お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 丸顔、下膨れについて

丸顔、下膨れ顔とは

丸顔・下膨れ

お顔が丸かったり、下膨れを気にされる方は多いですよね。

ホホの上部は少しふっくらし、フェイスラインはすっきりしている逆三角形の卵型のラインは小顔で美しく見えます。

卵型フェイスラインタイトル付き

丸顔や下膨れのお顔では逆三角形とは反対方向の形となり、お顔のバランスが崩れて不格好に見えたり、お顔が大きく見えてしまいます。

ホホ・フェイスラインが丸みを帯びてくると丸顔、もっと張り出してくると下膨れになります。

丸顔、下膨れのお顔では例えお顔が小さくても小顔に見えにくく、お顔大きく見えるだけでなく、お顔のバランスが悪くなり、美人度が下がります。

逆にフェイスラインが整って卵型の小顔になると美人度が上がります。

 

顔はダイエットして体重を減らしてももなかなか痩せにくい部分です。

ヘアスタイルを工夫しても限界があります。

美容整形による丸顔や下膨れ顔の解消方法をここではご紹介します。

 

目次

     

    丸顔、下膨れの原因

    丸顔や下膨れに見えてしまう原因には4つあります。

    ①お顔の下方のボリュームが多い

    ②アゴが小さい

    ③ホホや中顔面(ゴルゴ線)がこけている

    ④骨格

     

    ①お顔の下方のボリュームが多い

    単純にお顔の下方のボリュームが多く、フェイスラインに厚みが出れば丸顔や下膨れに見えてしまいます。

    お顔の下方のボリュームは主に

    ・ホホ、フェイスライン、アゴ下の皮下脂肪

    ・エラの筋肉(咬筋)

    ・バッカルファット

    の3つがあります。

    下膨れの原因

    人によってそれぞれどのボリュームが多いかは違っており、組み合わさっていることも多いです。

    その方に多いボリュームを減らしてあげることでお顔がすっきりとして逆三角形の理想のフェイスラインに近づけることができます。

     

    ②アゴが小さい

    意外と気づいていない方も多いですが、アゴの形はフェイスラインにとってとても重要です。

    アゴが小さかったり、引っ込んでいる(後退している)とお顔が丸く見えたり、四角く見えてしまいます。

    アゴの形を少し整えてあげることでお顔がシャープになり小顔に見えます。

    アゴをシャープに

     

    (悩み別)アゴが小さいについて詳しくはこちら

     

    ③ホホや中顔面(ゴルゴ線)がこけている

    ホホのコケ

    上方のボリュームが多く、下方のボリュームが少なければ逆三角形のラインになりますが、上方のボリュームが少ないと下方のボリュームが強調されてひょうたんのように下膨れに見えやすくなってしまいます。

    ホホや中顔面(ゴルゴ線)がこけると老けても見えてしまいます。

    ホホのコケを改善することで卵型の若々しいフェイスラインに近づき、丸顔・下膨れを改善できる可能性があります。

    (悩み別)ホホのコケについて詳しくはこちら

     

    ④骨格

    ホホ骨が出ているとお顔が大きく丸顔に見えやすくなります。

     

    丸顔、下膨れの治療方法

    丸顔、下膨れ顔を解消するためには上記に上げた原因別にお顔のボリュームを減らしたり足したりして調整し、卵型のフェイスラインに整えていく必要があります。

     

    ①お顔の下方のボリュームが多い

    ・ホホ、フェイスライン、アゴ下の皮下脂肪

    ・エラの筋肉(咬筋)

    ・バッカルファット

    上記のボリュームを減らしていきますが、ボリュームを減らすべき部分、減らしてはいけない部分があります。

    (ボリュームを減らすべき部分)
    フェイスライン減らしたい部分

    減らすべき部分のボリュームはお顔を大きく見せたり不格好に見せ、加齢とともにどんどん厚みが増えて老けても見えてしまいます。

    ボリュームを減らすと老けませんかという質問を受けますが、加齢と共に増えるボリュームを減らしますので逆に若返り効果があります。

    (減らしてはいけない部分)
    フェイスライン増やしたい部分

     

    減らしてはいけない部分減らすと老けます。

    後述しますがそのような部分は逆にボリュームを増やしてフェイスラインを整えます。
    そうすると若々しくなり卵型のフェイスラインに近づきます。

     

    ホホ、フェイスライン、アゴ下の皮下脂肪

    ホホ、フェイスライン、アゴ下の脂肪

    ホホ・フェイスライン・アゴ下の皮下脂肪をすっきりさせる方法をご紹介します。

    <プチ整形>

    BNLS

    bnls-01

    ダウンタイムの短い脂肪溶解注射で大変人気の施術です。

    脂肪やむくみを減らしてくれます。

    ダウンタイムは当日くらいで回復の早い施術ですが、少しずつボリュームを減らしますので1週間ごとに3回以上繰り返す必要があります。

    BNLSについて詳しくはこちら

    ショッピングスレッド

    ショッピングスレッド図

    脂肪を減らすわけではありませんが、ホホのたるみを引き締めることでホホのボリュームを目立たなくさせる施術です。
    細い吸収糸を網目状にホホに挿入することでホホ支えてたるみにくくします。
    さらに、吸収糸の刺激でコラーゲンが生成されて引き締まります。
    2週間~1ヶ月ごとに3回繰り返すと効果がしかり出て長持ちしやすいと言われています。
    将来のたるみ予防効果もありますし、老化防止にも効果的です。

    ショッピングスレッドについてはこちら

    <手術>

    脂肪吸引

    やはり効果的なのは脂肪吸引です。

    直径2.5㎜ほどの吸引管を使って確実に一度の施術で脂肪をしっかり吸引することができます。

    耳たぶの後ろやアゴ下に3㎜くらいの切開線を入れますが、傷は目立ちにくくほとんど見えません

    1日のフェイスバンドと1週間ほどの浮腫みはありますが、効果は一生持つため、半永久的に美人度を上げることができます。

    小顔治療をよく知るスタッフなどに大変人気の施術です。

    お顔の脂肪吸引について詳しくはこちら

     

    エラの筋肉(咬筋)

    エラ

    エラの筋肉をすっきりさせる方法をご紹介します。

    小顔ボトックス(エラボトックス)

    ゼオミンボトックスとアラガン社ボトックスビスタ

    えらの咬筋という筋肉にボトックスを注射して筋肉の動きを止めて薄くします。

    適正な量でボトックスを注射すれば、5分ほどの注射で確実にしっかり小顔効果を出すことができますのでこちらも大変人気の施術です。

    ただし、ホホがこけている方ではホホのコケが強調されることがあるので注意が必要です。

    エラボトックスについて詳しくはこちら

     

    バッカルファット

    バッカルファット

    バッカルファットをすっきりさせる方法についてご紹介します。

    バッカルファット除去

    バッカルファットは粘膜側にある脂肪の塊で、口横のホホがポッコリ膨らんでいる人や、笑うとホホの盛り上がりが強い人、よく口の中の噛む人などで多い傾向があります。

    口の中の粘膜を5㎜ほど切開して除去します。

    バッカルファット除去

    腫れは比較的少なく、簡単にかなりのホホのボリュームを減らすことができます。

    脂肪は除去したら増えませんので、効果は半永久で、将来ブルドックのようにホホがたるんでしまうのを予防することができます。

    ただし、ホホのコケのある方ではホホのコケが強調されることがありますので手術をおすすめしないこともよくあります。

    バッカルファットについて詳しくはこちら

     

    組み合わせ治療

    上記がそれぞれの組織別の減量方法でしたが、それぞれのボリュームが全体的に多い方も多いです。

    その方に合わせた施術を組み合わせるとさらに効果的に小顔にすることが可能です。

    ホホ・アゴ脂肪吸引、バッカルファット除去、小顔ボトックスの効果的な3つの施術を組み合わせた強力小顔3点セットの症例写真を参考に載せておきます。

    強力小顔3点セット症例写真②
    強力小顔3点セット症例写真①

    強力小顔3点セットについてはこちら

     

    ②アゴが小さい

    アゴをが小さい人

    アゴが引っ込んでいたり(後退していたり)、平坦だったり、アゴが割れているなどの方ではフェイスラインがシャープでなくなり、丸顔や下膨れに見えやすくなります。

    顔が大きいのに顎にボリュームを出したらさらに顔が大きく見えないのかと思われるかたもいらっしゃるかもしれませんが、アゴの形を少し整えるだけでフェイスラインが整って逆に小顔に見えるようになります。

    (参照)アゴが小さい

    クレヴィエル(高濃度ヒアルロン酸)

    クレビエル画像

    アゴは硬い部分なので通常のヒアルロン酸では横に広がって丸みが出やすいですが、クレヴィエルの場合は弾性・凝集性に大変優れており、通常のヒアルロン酸より高くきれいにアゴの形が出やすいです。

    10分ほどの施術で簡単にフェイスラインを整えることができます。

    少しずつ確認しながら高くしていきますので、ご希望に応じて控えめにしたり、高さをしっかり出すこともできます。

    その方のアゴの形やご希望に応じて前方や下方など高さを出す方向を調整します。

    ヒアルロン酸は気に入らなければ溶かすこともでき、安心の施術になります。

    クレヴィエルについて詳しくはこちら

    アゴプロテーゼ

    シリコンを顎に入れることで長期的にアゴの形をきれいに保ちます。

    アゴのプロテーゼについてはこちら

    ③ホホがこけている

    ホホのコケ

    ホホのコケはヒアルロン酸や脂肪などのフィラーを注入してボリュームを出して改善します。

    ただし、ほほのコケは硬い部分ですので完全に滑らかにならないこともあり、入れすぎるとかえって周りが盛り上がって凹んで見えることがあるので注意が必要です。

    ヒアルロン酸

    クレヴィエルプライム

    ヒアルロン酸にもいろいろ種類がありますが、硬くて上がりやすいクレヴィエルプライムがおすすめです。

    ヒアルロン酸は気に入らなければ溶かすことができます。

    鈍針を使うと内出血のリスクをぐっと減らすことができます。

    クレヴィエルプライムについて詳しくはこちら

    脂肪注入

    脂肪は定着すれば半永久的に長持ちします。

    ただし、ホホは硬い部分ですので脂肪が定着しにくい傾向があり、濃縮した脂肪(コンデンス脂肪)を注入すれば生着率を高めることができますが、複数回の脂肪注入が必要になることがあります。

    コンデンス脂肪注入(顔)についてはこちら

    ④骨格

    ホホ骨を骨折させたり削ったりする方法があります。

    骨をいじるので腫れは数か月単位で出ます。

     

    以上が丸顔、下膨れのお顔の原因や改善方法です。

    いろいろな原因が重なっていることも多く、組み合わせるとより効果的に小顔にすることができます。

    ご自身で丸顔や下膨れが気になるけれどどうしたらよいのかわからないという方はお気軽に無料カウンセリングでご相談いただければと思います。

     

    ページトップに戻る ^
    TOP