施術 施術

もとび美容外科クリニック もとび式フェイスリフト(ホホ)について

もとび式フェイスリフトとは

もとび式フェイスリフトは、腫れは少ないけれど効果が少なかったり、無理やり皮膚を引き上げて傷が汚くなるような手術ではありません。

ダメージを可能な限り少なくしてSMAS下をしっかり剥離して引き上げ効果をしっかり出すように最適化したフェイスリフトです。

目次

     

    ご存知の方も多いと思いますが、SMASとは表在性筋膜群(superficial musclo- aponeurotic system)の略で、イメージとしてはお顔の皮膚の下全体にある、筋繊維を含んだしっかりした支持組織です。

    このSMAS-広頸筋の支持組織を耳下腺筋膜上で剥離して、ホホやフェイスラインのたるみをしっかり引き上げてSMASを硬い組織に固定します。

    フェイスリフトは剥離や操作の範囲を広くするほど効果が出やすいですが、単純に正比例するわけではありません。

    リスクをとり広範囲の剥離をおこなって腫れたわりには、そこまでの効果がなかったという方も多く、「やりきった!」というドクター側の自己満足というケースも多いです。

    大切なのはバランスです。

    フェイスリフト 腫れリスクを抑える

    腫れ・リスクを抑えつつ、効果を高める最も効率的な方法が理想の手術方法と考えています

    私は、元大手美容外科勤務時代は若返りの担当医長として若返りの手術を多くおこない、また医師の指導にもあたってきました。

    high-SMAS、SMAsectomy、SMASplication、MACSリフト、皮膚のみの切除、などの多くのフェイスリフトの経験から、お客様のニーズとダウンタイムを考えて満足度を最大化させる方法を追求してもとび式フェイスリフトを完成させました。

    もとび式フェイスリフト イラスト

     

    もとび式フェイスリフトのメリット

    ①腫れ、ダウンタイムが少ない

    ②効果が高い、長持ちする

    ③傷が目立ちにくい。(後述)

     

    皮膚だけで引き上げたり、無理のかかる方法でフェイスリフトをおこなうと、傷に常にテンションが加わることになり、傷が盛り上がったり、赤みが長引いたりして汚い傷になってしまいます。

    また、 耳の穴を保護している耳珠というかぶさりが引っ張られて、耳の穴が見えてしまったり、”フェイスリフト耳”といって、耳たぶが引っ張られてまっすぐの不自然な耳たぶにもなってしまいます。

     

    もとび式フェイスリフトでは、しっかりSMASで引き上げてリフトアップし、皮膚は添える程度の力加減で丁寧にトリミングして合わせていきますのでそのような変形のリスクを最小限に抑えます。

    また、傷が目立たず手術したことがわからなくなるように、耳珠という耳の穴の部分の出っ張りを回り込んで切開します。

     

    さらに、自然な仕上がりにになるように耳の珠間切痕と呼ばれる部分の形を変えないように切開を工夫したり、

    ジグザグをたくさんつくって傷のテンションを分散して傷がきれいに治るように工夫して、手間をかけて丁寧に縫い合わせます。

    ですので、変形も少なく傷も目立たない、よく見ないと手術をしたことがわからないような傷になります。

    ちなみにフェイスリフトの後の傷の症例写真です。

    (手術直後)

    もとび式フェイスリフト 左耳傷

    髪の毛くらいの糸がついています。1週間後に抜糸します。

     

    症例写真

    もとび式フェイスリフト(ホホ) 手術直後の画像 です。

     

    (手術前)⇒(手術直後)

    もとび式フェイスリフト 症例写真1

    もとび式フェイスリフト症例写真2

    もとび式フェイスリフト症例写真3

     

    腫れはありますが、髪の毛でカバーできる程度の腫れですね。

    直後からフェイスラインが逆三角形に近づいてすっきりして若返りました。

    お客様も、術後の効果も高く、想像していたより全然腫れなかったとに喜ばれていました。

    腫れが引くとさらに自然になっていきますよ。

    (※ご希望に応じてボンドでとめることもできますが、ボンドははがれず一部残ったり、血液が混ざってかえって汚らしく見えることがあります。術者としては手間がかかりますが、確実に皮膚を合わせることができて、抜糸したらすぐにきれいになる外縫いを通常はおこなっています。)

     

    (1ヶ月後)

    もとび式フェイスリフト1ヶ月後 手術痕

     

    傷にまだ赤みがありますが、よく見ないと手術したのかわかりませんね。

    赤みは数か月~半年で白っぽくなって目立たなくなっていくと良く見ないとわからない傷になっていきます。

     

    このように、お客様のニーズに合わせて多くの経験から導き出されて最適化されたフェイスリフトがもとび式フェイスリフトです。

    切るのは怖いという方も多くいらっしゃいますが、効果としては限られています。(切らないリフトはたるみの予防としては非常に良いです。)

    腫れをすくなく抑え、傷も目立たないフェイスリフトがあるのだということを知っていただければと思います。

    こんな人にオススメ!

    • ホホ・フェイスラインのたるみを改善したい

    • 切ってしっかりリフト効果を出したい

    もとび式フェイスリフト(ホホ)の症例写真

    もとび式フェイスリフト(ホホ)の特徴

    施術の種類

    切開

    麻酔

    局所麻酔+笑気ガス、
    静脈麻酔(オプション)

    施術時間

    180分

    傷跡

    耳の前に切開線ができますが目立ちにくいです。

    腫れにくさ

    ★★☆☆☆
    腫れはなるべく少なくなるようなバランスでおこないますが、腫れが引くまで2週間ほどは見た方が良いです。

    リスク

    耳前部に傷が残る。
    まれに一時的に色素沈着になるリスク

    通院

    抜糸があるため、1週間後に1度通院が必要

    フェイスバンド

    術後から24時間つけていただきます。

    メイク / 洗顔

    当日拭き取りのみ可、翌日から可(傷口強くをこすらない)

    保証制度

    【術後1年間】医師の判断によりご対応いたします。

    もとび式フェイスリフト(ホホ)の費用

    もとび式フェイスリフト(ホホ) この施術の費用へ
    ¥468,000 ¥348,000
    ページトップに戻る ^
    TOP