お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 目の下のクマについて

目の下のクマについて

クマで悩むイラスト
目の下のクマはがあるとお顔の印象が疲れて、老けて見えてしまいます。
お若いうちから目の下のクマが目立つ方も多いですが、残念ながらどんどん進行していきます。
進行していくとポッコリした目袋になって、お顔がご老人のようになってしまいます。
目元はぱっと目に入りやすい部分ですので、目の下のクマは目立ちやすく、全体の印象が老けて見えてしまします。
ただ、早いうちに目の下のクマ治療を行えば、逆に目元が若々しくなり全体の印象も明るくなります。
また、目の下のクマ治療は将来的に長く目元を老けにくくすることができます。

目の下のクマの原因

一口に目の下のクマといっても原因は一つではなく簡単には4つの原因からなります。

①目の下ふくらみ(眼窩脂肪)⇒目袋、黒クマ

目袋、黒クマ

②目の下のへこみ(tear trough) ⇒黒クマ

目の下のくぼみ、黒クマ

③目の下の赤み(眼輪筋)⇒紫クマ、赤クマ

紫クマ、赤クマ

④皮膚の色素沈着(シミ)⇒茶クマ

茶クマ
黒クマは段差によってできる影ですので、ふくらみ(①)と凹み(②)による2つ原因があります。
目袋の断面図
上記の原因が組み合わさってクマになるため、上記4つすべてが原因になっている方もいれば、どれかだけのタイプの方もいらっしゃいます。
ご自身のクマのタイプはどれに当てはまるでしょうか?
なかなか意識して見る機会はないと思いますので改めて鏡でチェックしてみてください。
鏡でチェック

目の下のクマの治療方法

目の下のクマの原因は上記のようにいろいろあり、組み合わさっていることが多いです。
ご自身のクマの原因を見極めて治療することが大切です。
基本的に美容外科で改善できるのは①と②の黒クマです。
また、眼窩脂肪を減らしたり、目の下のへこみに脂肪を注入したりすることで③の赤みも改善することができます。
それぞれ目の下のクマを改善する方法を以下にご紹介します。

①目の下ふくらみ(眼窩脂肪)

目の下の脂肪とり

下まぶたの裏側(粘膜)に小さい切開を入れて目の下の脂肪を除去していきます。
目の下の脂肪とり
目の下の眼窩脂肪は内側、真ん中、外側のコンパートメントに分かれており、ふくらみの強い部分の脂肪を除去していきます(主に内側と真ん中の脂肪を除去します)。
目の下の脂肪
脂肪を除去すれば基本的に増えることはありませんので、長く目袋を予防することができます。
ただし、眼窩脂肪は目のクッションで眼窩の奥のほうにもあるため経過とともにまた少し落ちてきてふくらみが再発するケースはまれにありますが、再手術でまた除去可能です。
目の下の脂肪とりについてはこちら

BNLS(脂肪溶解注射)

bnls-01
手術が怖いという方では目袋に天然ハーブ成分のBNLSを注入して脂肪やむくみを減らすことができます。
目の下はリスクがある部分ですの先の丸いカニューレ(鈍針)を使用して注入する必要があります。
cannula2
通常BNLSを片目で1㏄前後注入しますので、直後は膨らみますが、翌日になれば落ち着きます。
少しずつボリュームを減らすものですので繰り返しの注入(3回以上)がおすすめされています。
BNLSはダウンタイムがあまりなくとてもやりやすい治療ですが効果に個人差があります。
BNLSについて詳しくはこちら

②目の下のへこみ(tear trough) ⇒黒クマ

脂肪注入

下腹部や太もも内側から脂肪を採取し、目の下のくぼみに注入してへこみをフラットにします。
脂肪はある程度吸収されますが、目の下は脂肪が定着しやすい場所で、定着すれば長持ちします。
採取した脂肪はそのまま注入すると脂肪幹細胞の密度が少なく不純物も多いため、遠心分離して脂肪を濃縮して(コンデンスして)脂肪幹細胞の密度を高めることで生着率を上げしこりのリスクを減らすことができます。
脂肪は1ミリの厚みまでは生き残ることができると言われています。
脂肪が生着する厚みの図
なるべく生着させてしこりのリスクを減らすために可能な限り細かな点状に脂肪を積み重ねて少しずつくぼみを持ち上げていきます。
点状注入
目の下の脂肪注多層注入
当院では他院の目の下の脂肪注入後のしこりの相談や修正をすることがありますが、繊細に丁寧に注入を行わなければいけない部分なので注意が必要です。
目の下の脂肪注入についてはこちら

プチ整形

ヒアルロン酸
手術は怖いという方はプチ整形で凹みを持ち上げることで簡単に目の下のクマを改善することができます。
ベビーコラーゲンやヒアルロン酸は3か月~半年くらいでなくなると言われていますが、気に入らなけらば戻ってくれるという安心でもあります。

ベビーコラーゲン

赤ちゃん画像
赤ちゃんに多く含まれるタイプのⅢ型コラーゲンが多く含まれているコラーゲンです。
大変なじみやすくヒアルロン酸のように青みがかったりして不自然にならないため目の下の凹みには一番おすすめです。
組織の再生作用もあるため、繰り返すごとに長持ちしやすくなったり、お肌に張りが出たりします。
なじみやすいので1か月後にタッチアップ(再注入)をおこなうと仕上がりもよくなり長持ちしやすくなります。
ベビーコラーゲンについて詳しくはこちら

ヒアルロン酸

ベビーコラーゲンより硬いため、皮膚の薄い目の下ではボコッとしたり張った感じになりやすいです。
また色が透けて目の下の皮膚が青みがかったりします(チンダル現象と言われています)。
ヒアルロン酸で目の下が青くなる(チンダル現象)
目の下のへこみにヒアルロン酸を注入するドクターは多いですが、目の下が青っぽくなって、黒クマは減ったけれど青クマができたという方も多いです。
目の下のへこみにはヒアルロン酸も可能ですが、なじみやすく、青くならないベビーコラーゲンが一番おすすめです
ヒアルロン酸を注入するなら骨膜上の深い層に控えめな量で注入するのが良いです。
溶かすこともできますので安心です。

FGF

線維芽細胞増殖因子のことで注射で目の下に注入すると自分の力でコラーゲンの増生が起こり、へこみが埋まります。
他院ではPRP療法としてFGFを混入させて治療しているところもあります。
満足度も高く手軽で良い治療ですが、ベビーコラーゲンなどのようにその場で見ながら調整するわけでないため、まれに増殖しすぎて盛り上がってしまうこともあります。
そのような場合はヒアルロン酸のように溶かしたりすることはできません。
ですので、まれですが若干のリスクは知っていただいておこなう治療になります。
基本的にはベビーコラーゲンなどの注入をおすすめしています。
FGFについてはこちら

裏ハムラ

目の下の裏側を切開して目の下全体を剥離し、眼窩脂肪を引き下げて目の下の凹みに埋めて固定します。
裏ハムラ(修正済み)
目の下の眼窩脂肪の量がある程度ないと引き下げることはできません。
また、お腹などの脂肪がほとんどなく脂肪が採取できずに脂肪注入が難しい方では裏ハムラを行うことがあります。
裏ハムラでは目の下全体を剥離するために術後の腫れや内出血などは長引きやすい傾向があります。

※目の下のクマ治療の注意点

目の下のくまを気にされる方では、目の下の脂肪のふくらみと目の下のへこみ(①と②)が同時に起こって黒クマになっているケースが多いです。
そのような場合は、どちらかの治療のみをおこなうとクマの改善は今一つになってしまいます。
例えば脂肪のふくらみとへこみを合併している方で脂肪とりだけ行った場合の症例写真です。
症例写真
目の下のふくらみはなくなりましたが目の下のへこみが残ってクマの改善はいまいちですね。
このような方では同時に脂肪注入をおこなっていればクマがきれいに改善できたはずです。
目の下脂肪とりと脂肪注入を同時に行った症例写真です。
症例写真
ドクターによっては脂肪とりしか勧めないクリニックもあるようですので注意が必要です。
目の下のへこみを改善させる脂肪注入や裏ハムラといった治療はきちんと丁寧におこなわないとリスクになるためです。
逆に、目の下のふくらみだけの場合は目の下の脂肪とりだけで十分で、施術を組み合わせる必要はありません(そのようなケースはあまり多くありませんが)。
クマの原因をよく見極めてご自身にあった治療を選ぶことが大切です。

 

③目の下の赤み(眼輪筋)⇒紫クマ、赤クマ

目の下の皮膚はうすいため、すぐ下の眼輪筋が透けて赤みがかって見えます。
また、目の下のふくらみで眼輪筋が押されて赤みがすけやすくなったり、血流が悪くなってうっ血したり血管が広がることで紫や赤クマになってしまいます。

脂肪注入

皮下に脂肪を注入して厚みを出して眼輪筋が透けないようにします。
皮膚は薄くしこりになると大変なのでさらに慎重な注入が必要です。
また、注入した脂肪は再生作用があるため皮膚や眼輪筋の再生を促し血流改善が起こりますので紫・赤クマが改善します。

脂肪とり

目の下の眼窩脂肪のボリュームを減らすことで眼輪筋の圧迫を解除し血流が改善されることで赤みが改善される可能性があります。
以上が目の下のクマの原因や治療についての解説でした。
クマは気になるけど自分がどのクマなのかわからないという方は無料カウンセリングを利用してご相談ください。

ページトップに戻る ^
TOP