+眼瞼下垂(挙筋前転術)

関連するコラム

人気コラムTOP10

ランキングの続きを見る ランキングの続きを見る

記事カテゴリー 記事カテゴリー

キーワードで記事を探す

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ

もとび美容外科クリニックのおすすめ情報では、お得なキャンペーンや
最新治療法のご紹介など、お客様に役立つ情報をお届けしています。

もとび美容外科クリニックについて

もとび美容外科クリニックについて
何故もとび美容外科という名前なのか、当院の診療方針などについて、youtubeの解説チャンネルでご挨拶させてもらっております。
もとび美容外科クリニック美容整形解説チャンネルでは、美容外科経験16年以上の西尾院長が、美容整形に関することを分かりやすく動画で解説し、発信しています。 チャンネル登録をぜひよろしくお願いします。
👇チャンネル登録はこちらから👇

最強脂肪溶解注射 FatX Core

最強脂肪溶解注射 FatX Core
脂肪分解+脂肪細胞の破壊とその除去効果が最も高い脂肪溶解注射!脂肪溶解成分「デオキシコール酸」の濃度は、カベリン(0.5%)、チンセラプラス(0.8%)を超える、リスク上限の1%配合しています。

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス
鼻やアゴの形をシャープンに作ることが出来る、形成力・持続力が高いヒアルロン酸「ボラックス」‼ 厚生省承認のヒアルロン酸です。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。
当院では新型コロナウイルス対策としてマスクを着用していただいております。(マスクがない方は受付で購入できます。)また、検温や手指のアルコール消毒にご協力よろしくお願い致します。

カベリン 脂肪溶解注射

カベリン 脂肪溶解注射
最も効果の高い脂肪溶解成分のデオキシコール酸が主成分の腫れにくい脂肪溶解注射です。

BNLS Ultimate(アルティメット)

BNLS Ultimate(アルティメット)
BNLSneoが進化して登場!脂肪溶解成分の増量で脂肪溶解量が確実にアップ!さらに、新成分配合で腫れにくく痛みの少ない脂肪溶解注射になりました。

HIFUで切らずにリフトアップ

HIFUで切らずにリフトアップ
新機種!切らない腫れないリフトアップ小顔レーザーのハイフ(HIFU)「ULTRAcel Q+(ウルトラセルQ+)」ダウンタイムもなく、スタッフもみんな受けて好評です。

飲むヒトプラセンタ

飲むヒトプラセンタ
ヒトプラセンタの内服薬の登場です! 今までクリニックでおこなっていたプラセンタ注射が飲み薬になりました。 医療機関限定の効果の高いヒトプラセンタを、サプリ感覚で体感してみてはいかがでしょうか。

症例写真多数掲載中 口コミアプリ

症例写真多数掲載中 口コミアプリ
お客様の率直なご意見、症例写真等掲載中! 口コミアプリの「トリビュー」はこちら。
もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2024年 5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら