お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 表情で鼻が目立つについて

表情で鼻が目立つとは

通常はお鼻は気にならないけれど、笑った時などの表情を作った際に大きく見えたり不格好に見えて気になるという方は多いと思います。

表情によるお鼻の筋肉の働きにより、小鼻が膨らんで鼻の穴が大きくなったり、小鼻が横に広がって鼻が大きく見えたり、鼻の先が下に向いて矢印鼻が強調されてしまったりします。

鼻は大きくなるほど特徴がでて不格好に見えてしまいます。

 

・鼻の穴が大きくなる

鼻の穴が大きくなる

・小鼻が横に広がる

笑うと小鼻が横に広がる

・鼻先が下を向く

笑うと鼻の下が下がる

 

鼻のそれぞれの動きを抑える方法

鼻の動きに応じてそれぞれ原因の筋肉があります。

ご自身の気になる表情の原因の筋肉にボトックスを注射して動きを抑える必要があります。

ボトックスは1週間ほどで効果が安定して、3~6か月持続します。

ゼオミンボトックスとアラガン社ボトックスビスタ

 

鼻の穴が大きくなる

鼻の穴を広げないボトックス

鼻の穴が大きくなる

小鼻を広げる鼻孔開大筋にボトックスを注入することで鼻の穴を大きくさせなくすることができます。

ピクピクよく小鼻が動く方には効果的です。

逆に、小鼻があまり動かない方では効果はあまりありません。

 

小鼻が横に広がる

小鼻を横に広げないボトックス

笑うと小鼻が横に広がる

笑顔時に小鼻が横に広がると鼻が大きく見えてしまいます。

小鼻を斜め上方に引き上げる上唇鼻翼挙筋の動きをボトックスで抑えると小鼻が横に広がりにくくなります。

ただし、小鼻はいろいろな筋肉で引っ張られており、そのバランスによってボトックスの効き具合も変わってくるため、効果には個人差があります。

また、唇を上げる上唇挙筋も含まれていおり、その動きも抑えるため、唇が上がりにくくなる方もいらっしゃいます。

このように小鼻を横に広げないボトックスは、人によって合う合わないがある注射ではあります。

 

鼻先が下を向く

笑うと鼻の下が下がる

鼻中隔下制筋という鼻先を下げる筋肉発達していると、笑ったときに鼻先が下に引き下げられて鼻先が下を向き下方に長くなります。

ボトックスで鼻中隔下制筋を抑えると笑っても鼻先が下がりにくくなります。

 

以上のようにボトックスで鼻先の不格好な動きをおさえることができますが、いろいろな筋肉がお鼻のいろいろな動きをコントロールをしているため、自分が鼻のどんな動きが気になるかをしっかり見極めることが大切です。

その上で、自分の症状に合った治療を行うと良いです。

ページトップに戻る ^
TOP