お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック アゴが小さいについて

アゴが小さいとは

アゴはフェイスラインの形をつくる重要なパーツです。
フェイスラインがシャープだと小顔に、美しく見えます。
アゴが小さい方は、正面方向で見て下に短いか、横から見て後退しているか、その両方かになります。
正面から見てアゴが平坦だったり割れていたりして、小さく下に短かったりすると、たとえお顔が小さくても丸顔、四角顔に見えてお顔が小さくすっきり見えなくなってしまいます。
アゴが小さい人との理想のフェイスラインの人違い

また、アゴが小さいと二重アゴが目立ってしまいます。

横から見た時の鼻と顎を結んだラインはエステティックライン(Eライン)とも言われお顔の美しさを測る重要な要素の一つで、口元がEライン上、もしくは引っ込んでいれば美しいと言われています。
鼻Eライン
横から見てアゴが小さく、後退しているとEラインもくずれて口元が相対的に出て見えてしまいバランスが悪くなります。
また、アゴが小さく口元が出ていたりする方などでは、お口を閉じようとオトガイ筋が常に緊張してしまいます。
オトガイ筋が緊張すると、アゴに梅干しじわができてアゴが引き込まれ凹んで小さく見えやすくなってしまいます。
アゴの梅干しジワ
顎が小さいと悩まれている方は、ご自身がどの原因によりアゴが小さく見えてしまっているのかを見分ける必要があります。

目次

    アゴを整える方法

    顎を整えるためには、プチ整形でご希望やアゴの形に合わせてヒアルロン酸などで高さを出して形を整えるか、手術をしてプロテーゼや骨切りなどで整える方法があります。
    また、オトガイ筋の収縮によりアゴが引き込まれて小さく見えやすい方では、ボトックスの注射で筋肉の動きを止める必要があります。
    <プチ整形>

    クレヴィエル(クレビエル、高濃度ヒアルロン酸)

    クレビエル画像
    クレヴィエルコントアではヒアルロン酸濃度が通常のヒアルロン酸の倍くらいに濃く、弾性・粘性に優れているためアゴのフィラーに最も適しています。
    アゴは硬い部分なのでプチ整形ではシャープに上がりにくいこともありますが、クレヴィエルは非常に硬いためアゴの形がシャープにきれいに上がりやすいです。
    アゴが短い方では下方向に、後退している方では前方方向にフィラーを中心に注入していきますが、アゴの前方に高さを出せば下方にもある程度伸びてきます。
    基本的にはアゴの面に対して垂直に注入し、斜め下方に顎を延長するようにヒアルロン酸を注入していきますが、その方のご希望やアゴの形に合わせて上記のように注入方向を調整して整えます。
    少し足しては鏡で確認するを繰り返して、控えめからしっかりめまで、その方のご希望に合うように微調整して入れていきます。
    高すぎても、正面から見てお顔が長くなったり、横から見るとしゃくれてみえてしまいますのでバランスの良い大きさに整えて入れすぎないように注意します。
    また、アゴの土台(裾)は左右差があることが多く、全体の上がり具合を見ながら裾を調整してなるべくフェイスラインに左右差が出ないように調整します。
    ヒアルロン酸なので半年~1年くらいで吸収されると言われますが、塊になって土台ができると被膜ができて何年も長持ちすることも多いです。
    気に入らなければヒアルロニダーゼで溶かすことができますので安心です。
    5~10分ほどの簡単な注射で手軽にフェイスラインを整えることができますので大変人気の施術です。
    クレヴィエルコントアについて詳しくはこちら

    アゴボトックス

    ゼオミンボトックスとアラガン社ボトックスビスタ
    ボトックスは筋肉の動きを抑える注射ですが、ボトックスでオトガイ筋の動きを止めることでアゴが小さくなるのを抑えることができます。
    同時に梅干しジワも出にくくなります。
    アゴが小さくかつオトガイ筋の緊張が強い方も多く、上記のクレヴィエルでアゴの高さを出してもオトガイ筋のせいで今一高さが出てくれないこともあります。
    (クレヴィエルを注入することでオトガイ筋が少し動きにくくなる効果はありますが)
    そのような方ではクレヴィエルにボトックスを併用してオトガイ筋の動きを抑えてあげると、クレビエルで高く整えたアゴの形をきれいに保ちやすくなりますので、おすすめです。
    <切る手術>

    プロテーゼ

    シリコンプロテーゼを口の中からアゴに挿入します。
    テープ固定を5日間ほどおこないます。
    プロテーゼは吸収されませんので長くアゴの高さを保ちます。
    プロテーゼはアゴの一番頂点に挿入し、アゴの先端は左右差があることも多く、ずれるリスクが少しあります。
    また、長期的にプロテーゼの部分は骨吸収されます。
    アゴのプロテーゼについてはこちら

    骨切り

    アゴの水平にカットして前にずらしたりすることでアゴを前進させて顎を大きく見せます。

    骨を切る手術ですので腫れが落ち着くのには時間がかかります。

    ページトップに戻る ^
    TOP