2018.10.4

鼻尖縮小、軟骨移植(ストラットも) 1ヶ月後施術症例 , , 鼻尖縮小 , 鼻尖軟骨移植

DSC08841正面DSC09468正面
DSC08838左側面DSC09472左側面
DSC08834右ナナメDSC09469右ナナメ    
DSC08845下からDSC09477下から

もともと鼻先の皮膚が厚く、鼻翼軟骨がとても小さい方でした。

このような方の場合、通常の鼻尖縮小をして鼻翼軟骨を寄せてもあまり細くなりません。

また、軟骨移植で単に鼻先に載せたとしても軟骨が小さく弱いため鼻先の皮膚に負けてつぶれて高さもあまり出ません。

ですので、今回は、変化がでやすい3D法を選択して鼻先をなるべく細くなるようにし、鼻先に高さが出やすいように、鼻翼軟骨の内側脚に支柱(ストラット)を挟み込んで土台を強化しました。

さらに、鼻先には軟骨を2枚重ねで載せて、斜め下方向に 鼻先の高さを出しました。

軟骨の形が浮かないように軟骨膜で軟骨をカバーしています。

これらの工程は複雑ですが、当院ではすべてクローズ法で行っていますので、鼻の穴の中の傷だけで済みます。

内容:耳介軟骨を採取して鼻先に移植することで鼻先を高くしたり延長したりします。

料金:236,300~278,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。耳の裏に傷ができるリスク。

関連するコラム

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP