二重整形でばれない方法、ごまかし方や言い訳 二重整形でばれない方法、ごまかし方や言い訳

埋没法二重整形ばれない方法・ごまかし方

二重整形したことがばれないために

ばれない二重整形


近頃、整形手術も一般的になってきましたね。

二重整形なんてメイクの一貫という感覚で簡単にされる方が多くなってきているように感じます。

ただ、それでも整形したことが周りの人に気づかれたくはないものです。

ばれずにできるに越したことはないですよね。

そこでどうすれば、整形がばれずにできるのか?


整形がばれないためのポイントはまとめると大まかに以下のとおりです。


①なるべくばれにくい二重術を受ける

・そもそも腫れにくい手術方法を選ぶ

・自分に合った自然な二重幅にする

・二重の食い込みが少ない方法がごまかしやすい

・目を閉じたときに糸がポコッとしにくくする

②ばれないための術後ケア

・内出血を最小限にする

・腫れを抑える

③ばれないためのごまかし方、言い訳

・メイク、メガネ

・言い訳

・術前の準備

・術後の仕込みなど


以上のポイントについて、具体的な方法をまとめてみました。


では、詳しく見ていきましょう!



①なるべくばれにくい二重術を受ける


そもそも腫れにくい手術方法を選ぶ (6つのポイント)


二重整形の手術


現在、二重手術の方法はかなりたくさんの種類があるのは知っていますか?

クリニックによっては、1種類の方法しかおこなっていないところもあるようですが、調べてみると方法はかなりたくさんあります。


二重の手術は、昔は腫れるのが当たり前でしたが、今はだいぶ改良されて腫れにくい二重整形というのが主流になりつつあります。

二重整形を大きく分けると、プチ整形と言われる埋没法と切開法に分けられます。

二重整形したことが絶対にばれたくない、腫れたくないという方はまず方法として埋没法を選択されるのが良いでしょう。ください。

埋没法の中でもたくさん種類がありますので、腫れにくくばれにくいものを選択する必要があります。

では、どういう手術方法(埋没法)を選べば腫れが出にくいのでしょうか。

腫れをおさえるためのポイントがいくつかありますので、ご説明いたしますね。


(1つめのポイント)


糸の柔軟性や太さ


二重埋没法の腫れにくい糸

使用する糸がどのくらい柔軟なのかという点です。

糸が細く柔軟性があると腫れを軽減することが可能です。

体を太い鉄の輪っかで締め付けられるのと、細いゴムで締め付けられるのではどちらが負担なのか考えれば簡単にイメージできますよね。

最近では、血管を結ぶ糸が埋没法に流用されてきており組織にやさしく、腫れにくくなってきていますのでそのような組織に優しい糸を使った埋没法をおすすめします。

また、後述しますが、そのような糸では糸の締め具合の微調整ができるため、より腫れを抑えることが可能になります。


(2つめのポイント)


術式


どのような術式で手術をしているのかという点です。

糸を緩めてかけたり、糸をかける組織を少なくしたりして腫れにくくすることもできますが、その分ぼこぼこしやすくなったり戻りやすくなって何度もかけなおすことになってしまう可能性が高まります。

一般的に連結が弱いほど腫れは少なくなりますが、どんどん戻りやすくなります。

手術方法によっては、取れにくく無駄な腫れも少なくという手術方法があります。

一筆書きでライン全体をしっかり編み込み、まぶた全体で支えるため、点止めと違いまぶたの動きや力にたいして力を分散して安定した二重を保つことが出来ます。

点止めと面止め

また結び目は1ヶ所になりますので、全体の糸のテンションを微調整できるため締め付けすぎずに無駄な腫れを防ぐことができます。


参考サイト⇒腫れにくく取れにくい二重プチ整形とは


(3つめのポイント)


糸を結ぶ強さ


糸全体のテンションを強く結ぶと腫れやすくなり、糸をゆるく結ぶほど腫れにくくなります。

ただし、ゆるすぎるとすぐ二重が取れたり、糸が浮いてポコポコしやすくなってしまいます。


<緩くかけた糸のイメージ>

糸ゆるすぎ


腫れが出にくくかつ外れにくい絶妙な加減で糸を調整して結ぶ必要があります。


<適切なテンションで糸をかけたイメージ>

ちょうどよい結び具合


なるべく腫れたくない!ばれたくない!というお気持ちはわかりますが、術後の腫れがあるうちはややラインが食い込んでいて幅が広いくらいの方が、ちょうど良い状態なのです。

ただし、必要以上に締め付けすぎると無駄に腫れだけが強くなってしまいます。

腫れを最小限に抑えてもどりにくくするためには、糸を緩めずしっかり結びながら締め付けすぎないように、絶妙な加減で糸を調整して結ぶ必要があります。

これには技術と繊細さが必要です。

きちんと糸の縛り具合を調整してくれて、手術中に二重の幅の具合を確認させてもらえるドクターだと安心ですよね。


(4つめのポイント)


丁寧な手術


組織のダメージが強かったり、内出血をすると腫れやすくなります。

組織を傷つけないように、内出血しないように丁寧に手術をおこなうことです。

乱暴に手術をおこなうと腫れやすくなるため、慎重に丁寧に行うことが大切です。

また、針は断面が角ばっておらず、丸い針を使用すれば内出血のリスクを減らすことが可能です。

また、糸と一体化している針を使えば組織を傷つけにくく、腫れのリスクを減らすことができます。

二重埋没法の腫れにくい糸と

内出血のリスクはもゼロにはできませんが、見える血管は当然避けて、繊細な施術を行っていくことが必要です。

多くの症例を経験して、日々、腫れないきれいな仕上がりを心がけていれば慎重で丁寧な手術をしてくれるはずです。


(5つめのポイント)


麻酔量


麻酔入り注射

麻酔をたくさん使用するとそのぶん直後は腫れやすくなりますが、術後早期に吸収されていきますのであまり量はこだわらなくても良いかと思います。

逆に麻酔を少ししか使用しないと痛みで目に力が入って腫れが出やすくなったり、血圧が上がって内出血しやすくなってしまうことがありますので、的確な麻酔量を使用する必要があります。

痛みがでるようなら無理に我慢せず遠慮せずにドクターに言いましょう。


(6つめのポイント)


腫れや内出血を減らす内服薬


腫れや内出血を減らす内服薬

今まで腫れや内出血のコントロールは、施術のやり方や道具を工夫することでしか減らすことができませんでしたが、シンエックというお薬を内服することで、腫れや内出血を減らすことが可能になりました。

抗炎症作用・殺菌作用があり、術後の腫れや内出血を抑えすばやく再生・回復させる効果があります。

欧米では昔から使用されている実績のあるお薬で、FDA(アメリカ食品薬品局)に認可された安全な天然成分のお薬です。

ダウンタイムを短くした方におすすめのお薬です。

大きな手術程効果が出やすいですが、埋没法でも少しでも腫れ・内出血を減らした方は飲むと効果的です。


以上が腫れをおさえるための6つのポイントになります!

これらの点に注意して手術してくれるクリニックや先生を選ばないとですね!


自分に合った二重幅にする


二重整形、不自然な感じでモロバレ


流行としては幅広のパッチリ二重が流行っていますが、幅広の二重にすると以下のバレるリスクが出てきます。


①腫れてバレやすくなる

②不自然に見えやすくなる

③戻りやすくなる


それぞれについて解説します。


①術後腫れてバレやすくなる


まぶたは上方になるほど厚みが増していきます。

二重幅を広くすると厚みのあるまぶたにラインがつくためどうしても無理がかかって腫れや食い込みが出やすくなり、周りの人に「目が腫れているけど、、、整形したのかな?」と二重整形がばれやすくなってしまいます。


②不自然に見えやすくなる


二重幅が広すぎると、眠たいぼやけた印象の目になり、ラインも食い込んで、不自然な二重になってバレやすくなってしまいます。

厚ぼったい部分に自然に二重はつきにくく、そのような人は少ないためどうしても不自然に見えてしまいまいます。

逆に、もともと二重の方でも厚ぼったいと整形っぽく見えてしまう方もいらっしゃいますね。

また、二重幅が広すぎると負荷がかかって目が開きにくくなって眼瞼下垂になり余計に眠たい目元に見えてしまうこともあります。


③戻りやすくなる


広いぶ厚いまぶたよりも狭い厚みが薄いまぶたの方が折り目がつきやすくなります。

厚みによる折り曲げやすさのイメージ

二重幅を広くすればするほどラインがすぐに戻ってしまいます。

戻りやすいと何度も手術を繰り返すことになり、その度に腫れてバレやすくなるかもしれません。


※まぶたの厚い方では切開法を行った方が良いことも多いです。

切開法で二重は戻りにくいぶん戻しにくくなります。

広い二重は食い込んで不自然になってしまうと戻すことは困難なため、切開法で作れる二重幅の上限は決まっておりあまり広い二重をつくることはできません。

厚ぼったい方でかなり幅広の二重にしたい方は埋没法の方が無難です。


薄いまぶたの方は腫れにくく、厚ぼったいまぶたの方では腫れやすくなる明らかな傾向があります。

厚ぼったい方ではもともと腫れやすいため、なるべく狭い厚みの薄い部分にラインを作る方が良いです。

結局、ばれにくくしたい方は、二重の幅は広くしすぎず自然な範囲でおこなうことをおすすめします。

狭い二重であるほど、腫れにくく、取れにくく、ばれにくくなりますよ。


二重の食い込みが少ない方法がごまかしやすい


二重術の後の目を閉じたときの食い込みを気にする方もいらっしゃいます。

二重術はまぶたの表と裏側を連結する手術ですので手術後しばらくは食い込みがでるのはある程度しょうがないところではあります。

食い込みは時間と共に落ち着いていきます。

ただし、直後からの食い込みを少しでも抑えてすぐメイクもできるようにしたいという方には皮膚側に糸を貫通させない方法がお勧めです。

術後から二重の食い込みが少なく、皮膚に穴が開かないためメイクも手術直後から可能です。

バレにくい埋没法(皮膚側に貫

当院ではエステティックアイという埋没法になりますが、食い込みが少ないぶんやや連結が弱くなる傾向があるため、二重を安定させたい方ではエステティックアイダブル(2点どめ)がおすすめです。

エステティックアイ

エステティックアイについて詳しくはこちら


目を閉じたときに糸がポコッとしにくくする


埋没法後のポコッとしてふくらみ


まぶたの皮膚は体の中でも1,2番に薄い部分で、かつよく動く部分でもあり、糸が入っているとポコポコしてふくらみが見えやすくなってしまいます。

そうなると、整形したことが人にはバレやすくなってしまいます。

どの埋没法でも皮膚側を連結させるため皮膚近くに糸が通るためポコッとするリスクをゼロにできる埋没法は残念ながらありません。


ポコッのリスクを少しでも回避する方法としては、


①糸をしっかり締め付ける。

②表側に結び目をたくさん作らない。


などが考えられます。


①糸をしっかり締め付ける。


糸をしっかり締めつければ糸が深くもぐりこむため表側にポコッとするリスクを減らすことが出来ます。

ただし、しっかり締め付けるほどに腫れや食い込みが強くなり直後はバレやすくなってしまいます。

なかなかこのバランスが難しいですが、一筆書きで編み込んで糸をかける方法では糸のまぶた全体の締め付け具合を一つの結びでコントロールできるため有利かもしれません。


②表側に結び目をたくさん作らない


糸はどこかに結び目を作らなくてはいけませんが、表面で結び埋没させる方法では、目を閉じたときにまぶたがポコッとしやすくなることがあります。

体に糸があると被膜というものに覆われますが、結び目は糸が4重にも5重にもなっていて段差が強いため、皮膜で厚みが出るとその段差が強調されてポコッとなってしまうのです。

糸が一本皮膚側に通るだけでポコッのリスクはありますが、まぶたの表側に結び目がたくさんあるとさらにコポコするリスクが高くなってきます。

二重の埋没法は瞼の表と裏を連結する手術ですので皮膚近くに糸を通さないといけないため、糸がポコッとしてしまうリスクをゼロにすることはできません。

特にまぶたが薄い人、目が突出気味の方やくぼみ目のタイプの人が目立ちやすくなりますが、個人差が大きいです。

ただ、そのリスクを少しでも減らすためには、最初の腫れはやや目をつぶってもしっかり糸を結ぶか、できるだけ結び目の数は少なくして、さらに瞼の裏側から結び目を埋没する手術を選ぶのが良いかもしれません。

関連ページ⇒二重整形がばれてしまう落とし穴 。修正するとこうなります。


<表結びの埋没法を抜糸して裏結びの埋没法でしっかりめで再手術した症例>


ボコッ再手術(術前術後)


②ばれないための術後のケア・注意点


内出血のリスクを減らす


術直後は冷やすことが内出血の予防に効果的です。

内出血が少なければ目立ちにくいだけでなく、腫れも軽減されバレにくくなります。

痛みの軽減にも効果がありますので、アイスノンなどで2~3日は冷やしてみましょう。


氷枕

※それ以降は冷やしすぎると循環が悪くなり、むくみが取れにくくなりますので数日で大丈夫です。

内出血が出てしまった場合、消えるまで、1~3週間ほどかかることがあります。

消えるまではメイクでカバーしていただくと良いです。

また、ヒルドイドローションを塗ると内出血が早く消えやすくなりますので、内出血が出たらヒルドイドローションをもらって内出血した部分に塗ると良いでしょう。


ヒルドイドローション

ただし、ヒルドイドローションは血液が固まるのを阻害する作用がありますので、埋没法の場合は術後2,3日目以降に使用していただくのが良いかと思います。

目に入らないように注意して塗布する必要があります。


腫れを抑える


血圧が上がったり、血流が良くなったりすると、腫れたり内出血がでたりしやすくなります。

湯船につかったり、サウナ、お酒、運動などは1~2週間ほどは控えましょう。

大笑いしたり踏ん張ったりすることもしばらくは避けましょう。

横になってお顔に血流が増えるとむくみやすくなります。

朝方はとくにまぶたがむくみやすくなりバレやすくなるので、お休みの際は、頭をなるべく高い位置にするように意識しましょう。


おかしいと思ったらすぐクリニックに相談する


まぶたが赤く腫れあがったり、痛みが強くて引かない場合などは早めにクリニックに行って治療してもらいましょう。

ごくまれに感染や強い内出血がでることがあります。

異常を放置していると腫れが悪化して落ち着くまでかなり時間がかかってしまい、周りにばれてしまう可能性も高くなります。

また、腫れが引いて落ち着いた後でも、目を閉じた二重のライン上に黒い点が見えたり、ポコッとしたふくらみにったりすることがあります。


埋没法後の糸の露出

その場合、糸を埋没しきれずに、糸が露出したり、皮膚の巻き込みによる皮膚垢がたまったりしているかもしれません。

見た目で整形がばれるのはもちろん、感染を起こすリスクあるので早めにクリニックに行って対処をしてもらいましょう。


③ごまかし方、言い訳など


メイク


メイク(アイシャドウ、アイライン)

埋没法であれば、数日後から、皮膚側に糸を通さない方法では直後からメイクが可能です。

また切開法であれば1週間後の抜糸の翌日からメイクが可能になることがほとんどです。


翌日はまだ術後の針あとや赤みがある可能性がありますし、二重のラインがなじまないうちは閉眼時や下を向いた時などに二重ラインの凹みや凹凸が気になることがあります。


二重埋没法術後閉眼写真

女性の方は少し濃いアイシャドウを塗るとごまかせますよ。

また、腫れて幅広になってしまっている方はアイラインを少し太めに引くと幅が広く見えませんので、是非やってみてください。


メガネ


メガネ

移動の際などは、サングラスをかければ、まず目は見えませんので周りからはばれませんが、ずっとサングラスというのは難しいですよね。

片目なら眼帯もありですが、かえって注目を浴びる場合もあります。

縁のあるメガネをかけると、目の印象が弱まり、二重のライン上に縁がちょうど重なったりもするので結構ごまかしがききますよ。

最近は、おしゃれメガネをする人も多いので、そんなに違和感はないと思います。

事前に準備しておくのがおすすめです。


言い訳


アイプチやメザイク、アイテープなどで幅を広くしているとごまかすのが有効でしょう。

腫れが強い場合はものもらいができたとか、アイプチであれちゃったとか、前日に泣いちゃったとかいう言い訳もありかもです。

埋没法は逆さ睫毛の治療にもなりますので、

「逆さまつげで目が傷ついて視力が落ちてたみたいで、眼科で治療してもらったんだ」と堂々と言うのもありかもしれませんね。


術前の仕込み


アイメイク写真


手術後に急に目がパッチリすると、周りの人も気づきやすいですので、事前に手術で作りたいラインをアイプチなどで作っておくのが良いかもしれません。

また、いつもより濃いメイクを普段からしておくと術前と術後に与える印象があまり変わらないので、気づかれにくいと思いますよ。


術後の仕込み


手術後にピンポイントで二重整形した!?と言われることって少ないと思います。

手術後のあなたをみて、周りは「なんかいつもと雰囲気違うな~」と思っているはずです。

だから、髪形を変えたり、髪色を変えたりすると、

「髪型変わったから雰囲気がいつもと違うんだね。」

とごまかせます。

ここで一番有効なのは、

前髪をぱっつんにすることです。

目の上ぎりぎりで前髪を作ると、二重のラインも前髪で少し紛らわせるのでおススメですよ


メガネ 前髪で隠す


④まとめ


ごまかし方もいくつかありますが、腫れてしまってはごまかせるものもごまかしきれませんので、なるべく腫れ・内出血の出にくい二重術を受けていただくことが大事です。

腫れてしまって、「外に出られない。どうしよう。」

と後悔してからでは遅いですよ。

ただし、単に糸を緩くしたり、連結を弱くしたりして腫れにくくする埋没法では、手術をしてもすぐ二重が取れたり、ポコポコが目立って整形したことがバレやすくなってしまいます。

腫れにくいだけでなく、しっかり取れにくいバランスのとれた二重プチ整形をおこなうのが、長い目で見て一番ばれにくく、瞼にとって負担も少ない近道です。。

腫れや・内出血を抑えることができる施術を受け、ごまかし方を工夫すれば周りにバレずに二重を手に入れることが可能です!


以上のことに注意して、なるべくストレスとならずに理想の二重を手に入れましょう。


ばれない二重整形を決意する女性


この記事に関連するコラム 関連するコラム
この記事に関連する施術 関連する施術
メニュー別に記事を見る カテゴリー別に記事を見る
ページトップに戻る ^
TOP