サイト内検索

美容コラム/ Beauty column

鼻整形の耳介軟骨移植の耳介軟骨って?耳の軟骨?耳のどこから軟骨を採取する?傷は目立たない?

作成日:2024.6.12 更新日:2024.6.13

耳介軟骨移植とは?

耳介軟骨で鼻先を高く、下に伸ばす

耳介軟骨移植とは、耳から採取した耳介軟骨を加工し、鼻翼軟骨という鼻先にある骨格の上に移植する手術です。リスクを少なく、整形後も自然な鼻を意識したい方に効果的な鼻整形と言えます。
通常、軟骨は2~3枚重ねて載せます。
そうすることで、下図のように鼻先に高さを出すことができます。

耳介軟骨移植はどこから軟骨を採取する?耳の傷は目立たない? 鼻解剖

載せる位置によって、鼻の形成が変わってきます。
鼻先を伸ばす場合は、下方向に載せます。(アップノーズの方に効果的)
鼻先を高くする場合は、上方向(正面方向)に載せます。

耳介軟骨移植はどこから軟骨を採取する?耳の傷は目立たない? 鼻先軟骨移植方向

下方向に載せる場合(鼻先を伸ばす場合)は盾のような形で載せますので、shieldgraftと呼ばれており、正面方向に載せる場合(鼻先を高くする場合)は帽子のように載せますのでcap graftと呼ばれたりします。
下方向と正面方向に同時に軟骨を載せることも多いです。

耳介軟骨移植で他にできる事

耳介軟骨移植は、移植の仕方によって単に鼻先を高くしたり、下方向に伸ばすだけでなく、いろいろな形で用いられます。鼻孔縁を伸ばしたり、鼻柱基部を引き出したり、鼻翼軟骨を補強したり、他にもいろいろな鼻整形に用いられます。
ただ、一般的には「耳介軟骨移植」というと耳介軟骨を鼻先に載せて(移植し)鼻先を高くしたり下に伸ばしたりする手術のことを指します。
また、鼻中隔延長でしっかりと鼻先の高さを仕上げる際にも鼻先に耳介軟骨移植を追加することはよくあります。

耳介軟骨は耳のどこの軟骨なの?

先ほどからご説明しているように耳介軟骨は、耳から採取した軟骨の事です。

耳介軟骨移植はどこから軟骨を採取する?耳の傷は目立たない? 軟骨採取部分名称

耳の軟骨は上図のように耳甲介腔(じこうかいくう)や耳甲介舟(じこうかいてい)の軟骨や、耳の穴に出っ張っている耳珠(じじゅ)の耳の穴の壁の部分の軟骨(耳珠軟骨)を採取します。
耳甲介腔や耳甲介舟の採取は耳の裏側を切開して(下図赤点線部分)採取します。
耳珠軟骨は、耳の穴に出っ張っている部分なので、耳珠の縁を切開して(下図赤線部分)採取します。

耳介軟骨移植はどこから軟骨を採取する?耳の傷は目立たない? 軟骨採取切開線ー1

基本的に耳介軟骨はフレームや耳珠のでっぱりの部分は残してパラボラの部分だけを採取しますので見た目の形はあまり変わりませんので軟骨を採取したことはバレにくいです。

ちなみに、採取した軟骨はこんな感じになります。

耳介軟骨移植はどこから軟骨を採取する?耳の傷は目立たない? 耳介軟骨採取写真

耳介軟骨採取後の傷はどうなの?

耳介軟骨採取直後

術後は耳の血がたまってカリフラワー耳にならないように圧迫固定をします。ボルスター固定と言って耳の表と裏側に湿ったガーゼをあてて圧迫するように糸でしばって固定します。
耳は術後このようにテープ固定がついていますので、髪を下ろしたりして隠していただくと良いかと思います。

耳介軟骨移植はどこから軟骨を採取する?耳の傷は目立たない? 耳介軟骨採取後固定写真

5日後に鼻のギプス固定をはずすときに耳の固定も一緒にはずします。

耳介軟骨採取術後の耳の裏の傷

手術後の耳の裏の傷はこのような感じになります。

耳介軟骨移植はどこから軟骨を採取する?耳の傷は目立たない? 軟骨採取後の傷写真

引っ張ると少しスジのような線が入っていますが、しわのようなのでそれほど目立ちません。
また、通常時はしわの癖のようになっているため傷はほとんどわからないかと思います。
耳の裏はあまり見える部分ではありませんし、手術したことはまずバレないかと思います。

耳介軟骨移植のまとめ

どんな感じかイメージはお分かりいただけましたでしょうか。
耳の軟骨は採取しやすく、傷も目立ちにくいので採取されることが多いです。
最終的には傷も目立ちにくく治っていきます。
ただ、術後数週間は内出血が皮下を伝って下がって、耳の下から首にかけて黄色や緑の内出血の色が出ることがあります。
内出血はメイクや髪でカバーしていただけます。ほとんどの場合、内出血は数週間で消えます。
あとは、まれに耳の裏の傷がケロイドになって盛り上がるリスクもありますが、万一、傷が盛り上がってきたという方は診察を受けていただければと思います。

お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

~執筆者紹介~

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

関連する施術

鼻尖軟骨移植(耳介軟骨移植)
鼻尖軟骨移植(耳介軟骨移植)
鼻中隔延長
鼻中隔延長
鼻柱基部下降(猫手術)
鼻柱基部下降(猫手術)
鼻孔縁延長(鼻孔縁下降)術
鼻孔縁延長(鼻孔縁下降)術

関連するコラム

人気コラムTOP10

ランキングの続きを見る ランキングの続きを見る

記事カテゴリー 記事カテゴリー

キーワードで記事を探す

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ

もとび美容外科クリニックのおすすめ情報では、お得なキャンペーンや
最新治療法のご紹介など、お客様に役立つ情報をお届けしています。

もとび美容外科クリニックについて

もとび美容外科クリニックについて
何故もとび美容外科という名前なのか、当院の診療方針などについて、youtubeの解説チャンネルでご挨拶させてもらっております。
もとび美容外科クリニック美容整形解説チャンネルでは、美容外科経験16年以上の西尾院長が、美容整形に関することを分かりやすく動画で解説し、発信しています。 チャンネル登録をぜひよろしくお願いします。
👇チャンネル登録はこちらから👇

小顔エラボトックス全価格改定

小顔エラボトックス全価格改定
顔のエラの筋肉を注射で減らします。筋肉が少なくなることで小顔効果が現れるだけでなく、歯ぎしり・食いしばり・顎関節症にも効果があります。 もとび美容外科では3種類のボトックスを用意。筋肉量に応じて最適なボトックスの量を注入します。

最強脂肪溶解注射 FatX Core

最強脂肪溶解注射 FatX Core
脂肪分解+脂肪細胞の破壊とその除去効果が最も高い脂肪溶解注射!脂肪溶解成分「デオキシコール酸」の濃度は、カベリン(0.5%)、チンセラプラス(0.8%)を超える、リスク上限の1%配合しています。

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス
鼻やアゴの形をシャープンに作ることが出来る、形成力・持続力が高いヒアルロン酸「ボラックス」‼ 厚生省承認のヒアルロン酸です。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。
当院では新型コロナウイルス対策としてマスクを着用していただいております。(マスクがない方は受付で購入できます。)また、検温や手指のアルコール消毒にご協力よろしくお願い致します。

BNLS Ultimate(アルティメット)

BNLS Ultimate(アルティメット)
BNLSneoが進化して登場!脂肪溶解成分の増量で脂肪溶解量が確実にアップ!さらに、新成分配合で腫れにくく痛みの少ない脂肪溶解注射になりました。

HIFUで切らずにリフトアップ

HIFUで切らずにリフトアップ
新機種!切らない腫れないリフトアップ小顔レーザーのハイフ(HIFU)「ULTRAcel Q+(ウルトラセルQ+)」ダウンタイムもなく、スタッフもみんな受けて好評です。

飲むヒトプラセンタ

飲むヒトプラセンタ
ヒトプラセンタの内服薬の登場です! 今までクリニックでおこなっていたプラセンタ注射が飲み薬になりました。 医療機関限定の効果の高いヒトプラセンタを、サプリ感覚で体感してみてはいかがでしょうか。

症例写真多数掲載中 口コミアプリ

症例写真多数掲載中 口コミアプリ
お客様の率直なご意見、症例写真等掲載中! 口コミアプリの「トリビュー」はこちら。
もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら