2019.06.6

目の下たるみとり(ハムラ法) 3ヶ月後施術症例 , 若返り , 目の下のたるみとり(ハムラ法)

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC00407目
DSC09905目

目の下のクマを気にされており、皮膚のたるみも切除したいとのことで目の下のたるみ取り(ハムラ法)を行いました。

下まつ毛の際を切開することで傷は御覧のように目立ちにくく治ります。

目の下のクマやたるみがすっきりとして目の下はお若いころの状態に近づきました。

目元の印象が良くなると5~10歳は若々しく見えるようになります。

しっかり処理しておけば効果は長く保ちますのでお顔が老けにくくなります。

 

ハムラ法では、目の下の眼窩脂肪を引き下げることで目の下のふくらみを改善し、逆にふくらみだった眼窩脂肪を凹みに補うことで目の下をフラットにします。

凹凸を改善するだけでなく、眼輪筋を引き上げて目の外側の骨膜に固定することでたるんだ眼輪筋を引き締めて目の下のたるみを改善します。

最後には余った目の下の皮膚も切除し、皮膚もひきのばされて、たるみやしわが改善します。

 

ハムラ法は切開することで目の下の眼窩脂肪、teartroughの凹み、たるんだ眼輪筋・皮膚をすべて同時に改善することができます。

ダウンタイムは1~2週間見ていただく必要がありますが、たるみが強い方ではおすすめの施術です。

 

 

内容:下まぶたを切開して眼窩脂肪を移動させ皮膚のたるみも除去して目袋やクマを改善します。

料金:278,600~398,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。目立ちにくいが傷が残る。外反のリスク

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP