お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 目の上のたるみについて

目の上のたるみとは

たるみ目
最近二重が狭くなってまぶたが重くなってきたという方は目の上の皮膚がたるんできた可能性があります。
目の上のたるみは誰でも起こってくる老化現象です。
年齢とともに目の上の皮膚はたるんできますが、アイプチなどを長期間したり、目をこすったりする癖のある方では、お若い方でもたるみが強い方は多いです。
目の上の皮膚がたるんでくると二重が狭くなったり、三重になりやすくなったりします。
また、まつ毛に皮膚のたるみが乗っかってまつ毛の生え際が見えにくくなり、メイクもしづらくなります。
たるみが進行してくると外側中心に皮膚がたるんでかぶってくるため三角目になります。
たるみでまぶたが重いと偽性眼瞼下垂と言われ、眼瞼下垂のようにおでこの力で目を開けようとしておでこのしわが強くなったり、緊張性頭痛になりやすくなったりします。
また、顎を上げて見ようとするため肩こりになりやすくなったりもします。
目の上のたるみを改善して若いころの目元に戻せば、自然な感じで二重は広くなり、目元も楽になり見た目も若々しくなります。
頭痛や肩こりも改善します。
目の上のたるみを除去して一度リセットすれば、将来にわたって同年代の方より目の上が老けにくくなります。

目の上のたるみの治療方法

二重埋没法

もとびアイプラチナムの糸の
たるみの軽い方であれば二重を広く作ることでたるみを少し持ちあげて目もとを楽にすることが可能です。

たるみがある方の埋没法のメリット

・切らずにできるので傷ができない。
・ダウンタイムが切開より短い

たるみがある方の埋没法のデメリット

・腫れやすく食い込みが通常よりも出やすくなる。
⇒たるみを持ち上げるぶん高い位置に二重を作ることになります。
たるみがある人とない人の二重の高さの違い
二重の位置が高くなるほど(広くなるほど)まぶたに厚みが出て、腫れやすく、食い込みやすく、戻りやすくなります。
また、二重術ではアイプチのように表面をだけのりづけするだけではありませんので、たるみの強い方では特にラインが深くなり、アイプチとはイメージが違ってくる可能性があります。
・左右差が出やすくなる。
長くたるんだ布を正確に折りたたむのには苦労しますが、短くぴんと張った布は正確に折りたたみやすいでものです。
たるみがあるほどきっちり希望の高さで二重をつくることは難しくなってきます。
また、たるみの左右差もあるためラインを合わせるのはさらに難しくなります。
・またすぐに戻ってしまう可能性がある。
⇒たるんだ皮膚や組織はまた伸びやすいため、埋没の糸のひっかかりも取れやすい可能性があります。
・たるみの強い方では難しい
⇒二重を広くするにも限界があり、たるみを持ち上げきれなくなります。
たるみの強い方では切開してたるみを取り除かないと長期的に安定させるのは難しいです。
根本的にはたるみは切って除去するのが一番ですが、
たるみの程度が軽い方や切開はまだ怖いという方で、とりあえず二重を広くしてまぶたを楽にしたいという方には埋没法がおすすめです。
埋没法の場合は、たるみがあると上記のように戻りやすく、また支えが少ないとラインが滑らかでなくなるため、二重のラインを多くの点や線でしっかり連結してくれる埋没法が良いです。
たるみがある人の点止めと線止めのイメージ
ただし、たるみを根本的に取り除いているわけではないため、一時的な効果であると思ってもらう方が良いです。
たるみは取り除かない限りはどんどん蓄積していきますので、埋没法では対処できなくなれば下記の眉下切開などでたるみを取り除くのが長期的に効果を保ちやすくおすすめです。
もとびの埋没法についてくわしくはこちら

 

眉下切開

眉下切開イメージ
眉毛の下のラインを切開して目の上のたるみを除去します。
眉毛の下の切開線は最終的に目立ちにくくなり、メイクでカバーもしやすいです。
眉毛下切開は、指で眉を持ち上げたように自然感じで目の上のたるみが持ち上がるため、一番お勧めできる方法です。
眉下切開による自然なリフト
まぶたは上方になるほど厚みがぐっと増しますが、二重の切開でたるみを除去すると、たるみを中抜きすることになるため上方の厚い皮膚が下りてきて厚ぼったい二重になってしまいます。
ただし、眉下切開で皮膚を切除しきれなければ二重の切開と組み合わせてたるみを除去することもあります。
また、眉下切開では、まぶたのたるみを引き上げることでまぶたの厚みも伸びてすっきりさせることができますので厚みが気になる方にもおすす施術です。
厚みの変化
目元は老化が目立ちやすい部分ですが、眉下切開で一度たるみがリセットすれば目元の老化を遅らせることができ、将来的に老けにくくなります。
ちなみに、眉下切開は二重より上のたるみを改善することはできますが、二重より下のまつ毛側のたるみや三重を改善することはできません。
眉下切開について詳しくはこちら

 

二重切開によるたるみとり

二重全切開によるたるみとり
二重のラインを切開して二重の上部の皮膚を切除します。
上記のように二重のライン上でたるみをとると、厚みのある皮膚が二重のライン上に落ちてきて厚ぼったい二重になるため、まぶたの皮膚がかなり薄い人以外は第一選択にはなりません。
二重の切開によるリフト
眼瞼下垂や全切開などで二重のラインを切開する場合にたるみの切除をついでに行うことがありますが、控えめな切除としています。
上まぶたのたるみ除去は眉下切開が第一選択ですが、眉下切開でたるみが除去しきれない方では二重切開でのたるみとりを併用することがあります。
※くぼみ目の方では注意が必要です。
くぼみ目の方では二重が安定しにくく、皮膚のたるみがあることでかろうじて二重を保っている方も多く、そのような方で目の上のたるみを切除すると二重のラインが浅くなりすぎたりなくなったりすることがありますので注意が必要です。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

眉の付近にヒアルロン酸を注入することでたるみが引き上がって目の開きが改善します。

目が楽になって目の開きが大きくなります。

ヒアルロン酸ですので半年~1年ほどでなくって行きますが、手術はしたくないという方にはやりやすい治療かと思います。

ヒアルロン酸はクレヴィエルプライムがおすすめです。

クレヴィエルプライムについてはこちら

 

ページトップに戻る ^
TOP