小鼻を小さくするおすすめの方法とは? 小鼻を小さくするおすすめの方法とは?

小鼻を小さくする方法

小鼻を小さくするおすすめの方法とは?

 美人と呼ばれる人の鼻はほとんどの人が主張しすぎず、ちょうど良い高さ、形の方が多いですよね。
目立ちすぎてもダメ、のっぺりと目立たなさ過ぎてもダメ、小さすぎても、大きすぎてもダメという風に、これらの特徴をなくしてちょど良い、主張のないお鼻にするのが美人の条件です。

小鼻美人

今回は鼻のパーツの中でも、整った小鼻にする方法、整形について解説したいと思います。
最近では、少しずつ美容手術を受け入れている人も多くなってきたように感じます。
気になるパーツをきれいにしてコンプレックスを取り除いてみるのもありではないでしょうか?

 

【美しい小鼻、美しくない小鼻、その原因は】

美しい小鼻について考える際には、以下の3つのポイントについて考えると良いです。

Ⅰ)小鼻の幅
Ⅱ)小鼻の丸みや張り出し
Ⅲ)鼻の穴の形

それぞれのポイントについて解説と、美しく整える方法をそれぞれご紹介します。
具体的な小鼻を整える施術についてはそのあとに詳しく解説させていただきます。

 

Ⅰ)小鼻の幅

美しく綺麗な鼻と言われる条件の一つに
「小鼻の幅は、左右の目の間の長さと同じくらい」
というものがあります。

理想の小鼻の幅イメージ

上の画像のように目の幅と目の間の幅は同じくらいで、かつ小鼻な幅も同じであるのが美しいと言われています。
小鼻が気になるという人は、小鼻の幅が目の間の幅よりもはみ出しているのかもしれませんね。

 

<小鼻の幅を狭くする施術>

(切らない手術)切らない鼻翼縮小

(切る手術)鼻翼縮小(内側法、flap法)

 

Ⅱ)小鼻の丸みや張り出し

小鼻の丸みや張り出しは少ないのが理想です。
小鼻の丸みが強く、外に大きく張り出していると小鼻の印象が強くなり、整ったお鼻には見えにくくなります。

大きい小鼻

 

<小鼻の丸みや張り出しを改善する施術>

(プチ整形)BNLS

(切る施術)鼻翼縮小(外側法)、鼻翼縮小(内側法+外側法)

 

Ⅲ)鼻の穴の大きさ

鼻の穴が大きいと鼻の穴の印象が強くなり不格好に見えてしまいます。
大きすぎず目立たない鼻の穴が美しいです。

鼻の穴が大きく見える原因には3つあります。

小鼻が大きいため鼻の穴が目立つ】

大きい小鼻2

上述のように、小鼻が張り出していたり、横に広がっているため、小鼻自体が大きいため鼻の穴が大きいパターンです。

 

<小鼻の幅を狭くする施術>

(切らない手術)切らない鼻翼縮小

(切る手術)鼻翼縮小(内側法、flap法)

<小鼻の丸みや張り出しを改善する施術>

(プチ整形)BNLS

(切る施術)鼻翼縮小(外側法)、鼻翼縮小(内側法+外側法)

 

【鼻先が上向き(アップノーズ・ブタ鼻)のため鼻の穴が見えやすい】

ブタ鼻文字入り

鼻先が上向きのことを、アップノーズや豚鼻、短鼻などと言います。
アップノーズだと、鼻の穴を下からのぞくような感じになるため鼻の穴が目立ちやすくなります。

改善するためには鼻先を下方向に向け、鼻先の形を整える必要があります。

<上向き鼻を改善する施術>

(切らない整形)切らない鼻尖延長(MISKO)

(切る施術)鼻尖軟骨移植、鼻中隔延長

 

【鼻の穴がせりあがっていて鼻の穴が目立って見える】

鼻孔縁後退

鼻の穴の縁が上方や上外側に後退しているため、鼻の穴がせり上がって大きく見えます。

 

<鼻の穴のせり出しを改善する施術>

(切る施術)鼻孔縁延長、鼻翼縮小(外側法)

 

以上が小鼻が整って見えるポイントになります。

 

笑顔などの際に

笑った時などの筋肉の動きによって小鼻が大きくなりやすい方では、小鼻が目立って気になってしまう場合があります。

【鼻の穴自体が大きくなるパターン】

笑うと鼻の穴が大きくなる

小鼻を膨らませて鼻の穴を大きくする筋肉の動きが強いために起こります。

<改善方法>

(プチ整形)ボトックス(鼻孔開大筋)

 

【小鼻が横に広がるパターン】

笑うと小鼻が横に広がる

主に小鼻を上斜めに引き上げる筋肉の動きにより起こります。

<改善方法>

(プチ整形)ボトックス(鼻翼挙筋)

 

小鼻以外にも原因があることがあります。

小鼻自体はそれほど大きくない方でも、鼻筋が弱い場合、バランス的に鼻先や小鼻が目立って見えてしまうことがあります。
そのような方ではプチ整形(ヒアルロン酸クレヴィエル)やプロテーゼで鼻筋を通してあげることで、お鼻のバランスが整い、鼻先や小鼻も目立ちにくくなります。
鼻筋が通ることでお顔全体のバランスも良くなってきますのでおすすめです。

鼻スジが弱い団子鼻が目立つイメージ

ヒアルロン酸(クレヴィエル)について詳しくはこちら

 

さて、美しい小鼻、美しくない小鼻、それを治す施術が分かったところで、今回のテーマ、「小鼻を小さくする方法」についてそれぞれ詳しく解説していきます。

【小鼻を小さくする施術】

プチ整形

①BNLS

BNLS

気にしているコンプレックスを改善するために手軽に受けれる施術として、まず、注射で小鼻の厚みを小さくする脂肪溶解注射(BNLS注射)があります。
BNLSは輪郭注射と言われるもので、もともとフェイスラインをすっきりさせて小顔にする人気の治療ですが、小鼻に注射することでも効果を出すことが可能です。
BNLSは1~2週間おきくらいに3回ほどおこなうと効果が出てきます。
注射で短時間にできて、数時間で腫れも引いてダウンタイムが短いので、手術するのが怖いと言う方で小鼻を少しでも目立ちにくくさせたい方には効果的です。
BNLSは鼻先もすっきりさせることができますよ。
また、効果が出やすいBNLSneoもありますので、より効果を出しやすくしたい方はそちらもおすすめです。

ただし、小鼻のBNLSは他の部位に比べて痛みが出やすい部分です。
痛みが怖い方は笑気ガスなどのオプションを選んでいたただくと、痛みを減らすことが可能です。

(BNLS注入量の目安)

小鼻1~3㏄、鼻先2~4cc  鼻全体3~7cc

 

BNLSについて詳しくはこちら
BNLSneoについて詳しくはこちら

 

②ボトックス

アラガン社ボトックス

ボトックスで筋肉の動きを抑えて、表情で小鼻が大きく見えてしまうのを抑えます。
鼻の穴が大きくなったり、笑った時に小鼻が横に広がるの抑えたりすることができます。

(鼻の穴を広げないボトックス)
笑うと鼻の穴が大きくなる
鼻の穴を広げないボトックスは、鼻の穴を大きく開く筋肉(鼻孔開大筋)の動きを抑えることで、鼻の穴が大きくなったり小鼻が張り出す動き減らします。

(小鼻を横に広げないボトックス)
笑うと小鼻が横に広がる
小鼻が横に広がるのを抑えるボトックスは、小鼻を外側上方に引っ張る筋肉(鼻翼挙筋)を抑えて、笑っても小鼻を広がりにくくします。

ボトックスの効果は1週間程で安定し、3~6か月持続します。

小鼻のボトックスはアラガン社のボトックスビスタとドイツ製のゼオミンがあります。
ゼオミンは不純物がアラガン社のものの1/10くらいになっていますので抗体が出来てボトックスが効かなくなるリスクが少ないので安心です。

アラガン社ボトックスビスタについてはこちら
ゼオミンについてはこちら

笑顔などの表情により小鼻が目立ちやすい方には、プチ整形で簡単にできますのでおすすめです。

 

③切らない小鼻縮小

次に、「切らない小鼻縮小術」というものがあります。
切らないというだけあって、糸で左右の小鼻をきゅっと結びつけ、広がって見える小鼻を小さく見せるという方法です。
手軽な手術で、ダウンタイムもあまりないので、どんな風になるかやってみるにはいいかもしれません。
ただ、小鼻は硬い部分ですので、糸で結ぶだけだと限界があり、早いうちに後戻りしまう可能性があります。

 

切る鼻翼縮小術(外側法、内側法(flap法))

せっかくお金を払うならきちんとした効果がほしいという方も多いはず。
そんな方には、「切る鼻翼(小鼻)縮小術」があります。

切る小鼻縮小には「内側法」「外側法」があり、自分の小鼻のタイプに合わせて手術を選択もしくは組み合わせる必要があります。
簡単に言うと、小鼻の幅を狭くするのは「内側法」、小鼻のふくらみを取るのは「外側法」です。

小鼻の広がりには3タイプあります

①外に張り出しているタイプ
②小鼻の幅が広いタイプ
③外に張り出していて、かつ小鼻の幅も広いタイプ (複合型)

です。

タイプ別鼻翼縮小の種類

 

それぞれ、改善方法が違ってきます。

 

①小鼻が外に張り出している方

小鼻の丸みが強く、外側に張り出している方では、小鼻の外側を切って縫い縮めるという手術が適しています。外側法
小鼻の外側を切除することで、小鼻の外周の距離を縮めて小鼻の丸みや張り出しを減らします。

小鼻縮小外側切除方法

ただし、外側を切除するにしても、きちんと小鼻の丸みを保つために切除しすぎないようにデザイン・縫合をしないと、不自然な丸みのない小鼻の形になってしまい、戻すこともできなくなりますので気を付けましょう。

外側法の場合は傷が外に出るというデメリットがあります。
いくら小鼻が目立たなくなったとはいえ、傷が目立つのは避けたいですよね。
傷はなくならないので、なるべく目立たないように手術を行う必要があります。
鼻は皮脂腺が発達していて、傷が目立ちやすい部分です。
当院では、傷を目立ちにくくさせるために当院では切開を小鼻の立ち上がりの際からわずかにずらして切開したり、皮脂腺を巻き込まないように丁寧に切開・縫合をおこなっています。
上記のようにきちんと丁寧に縫合すれば、他人から見てほとんど気づかれないレベルになることも多いです。
ただし、皮脂腺の発達が強い方にはお勧めしなことがあります。

鼻翼縮小(外側法)について詳しくはこちら

 

②小鼻の幅が広い方

小鼻の幅を狭くするには、鼻の穴の中を切開して小鼻の幅を狭くする、小鼻縮小内側法、flap法)が良いです。
鼻の穴の中の傷だけで、縫い合わせると若干下方に溝は出来ますが、時間と共に目立ちにくくなります。
内側法といっても、小鼻の表側も長く切開するクリニックも多いですが、
そのような場合は少し傷が目立ってしまうことになりますので、当院ではなるべく表に傷を出さないように工夫しています。

通常の内側法で切って縫うだけでは、ほとんど後戻りしてしまう可能性があります。
戻りを予防するために、切って縫い合わせる際に両小鼻に糸をかける方法(減張縫合)があります。
戻りを少なくするために最低、減張縫合は行った方が良いです。
さらに後戻りを少なくするために、当院では組織を切り取らずにトンネルに埋め込んであと戻りを予防する方法flap法を行っています。
flap法であれば、後戻りをかなり改善することができ、効果を持続させやすくすることが可能になります。

鼻翼縮小(フラップ法)トン 鼻翼縮小(フラップ法)癒着

参考にflap法の症例写真を載せておきますのでご参考ください。

【flap法 症例写真】

症例1

小鼻縮小(内側法、フラップ法)症例1 正面 術前小鼻縮小(内側法、フラップ法)症例1 正面 術後
小鼻縮小(内側法、フラップ法)症例1 下から 術前小鼻縮小(内側法、フラップ法)症例1 下から 術後
※鼻尖縮小も同時に行っています。

 

症例2

小鼻縮小(内側法、フラップ法)症例2 正面 術前小鼻縮小(内側法、フラップ法)症例2 正面 術後
小鼻縮小(内側法、フラップ法)症例2 下から 術前小鼻縮小(内側法、フラップ法)症例2 下から 術後

 

鼻翼縮小(内側法、flap法)について詳しくはこちら

 

③外に張り出ている+小鼻の幅が広い (複合型)

小鼻の幅が広く、同時に小鼻の丸みが強く外に張り出しているタイプの方では、
上記の外側法と内側法を組み合わせておこなうのが効果的です。

小鼻の丸みが取れ、かつ小鼻の横幅が狭くなることで目立つ小鼻がかなり目立ちにくくなります。
また、効果が出やすくなるだけでなく、横幅が狭くなった状態で小鼻の外側と内側の全体で縫合・再固定しますので強固になり、後戻りしにくくなります。

【内側法(flap法)+外側法  症例写真】

症例1 1ヶ月後

小鼻縮小(内側法、フラップ法+外側法)症例1 正面 術前小鼻縮小(内側法、フラップ法+外側法)症例1 正面 術後
小鼻縮小(内側法、フラップ法+外側法)症例1 下から 術前小鼻縮小(内側法、フラップ法+外側法)症例1 下から 術後

症例2 1ヶ月後

小鼻縮小(内側法、フラップ法+外側法)症例2 正面 術前小鼻縮小(内側法、フラップ法+外側法)症例2 正面 術後
小鼻縮小(内側法、フラップ法+外側法)症例2 右斜め 術前小鼻縮小(内側法、フラップ法+外側法)症例2 右斜め 術後

鼻翼縮小(内側法+外側法)についてはこちら

 

以上のように、自分の小鼻の形に合わせた施術方法で小鼻をきれいに整えてあげることが大切です。
どんな小鼻のタイプにも同じような手術しか行わないよりも、自分の小鼻の形に合わせて最適な方法を選んで提案してくれるのが安心ですよね。
自分がどのタイプか分からない場合はカウンセリングできちんと相談されるのが良いでしょう。

 

 【小鼻縮小をすると】

小鼻縮小で小鼻が小さくなると、鼻先が少し丸みがでやすくなったり、相対的に鼻先の大きさが気になりやすくなり、団子鼻が強調されるケースがあります。
もともと鼻先が丸い方では、鼻尖縮小術を同時におこなうと、団子鼻が悪化することを予防できるだけでなく、鼻先と小鼻が同時に小さくなることで、お鼻全体が小さくなってと整った美しい鼻になります。

鼻尖縮小術について詳しくはこちら

 

以上、小鼻を施術で小さくする方法について解説しました。

整ったお鼻にするためには、小鼻を整えることは重要です。
自分の小鼻の形と希望に合った施術方法を選択しましょう。
また、小鼻だけでなく、鼻先や鼻根など、お鼻全体のバランスを見ながら施術を選択することも大切です。

具体的にお考えの方は、一度無料カウンセリングなどを利用して相談されることをお勧めします。

この記事に関連するコラム 関連するコラム
この記事に関連する施術 関連する施術
メニュー別に記事を見る カテゴリー別に記事を見る
ページトップに戻る ^
TOP