施術 施術

もとび美容外科クリニック 長期持続ヒアルロン酸(ジュビダームボリューマ、ボリフト)について

ヒアルロン酸はやりたいけど長持ちさせたいという方に朗報です!
長期持続型のヒアルロン酸が登場しました

<ジュビダームビスタ ボリューマ>
<ジュビダームビスタ ボリフト>
ボリューマ・ボリフト
ジュビダームシリーズは世界的なメーカーのアラガン社が開発した安心のヒアルロン酸です。
通常のヒアルロン酸は6か月ほどでなくなると言われていますが、ジュビダームのボリューマは2年、ボリフトでは1年半効果が持続すると言われています(メーカー調べ)。
効果が長持ちしやすいフィラーには、異物や脂肪を注入する方法がありますが、リスクがあります。
ヒアルロン酸は体の成分で、何かあれば溶かせる安心なフィラーです。
その中で長く効果を保ちやすいヒアルロン酸がジュビダームボリューマ・ボリフトです。
厚生労働省にも承認されている安心のヒアルロン酸です。

目次

    ジュビダームボリューマ・ボリフトとは

    ボリューマはVYCROSSという特殊な技術で作られたヒアルロン酸で、大きなヒアルロン酸の隙間に小さなヒアルロン酸を埋めてしっかり架橋(結合)させることで密度を高め吸収されにくくしたヒアルロン酸です。
    たとえるならお城の石垣のような大きな粒子の間を小さな粒子が埋まっている構造のため、非常に強固になっています。
    石垣
    強固なため分解されにくく長持ちし、水分を吸収しにくくなって腫れにくくなりました。

    ボリューマとボリフトの違い

    ジュビダームボリューマはボリュームを出すことを目的として作られており、弾性が高いため、皮膚が厚く硬いしわや、へこみなどをしっかり持ち上げるのに適しています。
    一方ボリフトでは、ボリューマよりさらに滑らかになっておりきれいに仕上がりやすくなっています。
    滑らかだけれども長持ちしやすいというのがボリフトの特徴です。
    しっかり凹みやしわを持ち上げたいという方にはボリューマ、なるべく凸凹のリスクを減らして滑らかに仕上げたいという方にはボリフトがおすすめです。

    ボリューマ・ボリフトのおすすめの注入部位

    ジュビダームボリューマ・ボリフトに適した注入部位をイラストでご紹介します。

    適したしわ・・・ゴルゴ線、ほうれい線、マリオネットラインなど
    適した凹み・・・額、こめかみ、ホホ骨、ホホ、鼻、アゴなど
    ボリューマ・ボリフト注入部位
    また、ヒアルロン酸で中顔面をリフトアップするフィラーリフト(VISTAshape)にも効果的です。

    ※硬いコメカミやホホ、アゴや、シャープに出したい鼻にはボリューマが適しています。
    額やほうれい線にはボリフトの方がなじみやすいため向いていると言われています。
    皮膚やしわが薄く柔らかい方では滑らかでなじみやすいボリフトが適しています。

    ボリューマ・ボリフトのメリット

    滑らかなのに長期持続!

    ジュビダームボリューマは高分子量と低分子量のヒアルロン酸を混ぜ合わせて無駄なくスペースを埋め架橋するVYCROSS技術により網目構造が密になっています。
    VYCROSS構造
    滑らかかつ分解されにくくなったことで、ボリューマで2年、ボリフトで1年半という期間長持ちすることができるようになりました。
    ボリューム減少の改善を調査したところ長期のボリューム改善が確認されています。
    ボリューマ改善の期間

    厚生省で認可されており安心

    厚生省で認可を受けるためには安全性などに関する厳しい基準をクリアしないと認可されません。
    ボリューム増大を目的とするヒアルロン酸としては国内初の承認となりました。
    厚生省のお墨付きのヒアルロン酸なので安心ですね。

    気に入らなければ溶かすことができる

    女性笑顔画像
    ヒアルロン酸ですのでヒアルロニダーゼで溶かすことができます。
    気に入らなかった場合、トラブルが起こった際などに溶かしてもとに戻すことができますので安心ですね。

    ボリュームアップに適したリフト力

    弾性・凝集性
    ボリュームを出すための弾性と凝集性のバランスが優れており、リフト力が高く変形もしにくいヒアルロン酸です。

    処置後浮腫みにくい

    上記のようにVYCROSS技術により隙間が減ったことで水分を含みにくくなり、施術後の腫れが少なくなりました。
    注入後の状態を保ちやすく、より注入イメージ通りに仕上がりやすくなります。

    組織になじみやすい

    ボリューマの組織親和性
    時間と共に組織になじみやすくなり、組織親和性の高いヒアルロン酸のため、長く保ちやすいだけでなく、仕上がりも自然で、トラブルも少なくなります。

    麻酔が含まれています

    製剤に麻酔が含まれているため、注入時の痛みを減らすことができます。
    また、注入できる最小の注入針を使用することで、刺入時の痛みを減らしています。
    さらに痛みを減らしたい方では、神経ブロック麻酔や笑気ガスを併用するのが良いです。

     

    長期持続ヒアルロン酸(ジュビダームボリューマ、ボリフト)の費用

    長期持続ヒアルロン酸(ジュビダームボリューマ・ボリフト) この施術の費用へ
    ジュビダームボリフト
    ¥89,800 ¥79,800
    ジュビダームボリューマ 1cc
    ¥89,800 ¥79,800
    ページトップに戻る ^
    TOP