施術 施術

もとび美容外科クリニック 鼻翼縮小(内側法・flap法:小鼻の幅を狭める)について

鼻翼縮小・小鼻縮小(内側法、flap法)

小鼻の幅を狭くする手術で、あと戻りが少ない効果的な方法です。鼻の穴の中の切開ですので、傷は外に出ず目立ちません。
小鼻縮小の施術では、切除して縫うだけですとほとんど戻ってしまいます。ですが、フラップ法ではフラップをトンネルに通して橋渡しし、しっかり固定することで、あと戻りしにくく効果を長く保つことが可能です。

 

目次

     

    内側法(flap法)の特徴

    ・小鼻の幅を狭くすることができる。

    ・外側を切らない。傷が外にあまり出ないのでばれにくい

    ・後戻りしにくい

     

    どんな人が向いているの?

    ・小鼻の幅が広い人

    ・お鼻の印象を小さく見せたい人

    ・なるべく傷を目立たなくさせたい人

    ・鼻翼縮小の効果を長持ちさせたい人

    鼻翼縮小(フラップ法)変化

     

    flap法について

    flap法は主に鼻の穴の中を切開して小鼻の幅を小さくする手術です。

    (※小鼻の張り出し(丸み)を減らすには小鼻のまるみの長さを短くする小鼻縮小(外側法)が適しています。)

    小鼻はもともと組織が硬い部分で、単に切って縫うただけではかなり後戻りしてしまいます。

    そこでflap法では、もどりにくいように切開部分の組織を切り取って捨てずに、皮弁(flap)にして鼻の穴の間のトンネルに通します。

    そうすることで傷が治るとともに皮弁がトンネルに癒着して後戻りしづらくなります。

    切開するのは鼻の穴の中だけですので、傷は表に少ししか出ませんので手術したことがばれにくいです。

    鼻翼縮小(内側法)切開線

     

    手術の流れ

    まずデザイン・麻酔のあとに、鼻腔内を切開します。

    切開した組織は切除せずに、表皮部分を除去して皮弁(flap)を作成します。

    鼻翼縮小(フラップ法)内側法

    次に、両方のflapの間にトンネルを作ります。

    また、小鼻が寄りやすいように小鼻の外側を剥離します。

    鼻翼縮小-皮下トンネル

    flapをトンネルの間にくぐらせ、左右の小鼻を引き寄せ固定します。

    きちんと小鼻が寄ったら、中縫いをおこなって傷をしっかり閉じた後に外縫いをして終了します。

    皮弁をトンネルに通す

    皮弁が癒着して後戻りしにくくなる 

     

    注意点

    ※flap法でも最初は後戻りがありますので、それを見越して手術直後は過矯正気味になっています。

    それに伴って鼻の下が盛り上がり、鼻の穴の形も少しひきつれができますが、大方は1、2週間くらいでなじんで落ち着いていきます。

    最終的な完成までは3~6ヶ月見ていただきます。

    ※小鼻の幅が狭くなると鼻先に丸みが出ます。

    もともと鼻先が丸い方は団子鼻が悪化することがあります。

    小鼻縮小、相対的に団子鼻が目立つようになる

    そのような方では鼻尖形成も併せて行うことをおすすめします。

    鼻先が細くなり、小鼻の幅も狭くなるとお鼻が全体に小さく見えてより印象が良くなります。

    鼻翼縮小(内側法・flap法:小鼻の幅を狭める)の特徴

    施術の種類

    部分切開

    麻酔

    局所麻酔+笑気ガス
    ※オプションで安心静脈麻酔も可能です。

    施術時間

    60分

    傷跡

    傷は徐々に回復していき、最終的には目立たなくなります。

    腫れにくさ

    ★★★☆☆

    通院

    抜糸がありますので、1週間後に1度通院が必要です。

    洗顔・メイク

    当日:不可、翌日から可

    保証制度

    【術後1年保証】医師の判断によりご対応いたします。

    鼻翼縮小(内側法・flap法:小鼻の幅を狭める)の費用

    鼻翼縮小(内側法・flap法:小鼻の幅を狭める) この施術の費用へ
    ¥268,000 ¥227,800
    ページトップに戻る ^
    TOP