2019.04.19

ミントリフトミニ 1週間後、1ヶ月後施術症例 , 若返り , ミントリフトミニ

(手術前)→(1ヶ月後)

正面-手術前 ミニフレックス10本20正面-1ヶ月後-ミントリフトミニフレックス10本20 

右側面-手術前 ミントリフトミニフレックス10本右側面-1ヶ月後 -ミントリフトミニフレックス10本

左側面-手術前 ミントリフトミニフレックス10本左側面-1ヶ月後 ミントリフトミニフレックス10本

ミントリフトミニという強力なトゲのついた糸を片側5本、合計10本入れてリフトアップしています。

フェイスラインのたるみが引きあがって口元やフェイスラインのもたつきが改善しましたね。

たるみが引きあがった分ホホの凹みにもボリュームが出て、フェイスラインが卵型に近づくことでお顔の輪郭も若々しくなりました。

側面ではアゴ下のたるみも改善したのもわかります。

3D画像で術前後のボリュームの変化を確認すると、マリオネットライン付近のたるみが引きあがってボリュームが減り、ホホ骨下の頬の凹み部分にボリュームが出たのが分かります。

色変化 右斜め 1ヶ月後ミントリフトミニフレックス10本20色変化 右斜め 1ヶ月後-ミントリフトミニフレックス10本20

(青い部分がボリュームが出た場所、黄色い部分がボリュームが減った場所です。)

ちなみに、ホホ骨の下の凹み部分はリガメントなどが付着して硬く、年齢と共にへこんで老ける部分です。

術前のデザインの際に印をつけておき、凹み部分はあえて糸を深い位置に通すひと手間を加えることで持ち上げてボリュームを出します。

ホホの凹みが持ち上がると卵型の若々しいフェイスラインになり、フェイスラインもよりシャープに見えるようになります。

 

ちなみに1週間後の画像です。

正面-1週間後-ミントリフトミニフレックス10本20

それ程腫れは目立たず、フェイスラインがすっきりしているのが分かります。

ミントリフトミニはほとんど腫れなかったと喜ばれる方も多いです。

ただし、2,3日はこめかみ付近の腫れなどは見ていただいてご都合をつけていただくと良いかと思います。

 

ミントリフトミニは強力なトゲを360度コイル状に配置することで、お顔のたるみ全体をがっちりと支えてリフトアップします。

糸の中でもかなり強力な糸になります。

ミントリフトミニ-コグらせん

通常、フェイスラインを上げる際には、側頭部の髪の毛の中を1か所針で穴をあけてそこからフェイスライン方向に片側5,6本糸を入れて引き上げます。(ほうれい線上をリフトアップする方はほうれい線方向に片側2,3本入れます。)

糸は1,2年かけて吸収されますので、長く保ちやすいです。   

溶けた後もコラーゲンに置き換わってお顔を支え続けて、4,5年はたるみの進行を遅らせてくれるといわれています。

HIFU(ハイフ)と組み合わせておこなうとよりリフトアップ効果を高めることができます。

切らずにしっかりリフトアップしたい方には、ミントリフトミニ+ハイフがおすすめです。

内容:トゲのついた糸を挿入してたるみをひっかけてリフトアップします。

料金:36,000円/本~

リスク:一時的な凹凸、腫れや内出血、違和感のリスク

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP