2015.01.1

ミントリフトミニ【】

 

腫れにくくばれにくいリフトアップ

ミントリフトⅡミニS( MINT Lift Ⅱmini S)

 

MINT LIFT MINI タイトル

 

切らずに、腫れも少なく、お顔に針穴すら開けずに、たるみを引き上げる方法をご存知ですか?

 

最近お顔がたるんできて、張りがなくなり、しわが深くなってきたと気になってきた方。

 

腫れが少なく、ばれずに、簡単に糸でたるみが引きあげることができたら夢のようですね。

 

そんな理想に限りなく近い若返りの方法がMINT Lift Ⅱ mini Sです!

 

限りなく、ダウンタイムを減らして効果を高めることを追求しました

 

 

<MINT LIFT miniってどんなリフト?>

MINTLIFTminiS

MINT LIFT Ⅱmini Sは双方向にとげがついた新しいスレッド(糸)です。

 

PLLA(Poly-L-Lactic Acid)という最新吸収糸でできており、残ることなく吸収される素材でできており安心です。

 

また、吸収されるまでの期間は約2年と従来のものより格段に長持ちするようになりました!

ミントリフトミニ2ヶ月後

 

ゆっくり吸収されていきますので、リフト効果を長く保つことができます。

 

MINT Lift miniの施術は、髪の中から、先の丸い針を使用して糸を置いていきます。

 

ミントリフトミニ挿入方法最終

 

ですので、お顔に針穴が残ることもなく、内出血や腫れ、痛みも最小限に抑えることができます。

 

仕上がりは、引きつれ感がなく自然な仕上がりです!

 

たるみの気になる幅広い年齢の方が施術可能ですよ。

 

さらに腫れを抑えたい方には腫れを減らす麻酔がおすすめです。

早く腫れや内出血を引かせる方法 | 腫れを減らす麻酔

 

 

ミントリフトミニは従来のスレッドよりもしっかりリフトアップができる特殊な糸です。

ミントリフトミニ糸の強度の図1WS000002

 

吸収された後でも、糸がコラーゲンに置き換わることでリフト効果、たるみ予防効果は持続します。

 

このように、MINT LIFT mini は、私が追及しているダウンタイムを少なく、かつ効果を高くというポリシーに、ぴったりなリフトアップ法なので、おすすめですよ。

 

また、MINT LIFT MINIはアメリカのFDAの厳しい基準をクリアして認可された製品ですので、安全で安心な製品です。

 

<どんな効果があるの?>

①コグ(とげ)が反対方向に外向きについていますので、重力に逆らってたるみを引き上げることが可能です。

 

また、たるみが引きあがることで小顔効果を出すことが可能です。

 

たるみ引き上げの図

 

②糸のまわりにコラーゲンが増生され、お肌が引き締まり、張りがでてきます。

③糸がお顔の支えになることで、たるみの進行を予防する効果があります。

糸が吸収されても、自分のコラーゲンに置き換わって長くたるみの進行を抑えます

 

たるみの進行を抑えることで、5年後、10年後の老け方が全然違ってきて、若々しくいられます。

 

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_s

 

たるんでから慌ててやるよりは、たるむ前に予防すると効果的ですよ。

 

<こんな人に向いています>

・切らずに効果的な若返りをしたい方

・ほほやアゴのたるみが気になってきた方

・腫れずに、ばれずにリフトアップしたい方

・顔に傷はつけたくない方

・お顔のたるみを予防したい方

・引きつれ感がなく、自然な仕上がりを希望される方

 

<ダウンタイムは?>

ダウンタイムは通常あまりありません。

 

ただ、こめかみや目尻の部分が少しむくむことがあります。

 

腫れを減らす麻酔を使用することにより、腫れないように予防することが可能です。

 

<効果の持続は?>

リフト効果は半年〜2年くらい言われています。

 

たるみの予防効果2〜3年くらい続きます。

 

<リスクは?>

(腫れや内出血)

鈍針の針なので腫れや内出血のリスクは格段に減りましたが

 

麻酔をする際や、鈍針の針を入れるための穴をを開ける際に内出血をするリスクがあります。

 

こめかみや目まわりの腫れがでるリスクがあります。

 

腫れは4,5日から1週間ほどで落ち着いていきます。

 

腫れを減らす麻酔をすることで腫れと内出血を最小限に抑えることが可能です。

 

(凹凸のリスク)

 

コグで引っ掛かりを作りますので引っ掛かり具合によっては凹凸のリスクがあります。

 

皮膚をならすことで凹凸を解除させることは可能です。

 

また、仮に凹凸があったとしても、時間とともに落ち着いていきます。

 

(感染)

感染のリスクはまれですが、糸を入れればありえます。

 

髪の毛を巻きむと感染しやすくなりますが、注意して行うことで予防できます。

 

<さらに効果を高めるには?>

 

せっかくミントリフトミニをやるならより効果を高められないでしょうか。

 

より若返り効果を高める方法はあります。

 

ただ、人によって何が効果的かは違ってきますので先生と一度相談されるのをお勧めします。

 

①本数をたくさん入れる。

 

通常、ミントリフトミニは片側3本〜6本ほど(合計6〜12本)入れます。

 

当然、片側3本ずついれるよりは、片側5、6本しっかり入れることで効果を高めることができます。

 

②ミントリフトミニとショッピングスレッドを組み合わせる。

 

ミントリフトミニでホホ・フェイスラインのたるみを引き上げつつ、

 

ホホやフェイスラインに直接ショッピングスレッドを網目状に入れていくことで、

 

ホホ全体のたるみを引き締め、リフト効果を増強することが可能です。

 

ショッピングスレッドもダウンタイムが少ない治療ですので、

 

両方おこなっても腫れを少なく抑えることができ、若返り効果が高まり、満足度もとても高くなります。

 

③ミントリフトミニとしわの治療を組み合わせる。

(ヒアルロン酸やボトックスの併用)

 

基本的にミントリフトはたるみの治療なので、しわを直接改善することはできません。

 

そこで、老化の重要な原因のひとつであるしわの治療(ヒアルロン酸やボトックス)を組み合わせておこなうことで、

 

見た目の若返り効果を飛躍的に高めることが可能です!

 

④フェイスリフトとの併用

 

すでにたるみが強く出てしまっている方には、フェイスリフトとミントリフトミニの併用が効果的です。

 

フェイスリフトでたるみをしっかり除去してリフトアップさせつつ、

 

ミントリフトミニのたるみ予防効果を出してあげれば、長くリフトアップ効果を保つことができます。

 

たるみの最強の治療は、フェイスリフトミントリフトミニを組み合わせて、さらにしわの治療も同時におこなう治療です。

 

たるみ・しわが同時に改善し、ミントリフトミニで長持ちすることで、それぞれの治療の効果を最大化することができます。

 

でも、フェイスリフトすると、傷が目立ったり、ダウンタイムが長くなるから嫌だという方は多いと思います。

 

そんな方にはもとび式フェイスリフトがおすすめです。

 

このフェイスリフトは腫れを最小限に、効果を最大に出すように最適化されて設計されています。

 

傷もあまり目立ちませんのでばれにくいフェイスリフトです。

もとび式フェイスリフトについてはこちら

 

理想的にはフェイスリフトにプラスして、MINT LIFT miniを組み合わせると、リフト効果を長持ちさせることができます。

 

 

まとめ

 

糸のリフト(スレッドリフト)は、ますますダウンタイムが少なく、効果も持続できるようになってきました。

 

たるみやしわが気になり始めた方におすすめの施術です。

 

リフト効果は半年〜2年程度で、ずっと持続するわけではないことは頭の片隅に置いておく必要があるでしょう。

 

ただ、糸は吸収されますが、自分のコラーゲンの繊維に置き換わり、お顔の支持組織ができます。

 

たるみの進行を3〜5年遅らせてくれると言われています。

 

ですので、たるみ始めの方がたるみをリフトアップさせつつ、

 

メインはたるみの進行を予防する目的でおこなうことを最もおすすめします。

 

症例写真

(処置前)⇒(処置直後)

DSC04118正面DSC04142正面

フェイスラインがシャープになり、ほうれい線のしわが改善しました。

直後なのに全然腫れていないと喜ばれていました。

 

(処置前)⇒(処置直後)

DSC07912正面DSC07919正面

 

(手術前)⇒(1週間後)

DSC08642左斜めDSC08971左斜め

 

 

 

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP