お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 口もとのしわについて

口元のしわとは

口周りの縦じわ

口元のしわは口周りに口をすぼめたときに放射状にできます。

加齢とともに癖が深くなると口をすぼめなくても縦じわが残ってしまって老けてしまい気にされる方がいらっしゃいます。

また、口横には法令線やマリオネットラインなどのしわも刻まれます。

口のシワ

 

目次

     

    口元のしわの原因

    口の周りには口を閉じる口輪筋という筋肉があります。

     口輪筋

    口輪筋が縮むことで皮膚が余ってしわができ、放射状に縦じわができてしまいます。

    口の周りのしわ(口をすぼめた時のしわ)

    また、口横の法令線やマリオネットラインは皮膚が筋肉や皮下組織と硬く結合している部分で、口角を上げたりする表情の動きにより皮膚に折り目がついてしわができます。

    年齢と共にコラーゲンやエラスチンなどが減少して皮膚に張りがなくなるとさらにしわが深く目立つようになります。

    しわが刻まれて溝になってしまうと、口をすぼめたり、口角をあげなくても口の縦じわやほうれい線、マリオネットラインが残ってしわが刻まれてしまいます。

     

    口元のしわの解消方法

    口元の放射状のしわは表情じわですので解消するにはボトックスで口もとをすぼめる動きを抑えて縦じわを減らします。

    また、口元の縦じわ、ほうれい線、マリオネットラインなどに刻まれてしまったしわではベビーコラーゲンやFGFでしわの溝を埋めます。

    ボトックス

    ゼオミンボトックスとアラガン社ボトックスビスタ

    口輪筋の全体にボトックスをちゅうしゃすることで口輪筋の動きを抑えて縦じわを出にくくします。

    ただし、口が閉じにくくなりますのでストローなど吸いにくくなったりすることがあります。

    有名なアラガン社のボトックス、不純物の少ないドイツ製のゼオミンの2種類を用意しております。

    アラガン社のボトックスビスタにについてはこちら

    ドイツ製のゼオミンについて詳しくはこちら

     

    ベビーコラーゲン

    ベビーコラーゲン

    口周りの刻まれたしわは硬く浅い溝なので、なじみやすいベビーコラーゲンを皮下や真皮内に1本1本注入していきます。

    ベビーコラーゲンについてくわしくはこちら

    FGF

    シワに注入すると再生作用でコラーゲンや他の組織が増生されてしわが埋まって自然な感じでしわが目立ちにくくなります。

    非常に満足度の高い治療ですが、FGFに対する反応には個人差があり、ごくまれに反応が強く出て逆に盛り上がってしまうリスクがあります。

    FGFについてはこちら

     

     

    しわ治療の基本についてはこちら

    「しわ治療の基本|若返り治療をする前に」

    「しわを改善する方法(ヒアルロン酸編)」

    「しわを治す方法(ボトックス編)」

    ページトップに戻る ^
    TOP