施術 施術

もとび美容外科クリニック BNLS(小顔注射)について

BNLSとは

●ダイエットしても落ちないホホやアゴ下の脂肪が、3日で簡単に減らせます。
●翌日になれば腫れはほとんど引いてしまいます。
●手術しないと改善しないまぶたや目の下の脂肪、鼻先、小鼻の厚みが減らせます。
●脂肪細胞数が減るため効果は長持ちします。
●天然素材主成分の脂肪溶解注射

そんな理想的な小顔注射がBNLS注射です。
BNLSは天然ハーブを主成分とした脂肪溶解注射(輪郭注射)をお顔に注射しますので、安全です。
10分ほどで施術は終わりますのでカウンセリング当日の施術が可能です。メイクは処置直後から可能で、通常翌日からのご予定も問題ありません。

bnls 脂肪溶解注射

BNLSは
脂肪細胞数を減らし、
リンパの流れを良くすることでむくみや老廃物を除去
することで小顔効果を出すことが可能です。
成分としては輪郭注射に分類されますが、脂肪を分解して脂肪細胞数を減らしますので脂肪溶解注射とも言えます。

1~2週間の間隔で3回治療をおこなうことで効果が出やすくなります。
効果に満足された方は、10回以上続けてどんどん小顔になる方もたくさんいらっしゃいます。
BNLSは量を打つごとに、繰り返すごとに顔痩せの効果を実感しやすくなるため、BNLS症例の多い「もとび美容外科クリニック」では、なるべく皆様の負担を少なくできるように、お安いお値段でBNLSを提供させていただいています。

BNLSは現在 ver2となり、より効果が高くなっています。

さらに効果を出したい方には、進化型BNLSのBNLSneoがおすすめです。
BNLSneoは脂肪溶解成分、デオキシコール酸を加えて効果をパワーアップさせて、かつBNLSと同じくらい腫れの引きが早いです。
BNLSneoについて詳しくはこちら

さて、そんなBNLSですが、効果を出しやすくする方法やメリット、特徴などについてもっと詳しく解説していきたいと思います。

目次

    BNLSが有効なお顔のタイプ

    BNLS皮下脂肪
    BNLSは皮下脂肪やむくみに効きますのでほうれい線上やホホ、フェイスライン下やあご下に皮下脂肪やむくみがある方で、顔痩せしたい方に有効です。
    また、上記の部分はお顔を大きく見せるだけでなく、お顔がたるんでくると厚くなってくる部分ですので、顔痩せしたい方だけでなくたるみが気になる方にも、BNLSは有効です。

    その他にも
    ・マリオネットライン(口角)のたるみ
    ・ホホ骨の出っ張り
    ・上まぶたの腫れや目の下のクマ
    ・鼻先、小鼻の厚み、鼻背横
    ・口横の盛り上がり
    ・耳の下
    など、従来の脂肪溶解注射では注入できなかった部分にも効果的です。

    BNLSはお顔のどの部分にも注入可能ですので、気にされている部分に注入して部分痩せすることが可能です。

    BNLSはどういう人が効くの?

    BNLS 脂肪溶解注射
    BNLSの効果には個人差があります。
    自分がBNLSが効くタイプなのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。
    当院では多くの症例を経験していますが、残念ながらBNLSが効きやすい方の傾向ははっきりとわかりません。
    皮膚が硬く厚い方では効きやすい方が多いかなぁと感じることもありますが、皮膚の薄い方で効く方も多いです。

    BNLSはむくみをとる作用もありますので、リンパの流れが悪く、むくみでお顔に厚みがでやすい方では効果が出やすい傾向はあります。
    また、脂肪注入した後の脂肪を減らしたい方、脂肪吸引の取り残しをすっきりさせたい方なども効きやすいイメージがあります。

    BNLSの効き方には体質による差があるため、まずはBNLSを3回やってみることをおすすめします。

    効果を実感していただけば続けていただくとより効果を出すことが可能です。
    効果に満足されて10回、15回と続ける方も多くいらっしゃいますよ。

    BNLSが効きやすい部位

    BNLSはホホやフェイスライン、アゴ下などで効きやすい傾向があります。
    “輪郭注射”と呼ばれているのも納得ですね。
    また、上まぶたやほうれい線上、お鼻なども効果が出やすく、お顔のあらゆるところで効果を実感する方も多いです。
    BNLSは脂肪やむくみがあればどこでも効きやすいとも言えます。
    お顔だけでなく、二の腕やお腹、太ももなどの体にも効果的です。

    BNLSの効果をしっかり出す方法

    せっかくお金を払ってBNLSを注射するなら効果をしっかり出したいですよね。
    BNLSの効果をしっかり出す方法としては以下の方法が挙げられます。

    ①注入後しっかりマッサージをする
    ②有酸素運動をおこなう
    ③鈍針を使用する
    ④量をしっかり注入する
    ⑤繰り返す回数を増やす
    ⑥エラやたるみの治療を組み合わせる

    それぞれについて解説します。

    ①注入後はしっかりマッサージをする

    顔のマッサージ
    BNLS注射のあとはしっかりマッサージを行うとBNLSの効果を高めることができます。
    マッサージは特に決まった方法はありませんが、注入部位をつまんだりもんだりしながらBNLSを浸透させるように行います。
    マッサージをすることでBNLSを皮膚や脂肪にしっかり浸透させ、リンパの流れを良くして老廃物をスムーズに排出することができるためBNLSの効果が高まります。
    数日はマッサージしていただくと良いでしょう。

    ※痛みや内出血が強い場合はマッサージは控えるようにして下さい。内出血や炎症が悪化してしまう恐れがあります。

    ②有酸素運動をおこなう

    有酸素運動
    有酸素運動はリンパの流れを良くするだけでなく、BNLSで溶けた脂肪を効率よく燃焼させてくれると言われています。
    ウォーキングやジョギング、水泳などの運動を3日ほどおこなうと良いです。
    実際に、有酸素運動をして効果がすごく出ましたと喜ばれるお客さまも多いですよ。

    ③鈍針(カニューレ)を使用する

    cannula2
    BNLSはお顔に広範囲に注入することが多いので内出血のリスクがあります。
    内出血してしまうと、効果を出そうとマッサージや運動などを行った場合、さらに悪化して派手に内出血の色が出てしまったり、血種になってしばらく腫れてしまうことがあります。

    鈍針(カニューレ)は先が丸くなっており、内出血のリスクをぐっと減らすことができます。
    鈍針を使用して内出血を最小限に抑え、施術後からしっかりマッサージしていただくのがダウンタイムを最小限にして効果を高めるおすすめの方法です。

    ④1回の量をしっかり注入する

    BNLSの量を多く注入するほど効果は出やすくなります。
    注入部位に対する標準的な量はありますが(後述)、1回の注入量を増やしてより効果を高める方も多くいらっしゃいます。

    ただし、部位によってはそれほど多く注入できない部位もあります(小鼻や鼻先、まぶたなど)。

    ⑤繰り返す回数を増やす

    BNLS注射は3回繰り返すと効果が見えやすいと言われていますが、BNLSの効果を感じたらさらに繰り返すと効果はさらに出やすくなります。
    多く繰り返すことで劇的に小顔になる方もいらっしゃいます。
    20回以上繰り返す方もいらっしゃいますよ。

    ⑥エラやたるみの治療を組み合わせる

    BNLSは皮下脂肪やむくみを減らす注射ですが、お顔は他に、エラ(咬筋)や皮膚のたるみ、アゴが小さい、バッカルファットが多いなどのボリュームが原因で大きく見えてしまいます。
    上記の複数の原因が組み合わさってお顔が大きく見えてしまっている方も多く、

    エラ ⇒ 小顔ボトックス
    たるみに ⇒ ハイフ(HIFU)、糸リフト
    アゴが小さい方 ⇒ クレヴィエル
    バッカルファット⇒バッカルファット除去

    の治療が効果的で、BNLSと組みわ合わせると一段と効果的に小顔にすることが可能です。
    エラボトックスやハイフ(HIFU)などはダウンタイムも少なく効果的なので、BNLSと組み合わせて行う方も多いですね。
    プチ整形で行える治療はたくさんありますので下記コラムをご参照ください。

    【参照】小顔整形で小顔になる方法|あなたのお顔のタイプは?

    BNLSのメリット

    ①腫れにくい、痛みが少ない!

    BNLS 小顔注射 脂肪溶解注射
    今までの脂肪溶解注射では、目立つ腫れが1週間ほど続きましたが、BNLSでは今までの脂肪溶解注射のように炎症を起こさず、腫れや熱感はあまりありません。

    注入直後はむくみがありますが、抗炎症作用により腫れないため半日~1日ほどで腫れはかなり目立たなくなります。
    BNLS自体痛みが少なく、麻酔もメーカー推奨の作成方法に準じて少量混ぜ、なるべく痛みを減らすようにしています。
    もちろんご希望次第で原液、少量麻酔入りのどちらでも作成して注入したりしますのでお気軽にお申し付けください。

    注入する針についてですが、通常の短い針の場合、何度も皮膚に針を刺すことになるため内出血や痛みのリスクがあり、点でしかBNLSが入らないため脂肪層に均一にBNLSを注入するのは難しくなります。

    そのため、当院では長い針を使用して、皮膚を刺す回数は最小限にし、針を扇状に動かして注入することで脂肪層に均一にBNLSを注入し、効果を出しやすくし、痛みも減らします。
    ただ、先の鋭利な針を何度も動かすと血管を切るリスクがあるため、内出血や痛みがどうしても出てしまいます。

    そこで、針先が丸く鈍な針(鈍針)を使用すると、血管を切らずにBNLSを脂肪層全体にまくことができますので、内出血のリスクがぐっと減り、痛みや腫れも軽減することができます。
    なるべくダウンタイムを短く、負担を少なくBNLSを注入したい方には鈍針をおすすめしています。
    (鈍針)
    鈍針
    (注入の様子)

    ②早期に効果が出現!

    顔痩せ早期に効果
    効果は3日~1週間ほどで実感できます。
    通常の脂肪溶解注射などでは、効果が出るまでに1ヶ月ほどかかることが多いですが、BNLSの場合は、すぐに効果がでるのでうれしいですね。
    血流が良くなるとBNLSの効果が出やすくなるため、上記のように処置の翌日から2,3日はマッサージなどしていただくと効果が出やすいので痛みがなければマッサージや有酸素運動をしていただくことをお勧めします。

    ③目の上・目の下・鼻などに注入が可能

    BNLS 小顔注射 どの部分にも注射可能
    BNLSはお顔のどの部分にも注入が可能です。
    腫れもリスクも少ないので、今まで脂肪溶解注射が打ちにくく、手術するしかなかった上まぶたや目の下のクマ、鼻先、小鼻などに注射することが可能になりました。
    ◎厚ぼったいまぶたが気になる方、
    ◎目の下のクマが気になる方、
    ◎鼻先や小鼻を小さくしたいけれども手術まではしたくない方、
    などの方におススメの施術です。

    ※目周りは眼球が近いため鈍針を必須とさせていただきます。
    また、他院で脂肪注入などでボリュームが出すぎてしまった方にもBNSLは効きやすい傾向がありますので、お困りの方はご相談ください。

    ④脂肪吸引するほどでない方にぴったり

    お顔に脂肪がそれほどついていなくて脂肪吸引するほどでない方にリスクが少なくピッタリの注射です。
    逆に脂肪が多い方では脂肪吸引の方が効果が高くおすすめすることはあります。

    ⑤天然ハーブ由来だから安全

    BNLS 小顔注射 天然ハーブ由来
    BNLSは天然ハーブ由来の有効成分をバランスよく配合しているため安全でリスクの少ない治療法です。
    アジアを中心に多くの施術が行われていますが、副作用の報告はほとんどありません。

    当院のBNLSの特徴

    お安い料金でおこなっています!

    BNLSは少しずつ小顔効果を出しますので効果を実感するのは3回ほどの注入がおすすめされています。
    また、お顔全体に注入すると注入量は増えますし、注入量を多くするほど効果が出やすいため、効果を出そうとするとどうしてもコストがかかってしまいます。
    当院ではなるべく多くの方に効果を実感してほしいと考えており、お安い価格でBNLSを提供させていただいております。

    フェイスラインが気になる方は
    ”ホホ・フェイスライン下・あご下”、
    笑った時のホホの盛り上がりが気になる方は
    ”法令線上やホホ”、

    など、上記の範囲であれば10~16㏄以上は注入していただくのが良いのですが、少しでも負担を少なくできるように
    10㏄以上、16㏄以上でお安くさせていただいております
    また、3回注入すると効果が出やすいため、効果をしっかり出したいという場合は3回コースがお安くなりますのでおすすめです。

    ホホのボリュームを気にされる方ではエラの筋肉も発達していて小顔ボトックス(エラボトックス)も同時に行うと効果的です。

    たるみが気になる方はHIFU(リフトアップレーザー)も同時に行うと効果的です。
    より効果的に小顔にしたい方にお勧めです。

    なるべくお安く済ませたい方にはモニター料金もございますのでお申しつけください。
    (※基本的にモニターはBNLS初回の方に限らせていただきます。)
    特殊部分の注入は手間がかかるため料金を高くとっているクリニックもありますが、当院では同じ料金で行っています。

    減らすべき部位をしっかり見極めて注入します。

    ボリュームを減らすとお顔の印象が良くなる部位と逆に印象が悪くなる部位があります。

    (ボリュームを減らすべき部分)
    ざっくり言って、ボリュームを減らすべき部分は長期的にたるんで膨らんできて、老けて見えてしまう部分です。
    BNLSボリューム減らし
    (ボリュームを減らしていけない部分)
    ボリュームを減らしてはいけない部分は将来的に凹んできて老けてくる部分です。
    老化の促進をしてはいけません。
    BNLSボリューム増やし
    上の図は大まかな図ですが、もっと細かく減らすべき部位、増やすべき部位は分かれており、お客様によっても違います。
    そのあたりを考慮に入れて、漠然と注入するのではなく、明確にターゲットを絞って注入します。
    BNLSの場合は皮下脂肪の厚い部分、例えばほうれい線上やホホ、フェイスライン、あご下などの部分をすっきりさせることが多いです。

    どこにでも注入が可能ですので、お客さまのお顔の状態やご希望に応じて、目まわり(上まぶたや目の下のクマ)、鼻先、小鼻、頬骨弓、アゴなどの部分に注入するのも効果的です。
    (※目まわりの注入は眼球が近くリスクを回避するために鈍針が必須です。)

    当院は小顔治療を得意としており、どこのボリュームを増やして、どこのボリュームを減らすべきかきちんと見極めてアドバイスさせていただいています。
    お客様のお顔の左右差など、状況に応じて量の調整をおこない、オーダーメイドで注入していきます。
    ※適応でないと判断した場合はご希望の治療をお断りする場合がありますのでご了承ください。

    また小顔に効果的な治療、小顔・エラボトックスやあごのクレヴィエルバッカルファット除去などといった、お客様に合った効果的な治療があればご提案させていただきます。

    【参照】小顔整形で小顔になる方法|あなたのお顔のタイプは?

    上まぶた、目の下のクマ、頬骨弓部分(お顔の幅を広く見せる部分)、小鼻や鼻先などの特殊部位についてもBNLSを行っております。

    特殊部位は、解剖に精通していないとリスクがありますが、当院では、他部位と同じ料金で特殊部位にも注入させていただいております。
    鼻は痛みやすい部分ですが、麻酔を効かせながら、麻酔の効いたところに注入して広げていくといった注入方法でなるべく痛みを減らすように工夫しています。
    他院ではすごく痛かったけど今回は痛くなかったと喜ばれる方もいらっしゃいますよ。

     メーカー推奨のとおりに注入。原液も選択可能

    BNLS 小顔注射 正規の濃度 原液
    日本仕様のBNLS作成方法に準じて、正規の濃度のBNLS1ccを注入します。
    メーカーのプロトコールに従って麻酔を配合しているため、痛みを最小限にして楽に施術を受けていただけるようにしています。
    痛みの出やすいお鼻などでは特に少量麻酔入りのBNLSは効果的です。
    詳しくは「当院のBNLSについて」をご参考ください。
    もちろんご希望に応じて原液での注入も可能です。
    ※効果とリスクの不明確なステロイドやヒアルロニダーゼなどは混ぜていません。

    症例経験豊富なドクターが丁寧に注入

    注射セット
    当院は小顔治療に力を入れていますのでたくさんのお客様に来院していただいています。
    お客様に合わせた最適な治療をおこなっているため満足度も高く、リピーターの方も多いです。

    「他院ではあまり効果はなかったが、なぜもとびでは効果が出るのですか?」と聞かれることがあります。
    理由は定かではありませんが、脂肪の厚みに応じてBNLSを配分しながらなるべく脂肪の層に均一にBNLSを注入しているからかもしれません。
    症例経験が豊富なドクターが、的確にターゲットとなる部分の皮下の脂肪層全体にBNLSを分散して丁寧に注入していきますので安心です。

    注入部位と標準的量

    BNLS注入量目安
    上図は標準的な注入量です。
    治療経験上、注入量を多くするほど効果は出やすくなります
    より効果を出したい方は注入量をもう少し多くするのがおすすめです。
    また、BNLSは少しずつ脂肪を減らしながら引き締めていく治療ですので、繰り返し行うのが効果的です。
    まずは、効果を実感しやすいと言われている1~1か月間隔で3回の施術をおこなって効果を見ていただくことをお勧めしています。

    BNLSが施術できない方

    BNLSは天然ハーブ成分でリスクも少なく安全な施術ですが、クルミ成分、チロシンが含まれているため、
    クルミアレルギーの方
    甲状腺疾患の方
    ではお断りさせていただいております。
    また、
    妊娠中の方や授乳中の方
    もお子さんにどのような影響が出るのかきちんと検証されていないためBNLSの処置は控えさせていただいております。

    BNLSの成分、作用機序

    BNLS作用
    BNLSは、
    脂肪分解
    リンパ循環により老廃物の排出
    肌の引き締め
    上記3つの作用により、小顔効果を出してくれます。

    ※BNLS ver2では、上図以外に下記の2つの成分が加わりより脂肪溶解効果が高くなりました!!
    メチルプロパンジオール・・・ピーリングなどに使われるグリコール酸の一種で、有効成分の透過性を高めます。保湿作用にも優れ、組織に張りを出し引き締めてくれます。
    マンヌロン酸メチルシラノール・・・脂肪分解、保湿、再生、細胞賦活、抗シワ、抗炎症などの作用があり、脂肪分解を促進してくれるだけでなく、アンチエイジング効果もあり、抗炎症作用で注入後の腫れも抑えてくれます。

    BNLSの効果

    BNLS脂肪減少グラフ
    BNLSを注入した部位の拡大画像です。
    脂肪分解作用により脂肪細胞数が明らかに減少しているのが確認できます。
    脂肪細胞は減れば基本的に再生しないため、効果を長く保つことができます。

    プチ整形で小顔効果の高い組み合わせ

    人気治療のBNLSと
    「小顔ボトックス」と
    「HIFU(リフトアップレーザー)」の
    セット施術‼
    ダウンタイムもほとんどなく効果の高いプチ整形を組み合わせることでさらに小顔効果を高めることができます。

    BNLSは皮下脂肪に、小顔ボトックスは筋肉に、HIFU(リフトアップレーザー)ではたるみに、作用して顔痩せしますが、それぞれダウンタイムも短く効果が高い治療ですので、簡単に施術でき翌日から仕事可能です!
    人気なのには理由があります。
    小顔にしたい方必見の当院おすすめのセット施術です。

    <エラも張っているタイプの方には>

    エラ張りタイプ画像

    小顔(エラ)ボトックス


    エラが張っている方には小顔ボトックスが簡単でとても効果的です。
    エラを触って奥歯をグッと噛んでください。
    モリッと筋肉が盛り上がれば小顔ボトックスでさらに小顔にすることができます!

    BNLSは効果に個人差がありますが、エラのボトックスは筋肉が厚い方では確実に効果を出すことが可能です。

    【参照】強力小顔(エラ)ボトックス

    <たるみタイプの方には>

    たるみタイプの施術箇所
    上のイラストの赤い部分はたるみが目立ちやすく老けやすい部分です。
    たるみの原因には皮膚のたるみと脂肪の厚みがあります。

    【参照】ホホ・フェイスライン・ほうれい線(中顔面)のたるみについて

    脂肪の厚みはBNLSで減らし、皮膚のたるみにはダウンタイムのないハイフ(HIFU)をおこなうことで手軽に効果的にたるみを改善することができます。

    ハイフ(HIFU

    スマートソニックHIFUハイフ
    ハイフ(HIFU)ではフェイスリフトで引き上げるお顔の支持組織(SMAS)を高密度の超音波で熱収縮させて、リフトアップさせ小顔効果を出します。
    リフトアップすることでアンチエイジング効果もありますし、たるみを予防する効果もあります。
    たるみも気になるし小顔にしたいという方にはおすすめのセット治療になります。

    HIFU(スマートソニック)について詳しくはこちら

    BNLSはボディーにも有効です!

    BNLS ボディー 脂肪溶解注射
    ボディーは腫れてもカバーしやすいため従来の腫れるタイプの脂肪溶解注射(ホスファチジルコリン)が多く使用されてきましたが、BNLSも大変効果的です。

    BNLSなら腫れは一日で落ち着きます。
    従来の脂肪溶解注射が効きにくい方でも、BNLSはとても効いたと喜ばれる方は多いです。
    顔だけでなく脂肪の落ちにくい二の腕やお腹、太ももの脂肪を手軽に部分痩せしたい方、脂肪吸引をしたくない方にぴったりの方法です。

    ボディは範囲が広いため、BNLSを倍に希釈してターゲット全体に浸透しやすくします。

    ※1ccあたりの料金は原液換算ですので、料金が倍になるわけではありませんのでご安心ください。注入する際に希釈して広がりやすくするだけです。
    ボディーのBNLS注入量の目安は以下のとおりです。
    BNLS ボディ 注入部位 注入量
    上図は目安です。
    BNLSは量が多いほど効果が出やすいため、効果を出したい方では注入量をさらに増やしていただくと効果を実感しやすくなります。

    BNLSが効かない方には脂肪溶解注射のカベリンがおすすめです!

    BNLSは腫れも少なく良い顔やせ注射ですが、効果には個人差があります。
    カベリンという新しい脂肪溶解注射も腫れが少ないためお顔に使うことができます。
    Kabelline(カベリン)

    カベリンは以前からあった効果的な脂肪溶解成分のデオキシコール酸がしっかり含まれており、顔痩せ効果は高いです。
    BNLSが効かなかった方にも効果的ですよ。
    カベリンについて詳しくはこちら

    こんな人にオススメ!

    • 小顔にしたいが、とにかく腫れない方法が良い

    • まずはプチ整形で簡単にやってみたい

    • すぐ小顔効果を出したい

    • ダイエットしてもなかなか顔の脂肪が落ちない

    • 目まわりの脂肪や鼻先・小鼻をプチ整形ですっきりさせたい

    BNLS(小顔注射)の症例写真

    BNLS(小顔注射)の特徴

    施術の種類

    注射

    施術時間

    10分

    傷跡

    注射針の跡が出来ますが、とても小さいものですので目立ちません。

    腫れにくさ

    ★★★★☆
    直後は注入した分だけむくみますが、翌日にはほとんど腫れは引きます。

    内出血

    鈍針を使うと内出血のリスクをぐっと減らすことができます。
    内出血は出た場合消えるまで1,2週間ほどかかります。

    リスク

    効果に個人差がありますのでどんどんすっきりする人もいらっしゃれば、あまり変化が出ない方もいらっしゃいます。

    保証制度

    なし

    BNLS(小顔注射)の動画

    内容:皮下脂肪に注射することで脂肪やむくみを減らして顔痩せします。

    料金:1cc 3,300円~円

    リスク:一時的な腫れや内出血。効果に個人差があるリスク。

    BNLS(小顔注射)の費用

    BNLS 1回 この施術の費用へ
    BNLS 1cc
    ¥6,980
    BNLS 1cc(6cc以上)
    ¥4,400
    BNLS 1cc(10cc以上)
    ¥3,900
    BNLS 1cc(16cc以上)
    ¥3,500
    BNLS 3回コース この施術の費用へ
    1回6cc以上
    ¥3,700
    (¥66,600~)
    1回10cc以上
    ¥3,400
    (¥102,000~)
    1回16cc以上
    ¥2,980
    (¥143,040~)
    ページトップに戻る ^
    TOP