お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック くぼみ目について

くぼみ目とは

くぼみ目
年齢とともに目の上のボリュームは少なくなって目はくぼむ傾向にあります。
ですので目がくぼむと老けて見えてしまいます。
老けて見えてしまうだけでなく、眼瞼下垂を合併して目が開けにくくなったり、二重が不安定になります。
二重は広いラインが勝ちますが、くぼみ目になるとくぼみ目が二重のような役割を果たし始め、広すぎる二重が出てもともとの二重が不安定になります。
さらにくぼみ目が進むと二重がなくなりくぼみのみになってしまいます。
もともと左のお顔が痩せている方が多く、左の方がくぼみ目が強い方が多く、広い二重がでたりして不安定になりやすいことも多いです。
(参照コラム)目の大きさ、目元の左右差と治す方法。あなたは多数派?少数派?
くぼみ目を改善することができれば目元が若々しくなり二重が安定しやすくなります。

くぼみ目の原因

お顔の骨や脂肪などいろいろな組織は加齢とともにボリュームが減ってきます。
目の上も例外でなくどんどん組織のボリュームが減ってくることでくぼみ目になってしまいます。
(参照コラム)目元の老化と若返りの方法
年齢と共に目の上の眼窩脂肪は奥に引っ込んでいき、目の下の眼窩脂肪は飛び出してクマや目袋になります。
眼窩脂肪の加齢変化
また、加齢とともに組織のたるみも出てきてますが、まぶたの皮膚がたるんだり腱膜がたるんで眼瞼下垂になったりするため、眉でまぶたを上げようとしてよりくぼみ目が強くなってしまいます。

くぼみ目の改善方法

くぼみ目を改善させるためにはおおまかに以下の3つがあります。
①ヒアルロン酸や脂肪注入
②眼瞼下垂の手術
③眼窩脂肪を引き出す。
それぞれについてみていきましょう!

①ヒアルロン酸や脂肪注入

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸や脂肪を針で目の上に注入することでくぼみ目を改善します。
ただし、目の上の皮膚は薄く、よく動く部分ですのできちんとした部位に注入しないとボコボコして不自然になってしまいます。
注入してはいけない部分がありますので、きちんとわかっている先生にお願いしないと大変なことになってしまいます。
ヒアルロン酸ならまだ溶かせますが、脂肪注入をしてしまって不自然になってしまって相談に来られ、どうしようもない方もいらっしゃいます。
そのような場合は切開して除去できればできる範囲で除去することになります。

ヒアルロン酸

目の上は皮膚が薄く先生な部分ですので柔らかめのヒアルロン酸を使用します。
当院ではレスチレンビタールを使用しています。
3~6か月で吸収されますが繰り返すともう少し長持ちします。
プチ整形なので比較的簡単にできることと、気に入らなければ溶かせるというメリットがあります。
一番リスクが少なく、手軽にくぼみ目を改善させることができます。

脂肪注入

下腹部や太もも内側から脂肪を採取して目の上に注入します。
そのまま脂肪を注入するより、遠心分離器で脂肪を濃縮して注入すると生着率を高めることができます。
注入してもある程度吸収されるため何度か注入が必要になってきます。
ただ、生着すれば長持ちしやすいです。
分散せずに注入すればしこりになりやすくなったり、注入してはいけない部分に注入すると残ってしまい溶かせませんので正しい方法で注入する必要があります。
(くぼみの脂肪注入の症例写真)
くぼみ目脂肪注入前
くぼみ目脂肪注入後

②眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂の手術には切る手術(挙筋前転術)と切らない手術があります。
どちらの手術でも、眼瞼下垂が改善すると目と眉が近くなりボリュームが増えますのでくぼみ目を改善させることができます。
眼瞼下垂で眉が下がるイメージ
厚みの変化
また、くぼみ目の方ではもともと眼瞼下垂の方も多く、眼瞼下垂とくぼみ目の2つを一度に改善させることができますので両方合併している方にはおすすめです。
切らない眼瞼下垂についてはこちら
挙筋前転術についてはこちら

③眼窩脂肪を引き出す。

眼窩脂肪の引き出し
※画像はイメージです。実際は切開して行います
二重部分を切開して目の奥に引っ込んだ眼窩脂肪を引っ張り出して二重の近くに固定してくぼみ目を改善させます。
ただし、眼窩脂肪は引き出してみないとその量は分かりにくく、効果は限られてしまうことはあります。
眼瞼下垂とくぼみ目は合併していることも多いため、挙筋前転術を行った際に眼窩脂肪を引き出して固定することもよくあります。
全切開についてはこちら

くぼみ目を改善させる際の注意点

くぼみ目が改善されるとくぼみで反り返った皮膚が持ち上がることで皮膚のたるみが出てきます。
ですので、くぼみ目が改善するともともとの皮膚のたるみが出てきて、二重が狭くなったり目の上のたるみを感じやすくなる可能性があります。
以上がくぼみ目を改善させる方法になります。
自分では何をしたらよいかわからないという方はぜひ無料カウンセリングを受けてみてください。

ページトップに戻る ^
TOP