サイト内検索

美容コラム/ Beauty column

【鼻整形】豚鼻を治すうえでのクリップや鼻プチのデメリットとおすすめの整形3つ

作成日:2024.6.28

豚鼻 直す方法サムネイル

豚鼻とは

鼻先が豚のように上を向いていて鼻の穴が見えやすいお鼻のことを豚鼻と言います。
アップノーズとも言います。 ブタ鼻のイメージ 鼻の穴が見えやすく、鼻が短いため、改善したい場合には鼻先を下に向けて延ばしていく施術をする必要があります。 軟骨移植の効果イメージ ※団子鼻とは厳密には違います。
豚鼻は鼻先が上を向いていることをいいますが、団子鼻は鼻先が丸く団子のようにボテッとしていることをいいます。
そのため、豚鼻を改善するためには鼻先を伸ばす施術、団子鼻を改善するためには鼻先を細くする施術が必要になってきます。
団子鼻で豚鼻という方も多いため、混同しやすいですが、分けて考えていただいた方がどういう施術が良いか分かりやすくなると思いますので解説させて頂きました。

さきほども話した通り、豚鼻を改善したい場合は鼻先を下に延ばしていく必要があります。
結論から言うと整形しないと改善は難しいと言えます。
鼻先をメイクしたり、クリップで細くしたり、鼻プチと言って鼻の穴の所にプラスチックのクリップを入れて鼻先を高く・細くするといったものもありますが、基本的に鼻先を下に延ばしていくものではないので豚鼻の改善効果というものはあまりないと思います。

ノーズクリップや鼻プチのデメリット

豚鼻を治す上でのノーズクリップや鼻プチのデメリットについて解説していきたいと思います。
先程も話した通り、クリップや鼻プチに鼻先を下に伸ばす効果はありません。
団子鼻に関しては、単純につまめば団子鼻は改善しますが、離せばもとに戻ってしまい、永久的な効果は期待できません。
一時的に軟骨の変形やストレッチ効果はあるかもしれませんが、あったとしても一時的なものです。

また、長期で鼻プチやノーズクリップをやっていた方の中には、炎症を起こして瘢痕と言って組織が硬くなっていたり、刺激で炎症を起こしたり、変形のリスクもあります。
多少のストレッチ効果はあっても一時的で、長期的な炎症のリスクを考えると長くするのはお勧めしません。
本当にいい物であれば皆さんクリップすると思うのですが、あまり浸透していないですし効果は出にくいというのは言えると思います。

鼻先のヒアルロン酸のリスク

基本的に鼻先は血流が非常にデリケートな部位です。
血管が詰まって壊死するリスクもあるため当院では鼻先のヒアルロン酸注入は行なっていません。
リスクをとってやったとしても鼻先が全体に膨らむので経時的に鼻先が丸く、太くなるリスクもあると言えます。

豚鼻を治す整形3つ

ここまでで豚鼻を治す方法は整形しかないということがお分かりいただけたかと思いますが、実際にどのような方法があるのかを紹介していきたいと思います。

切らない鼻中隔延長、鼻尖延長(ミスコ)

まずはプチ整形で鼻先を下方向に延ばす施術を紹介します。

切らずにトゲの付きの糸で鼻先を延ばすのがMISKO(ミスコ)です。
指で鼻先を希望の方向に引き伸ばした状態でトゲ付きの糸を入れて固定するという施術になります。 ミスコ斜め下方向 鼻先が伸びることで鼻先が細くなる効果もあります。
切らずに鼻先を整えたい方、試しに鼻先を整えてみたいという方におすすめの施術です。
手術は抵抗があるという方、なるべく切らずにプチ整形で整えたいという方は多いです。
そのようなニーズにお応えできるのが、切らずに鼻先を伸ばすことが出来る、切らない鼻尖形成術(ミスコ)です。
切らない鼻中隔延長、切らない鼻先延長などと呼ばれています。
他にはワイコ(Y-KO)やフレックスノーズと呼ばれているものと同じ施術になります。
ダウンタイムは3日くらいで、 半年で糸は溶けて戻ります。1,2割は効果を保つともいわれています。
半年で溶けて効果は戻りますが、繰り返し施術をすることが出来ます。

【メリット】切らない、ダウンタイムが短い、元に戻ってくれる
【デメリット】効果は半年

耳介軟骨移植や縫合による方法

耳介軟骨移植は切る手術になります。
鼻の穴を目立たせなくしたり、鼻先を下に向けたい場合、耳介軟骨移植という方法があります。

鼻先の鼻翼軟骨の上に耳から採ってきた耳介軟骨を載せて下方向に鼻先に高さを出したり、長くすることが出来ます。 鼻尖軟骨移植のイメージ 2枚位重ねることもあります。
数ミリの変化にはなりますが、それでも自然な感じで変化が出るので印象は変わってきます。 鼻尖軟骨移植症例写真 軟骨移植は、後程紹介する鼻中隔延長と比べると、鼻先の動きも保たれますし、左右ずれたりも少なくて、リスクも少ない手術です。
軟骨移植だけだと鼻先に軟骨によるボリュームが出る分、鼻先が大きくなり団子鼻が強調されてしまうため、基本は鼻尖縮小で鼻先を細くしつつ軟骨移植で高さを出していただくといいと思います。

【メリット】自然な動きを保つ、鼻中隔延長に比べてダメージやリスクが少ない、自然な変化、close法
【デメリット】鼻中隔延長に比べて効果が弱い、後戻りのリスク

 

鼻中隔延長

次に鼻中隔延長術について解説します。
鼻中隔軟骨は、左右の鼻の間を仕切る板ですが、鼻中隔延長では、鼻中隔軟骨をくりぬいたり、耳から耳介軟骨をもってきて、鼻中隔軟骨の先に移植軟骨を固定して鼻中隔を延長します。
そして、鼻先の鼻翼軟骨をしっかり剥離して移動しやすく処理をしたうえで、延長した鼻中隔に鼻翼軟骨を伸ばして固定し鼻先を伸ばしたり高くしたりします。 鼻中隔延長図
前方方向に伸ばせば鼻先を高くすることができ、下方に伸ばせば鼻を長くして豚鼻を改善することが出来ます。
鼻翼軟骨を伸ばす方向は自由に変えられますので、鼻先を高くしたり、伸ばしたり自由に調整できます。
硬い土台に固定して鼻先の軟骨を伸ばしますので、軟骨を載せるだけでは不可能な延長効果を出すことが可能です。
固定しているため、沈み・後戻りも少ない効果を保ちやすいというのはありますが、動きが無く硬い鼻先になり、やや不自然な感じになります。
あとは、オープン法で鼻をしっかり開いて奥の軟骨を掘っていく必要があるので、クローズ法で行う耳介軟骨移植の手術よりもダメージが強くなること、のちに曲がっていたりして左右差が出てくるというリスクも耳介軟骨移植に比べるとあります。
他には鼻の通りが悪くなったり、傷が出来るというリスクもある手術です。
ただ、耳介軟骨移植よりもしっかりと高さを出したり下方向に延ばす効果は高いので、豚鼻の方や、鼻先を高くしたい方にはおすすめな手術です。

【メリット】効果が最も出やすい
【デメリット】鼻先が固定されるので硬くなる、鼻先の曲り、左右差のリスク、鼻の通りが悪くなるリスク、open法(鼻柱に傷が残る)

 

まとめ

以上が豚鼻を治す方法についてでした。
基本的に豚鼻を改善させるには整形しかないと言えます。
豚鼻を治す整形には切る方法、切らない方法があります。
切らずにお試し感覚でやることもできるので怖い方はプチ整形のMISKOを考えてみるといいと思います。
長期的な変化を出したいなら切る方法になりますが、 ローリスクで自然な変化を求めるなら耳介軟骨移植、リスクをとってできるだけ効果を出したいなら鼻中隔延長がおすすめとなります。
豚鼻の改善方法について悩んでいる方の参考になればと思います。

お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

~執筆者紹介~

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

関連する施術

切らない鼻先延長術(ミスコ、MISKO)
切らない鼻先延長術(ミスコ、MISKO)
鼻尖軟骨移植(耳介軟骨移植)
鼻尖軟骨移植(耳介軟骨移植)
鼻中隔延長
鼻中隔延長

関連するコラム

人気コラムTOP10

ランキングの続きを見る ランキングの続きを見る

記事カテゴリー 記事カテゴリー

キーワードで記事を探す

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ

もとび美容外科クリニックのおすすめ情報では、お得なキャンペーンや
最新治療法のご紹介など、お客様に役立つ情報をお届けしています。

もとび美容外科クリニックについて

もとび美容外科クリニックについて
何故もとび美容外科という名前なのか、当院の診療方針などについて、youtubeの解説チャンネルでご挨拶させてもらっております。
もとび美容外科クリニック美容整形解説チャンネルでは、美容外科経験16年以上の西尾院長が、美容整形に関することを分かりやすく動画で解説し、発信しています。 チャンネル登録をぜひよろしくお願いします。
👇チャンネル登録はこちらから👇

小顔エラボトックス全価格改定

小顔エラボトックス全価格改定
顔のエラの筋肉を注射で減らします。筋肉が少なくなることで小顔効果が現れるだけでなく、歯ぎしり・食いしばり・顎関節症にも効果があります。 もとび美容外科では3種類のボトックスを用意。筋肉量に応じて最適なボトックスの量を注入します。

最強脂肪溶解注射 FatX Core

最強脂肪溶解注射 FatX Core
脂肪分解+脂肪細胞の破壊とその除去効果が最も高い脂肪溶解注射!脂肪溶解成分「デオキシコール酸」の濃度は、カベリン(0.5%)、チンセラプラス(0.8%)を超える、リスク上限の1%配合しています。

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス
鼻やアゴの形をシャープンに作ることが出来る、形成力・持続力が高いヒアルロン酸「ボラックス」‼ 厚生省承認のヒアルロン酸です。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。
当院では新型コロナウイルス対策としてマスクを着用していただいております。(マスクがない方は受付で購入できます。)また、検温や手指のアルコール消毒にご協力よろしくお願い致します。

BNLS Ultimate(アルティメット)

BNLS Ultimate(アルティメット)
BNLSneoが進化して登場!脂肪溶解成分の増量で脂肪溶解量が確実にアップ!さらに、新成分配合で腫れにくく痛みの少ない脂肪溶解注射になりました。

HIFUで切らずにリフトアップ

HIFUで切らずにリフトアップ
新機種!切らない腫れないリフトアップ小顔レーザーのハイフ(HIFU)「ULTRAcel Q+(ウルトラセルQ+)」ダウンタイムもなく、スタッフもみんな受けて好評です。

飲むヒトプラセンタ

飲むヒトプラセンタ
ヒトプラセンタの内服薬の登場です! 今までクリニックでおこなっていたプラセンタ注射が飲み薬になりました。 医療機関限定の効果の高いヒトプラセンタを、サプリ感覚で体感してみてはいかがでしょうか。

症例写真多数掲載中 口コミアプリ

症例写真多数掲載中 口コミアプリ
お客様の率直なご意見、症例写真等掲載中! 口コミアプリの「トリビュー」はこちら。
もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら