2018.12.13

下眼瞼下制(切るタレ目)、目尻切開 1ヶ月後施術症例 , , 目尻切開 , 下眼瞼下制(グラマラスライン)

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC00338目2

DSC01030目2

もともと吊り上がり気味の目元でしたが、切るタレ目(下眼瞼下制)をおこなって目の下のラインが下がって目が下方向に大きくなりました。

まだ1ヶ月ですのでもう少し経過を見るとラインはもう少しなめらかになります。

また、目尻切開も行っていることで、目尻側の白目の幅も広がって、目尻の白目の露出も大きくなりました。

もともと目尻の余裕は多くはありませんでしたが、少しでも目尻の隠れている部分を露出させることで、より目の下を下がりやすくしてデカ目効果を高めました。

目尻切開タレ目術はお互いに効果を増強しあいますので組み合わせた行うのがおすすめです。

内容:下まぶたの裏側を切開して瞼板を下げて固定することでタレ目にします。

料金:248,000~368,000円

リスク:一時的な腫れや内出血、結膜浮腫や粘膜の露出。戻せないリスク。

関連する感謝の声

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP