2019.09.7

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転) 直後~1ヶ月後施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

(手術前)

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転) 手術前

(手術直後)

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転) 手術直後

(1週間後)

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転) 1週間後

(1ヶ月後)

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転) 1ヶ月後

二重の全切開と眼瞼下垂の手術(挙筋前転術)をおこなって二重を少し広く安定させて目の開きも改善させました。

 

お客様は他院で目の上の眼窩脂肪除去と、糸の眼瞼下垂+二重術をおこなっていた方で、二重が浅くなったので二重を少し広く安定させたいとご希望で来院されました。

そのまま全切開をして二重を作ると、眼瞼下垂の糸が切れて目の開きが弱くなってしまうことが予想されましたので、二重切開の際に眼瞼下垂(挙筋前転術)もおこなって確実に目の開きを保ちながら、二重を広くすることになりました。

眼窩脂肪はすでに除去済みでややくぼみ目傾向なので、二重が不安定にならないように皮膚切除は今回は行いませんでした。

 

手術直後と1か月後の様子を動画でも作ってみたのでご参考下さい。

 

全切開で広め二重を作っていきましたが、直後から腫れはすごく強いわけではありませんね。

もともと瞼が厚ぼったい方では腫れはそれほど出にくいことも多いです。

1週間で抜糸ですが、抜糸翌日からメイクすればカバーできるレベルかと思います。

1ヶ月後はかなり自然になりましたね。切開していますが、閉眼時の二重の食い込みも不自然ではありません。

半年ほどかけてもっとなじんで完成していきますので、自然な仕上がりになるかと思います。

 

内容:二重のライン上を切開して挙筋腱膜を下げて瞼板に固定し目の開きを改善します。

料金:348,600~498,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。まぶたがむくみやすくなる、ドライアイが強くなるリスク

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP